2018年03月10日

速報 関西FMICS 3月FORUM 大学 そこにある危機

昨年2月に経営困難な学校法人のとり得る選択肢が示されて以降、学校法人の連携、統合、合併のための環境作りが進められています。●読売新聞1月20日朝刊でも、文部科学省が「著しい経営悪化に陥った場合などに、法人への私学助成金を減額する新しい仕組みを2018年度に導入する方針を決めた」との追加報道がありました。●ご存知の通り、大学経営が18歳人口に依存する限り、計画的に大学を破綻させることでしか高等教育を維持できない構造であることが、いよいよ明らかになってきました。●3月FORUMでは、「大学 今、そこにある危機」をテーマとして、「21世紀の大学のカタチ」を検証していきたいと思います。

【テーマ】 大学 そこにある危機

【日時】 2018年3月10日(土)〜11日(日)

【会場】 大谷大学 湖西キャンパス・セミナーハウス
 滋賀県大津市雄琴3丁目33−3 Tel 077-578-6600
JR京都駅にて湖西線に乗車、おごと温泉駅下車 徒歩10分、
または、おごと温泉駅から江若バス・仰木の里線(内 左まわり)に乗り「大谷大学グラウンド前」下車すぐ。


■発表者(発表テーマは仮題です。)

 大学は本当にユニバーサル時代を生きているか
 〜「学生教員職員三輪車論」の視座から〜
   高橋真義 (桜美林大学 名誉教授)

 大学におけるアカデミズムの危機
  〜 図書館から考える 〜
   郷原正好 (広島大学 図書館部長)

 世界の大学と競争する大学
   出光直樹 (横浜市立大学 アドミッション課専門職・学務准教授)

 地方大学の現実と可能性
   安田 馨 (安田女子大学 学長室 課長)

 大学職員と組織に迫る危機
   滝川義弘 (大谷大学 キャリアセンター)

総括 乾 明紀 (京都光華女子大学 准教授)
司会 山内美智 (大谷大学 図書・博物館課長)

【参加費】 FORUM 2,000円  懇親会 5,000円  オールナイト 4,000円

【問い合せ先】 滝川 義弘 (大谷大学 キャリアセンター 075-411-8118)
   tacky(アットマーク)sec.otani.ac.jp

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 13:00 | TrackBack(0) | 関西FMICS

2018年02月27日

会報 『BIG EGG』 2018年3月号 発送作業

●FMICSの運営は、会員のボランティア作業によって支えられています。毎月の会報の発送作業も、その大切な活動の1つです。早い人はお昼過ぎから作業を開始し、夕方になると職場から一人また一人とメンバーが駆けつけます。

【日時】 2018年2月27日(火) 午後6時〜9時+食事会

続きを読む
posted by fmics at 18:00 | TrackBack(0) | 会報発送作業

2018年02月20日

FMICS SD 311

■激動の時代を教育業界の枠にとらわれることなく、多面的・大局的視座からじっくりと展望いたします。新聞・雑誌等から教育&経済トピックスを持ちより、侃々諤々とディスカッションいたします。トピックスは、厳選して1件、A4縦判にコピー(10枚程度)して、簡単なMEMOを付してご持参ください。10分間程度のコメントをしていただきます。

【日時】 2018年2月20日(火) 午後6時30分〜8時30分

【会場】 四谷・蔵や
(JR・東京メトロ 四ツ谷駅 徒歩1分)
*会場の予約名は「フミックスの高橋」です。


【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
*お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
*当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 18:30 | TrackBack(0) | SD

2018年02月10日

FMICS 2月例会(第696回例会) 2019年卒も「超売り手市場」は続くのか? 〜 就職できても安心できない理由 〜

■就活は早め早めに行動した方が有利になります。とは言え、長丁場の戦いです。慌てふためいて闇雲にバタバタと動き回ることは避けなければなりません。「超売り市場」だからという甘い言葉に舞い上がることなく、叩かれてもめげることなく、自分自身との戦いに勝つために、学生は何をしたら良いのでしょうか。

■学生を送り出す大学は、これまで続けてきたカラ元気の自信を身に付けさせるキャリア教育を見直さなければなりません。もはや、時代の製造物責任に応えることはできません。今こそ、大局観ある「らしさ」を全面に打ち出した出口戦略の再構築が求められます。

■今年も、3月1日の採用情報の解禁&エントリー受付開始を直前にして、就活生には少し耳の痛いエールを、日経カレッジカフェ副編集長/桜美林大学大学アドミニストレーション研究科非常勤講師の渡辺茂晃さんからいただきます。

■渡辺さんからのエールを踏まえて、ご参加の皆さまには、ワールド・カフェグ風にワイワイガヤガヤ本音ベースで、就活を大局的に語り切っていただきます。

■皆さまには、お仲間はもとより、ひとりでも多くの学生に声を掛けていただきご参加ください。 学生の皆さんには、安全な場で、じっくりと他流試合、場数を踏んでもらいたいものです。

《 渡辺さんからのメッセージ 》
 2018年卒業予定者の内定率が92.7%と過去最高を記録(10月時点、ディスコ調べ)しています。2019年卒の就職戦線も引き続き「超売り手市場」と言われ、東京五輪が開催される2020年まではこのまま売り手市場が続くといった声もあります。 さらに、労働力人口の減少によって、大学新卒者はこのまま売り手市場が続くという説もあります。「さあ、大学生の皆さん、安心して就活に臨んでください。誰もが行きたい会社に就職できる時代がやってきました!!」。なーんてわけはありません。仮に就職ができたとしても、その先には多くのライバルたちとの過酷な生き残り競争が待っているのです。


【日時】 2018年2月10日(土)
  受 付 午後3時30分
  研究会 午後4時〜7時
  懇親会 午後7時15分〜9時15分

【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス 1階ホール
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 2019年卒も「超売り手市場」は続くのか?
   〜 就職できても安心できない理由 〜


【問題提起】 渡辺 茂晃 (日経新聞・日経カレッジカフェ副編集長/桜美林大学大学アドミニストレーション研究科非常勤講師)

 グループリーダー(社会人)
   鷲北 貴史 (社会学講釈師・おばか革命旋風児・高崎経済大学非常勤講師)
   寺田 稔 (成徳大学学生生活課長)
   興津 利継 (竹中工務店・桜美林大学大学アドミニストレーション研究科非常勤講師)
   八田 浩康 (亜細亜大学地域交流課長)
   遠山 直 (リクノアカデミック代表)
 グループリーダー(学生)
   緑川 嵩人 (桜美林大学4年)
   玉田 侑也 (桜美林大学3年)
   伊藤 あかね (桜美林大学3年)
   奈良橋 宇一 (桜美林大学3年)
   菅井 彩花 (東京経済大学2年)
   橋爪 昇平 (高崎経済大学3年)
   小林 ゆい (高崎経済大学3年)

 司会 高橋 真義 (桜美林大学名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
 *当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:渡辺 茂晃
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2018年02月09日

FMICS あざみ野 SD 87

●ゼミナール型勉強会「SD(Staff Development)」の首都圏西部地域での集いです。この勉強会の原理は極めてシンプルです。参加者がそれぞれにネタ(話題)を持ち寄り、みんなで議論します。

●ネタは、気になった新聞・雑誌記事、業務関連の資料、進めている仕事のアイデア、就活エントリーシートの原稿などなど、何でも構いません。ちょっとした事でも、他人の目に触れることにより思いがけない発見があるものです。初めて参加される方は、単に自己紹介だけでもOKです。

●資料(コピー)は8部程お持ちください。あざみ野駅に隣接する東急ストアの2階に、一般利用出来るコピー機があります。

【日時】 2018年2月9日(金)午後7時〜9時+懇親会

【会場】 横浜市山内地区センター 会議室3A
  東急田園都市線・横浜市営地下鉄 あざみ野駅徒歩3分
  (横浜市青葉区あざみ野2丁目3−2 山内図書館と同じ建物です)

【参加費】 100円(会員・非会員問わず)+懇親会3000円程度(収入による増減あり)

【申込先】 出光 直樹 (横浜市立大学)
 naoki(アットマーク)idemitsu.info
 http://n-idemitsu.seesaa.net/category/25588543-1.html
*お名前、ご所属、懇親会への参加の有無をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
*当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 19:00 | TrackBack(0) | あざみ野SD

2018年01月25日

「高大接続改革」の忘れもの<中編>

<前編から>

 現行の大学入試センター試験に代わる「大学入学共通テスト」と新たに導入する「高校生のための学びの基礎診断」。中央教育審議会の「高大接続改革答申」(2014年12月)の段階では、「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」と「高等学校基礎学力テスト(仮称)」という名称で提起されたものです。またそれに先立つ教育再生実行会議の第4次提言(2013年10月)では、「達成度テスト(基礎レベル)(仮称)」および「達成度テスト(発展レベル)(仮称)」という名称で提起されていて、ともに高校在学中に複数回受験出来る事と、学習の達成度の客観的把握ということがうたわれていました。

 そして、この段階での2つのテストという考え方に強く影響を与えたと思われるのが、「高大接続テスト(仮称)」の提案です。これは、2004年頃からの国立大学協会私立大学連盟等での議論において、高等学校における基礎的教科・科目の普遍的学習を担保し、その達成度を把握する新たな仕組みの構築が、大学入試や高大接続の課題であると指摘され、それらの議論が中央教育審議会の「学士課程答申」(2008年12月)や文部科学省の委託事業(2008年10月〜2010年9月)での調査研究に引き取られて提唱されたものでした。

 その議論の内容は、『高等学校段階の学力を客観的に把握・活用できる新たな仕組みに関する調査研究報告書』(2010年9月)や、その協議・研究委員であった佐々木隆生氏による『大学入試の終焉:高大接続テストによる再生』(2012年2月 北海道大学出版会)に記されていますが、その要点は以下の通りです。

  1. 諸外国のような中等教育の達成度を測る制度の無い中で、我が国は受験競争の圧力によって高大接続のための学力担保が図られてきたが、少子化による高等学校や大学への全入時代を迎え、高等学校の教育課程の多様化と大学の選抜機能の低下により、高等学校における基礎的教科・科目の普遍的な履修とその学力の担保が機能しなくなった。

  2. 大学入試センター試験は、基本的には各大学における選抜の判定資料となる集団準拠型の試験であり、これを基礎学力の達成度測定の為の試験として利用するのは不可能である。

  3. それゆえ高大接続テストはセンター試験の改変ではなく、目標準拠型の新たなテストとして設計し、段階評価や複数回実施を取り入れる。

 この高大接続テストの提言に対しては、新たなテストの導入ではなく大学入試センター試験の工夫改善により実施すべきという反対意見も寄せられたようですが、学力把握面からの高大接続インフラ構築には、テストの性格の違うセンター試験の改変ではない、新たなテストの構築・導入が求められたのです。

<後編へ>
(出光 直樹)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:出光 直樹
posted by fmics at 18:04 | TrackBack(0) | 巻頭言

大卒って、意味ありますか?

「え?この時代に『大学に入る意味』があると、本気で思ってるの……?」という人気ブロガー、イケダハヤトさんのブログを読んで。
大学好きだな、おまいら……。ごくフッツーに考えて、今の時代に大学行く意味ってないですよね。大学に行かなくても大抵のことは学べる。大学に行かなくても食べていける。大学に行かなくても人とのつながりはできる。
 大学はそもそもコスパが悪すぎる。よっぽどの目的意識がないかぎり、大学なんて行かなくていいと思いますけどね……。

といわれると、いけないこととわかっていながら「ですね」と答えたくなる自分がいます。

 私は業者主催のパネルディスカッション(四大、短大、専門学校、就職)に呼ばれ、高校生達の前で話すことがあり、高校を卒業してやりたいことや学びたいことがないのなら、進学ではなく一度就職を考えることもありだと伝えます。就職後にどうしても、学びたいことや取得したい資格が出てくれば、それから大学・短大や専門学校を考えてもいいと伝えます。なぜかというと、やりたいことや学びたいことがないのに、みんなが行くから進学して中退というのが、お互いに不幸だと思っているからです。

 最近、多くの大学関係者と話していても、大学の魅力というより学生募集のための対策をしている大学が多い気がしています。その大学の方たちが話すことの中に、必ず就職の話も含まれます。結局は、就職にどうつなげられる大学かという選択肢として、大学が見られているといえます。

 社会は少子高齢化が進み、人材不足に悩まされています。今後は過去にあった一過性の人材不足ではなく、永続的に続く人材不足の社会に突入するといっても過言ではないはずです。働く人が大切になる時代を迎えるということです。人材不足が進むと、何が起きるのか想像するとわかると思います。そこには、記憶力勝負の頭でっかちはいりません。学歴は問われなくなるでしょう。働く意欲のある人材が求められ、汗をかいて働きながら、目の前にある課題を解決する能力がある人材が欲しくなるはずです。ですから、アクティブラーニングが出てきたと思っています。しかし、中高でアクティブラーニングが進むと冒頭のイケダハヤトさんの話が、的を射ているといえるといえますね。

 大学の目的は、違うだろうといっても現状の大学の売り文句が就職率を謳っているので、この話につなげられても仕方ないことだと思うのです。大学に進学することが本当に必要なことなのか、大学に携わる我々が考え直さなければいけない時代になったということですね。

 卒業後10年経って「大学に入学して良かった!」といってもらえるような大学創りが、課題です。

(秋草 誠)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:秋草 誠
posted by fmics at 18:02 | TrackBack(0) | 巻頭言

会報 『BIG EGG』 2018年2月号 発送作業

●FMICSの運営は、会員のボランティア作業によって支えられています。毎月の会報の発送作業も、その大切な活動の1つです。早い人はお昼過ぎから作業を開始し、夕方になると職場から一人また一人とメンバーが駆けつけます。

【日時】 2018年1月25日(木) 午後6時〜9時+食事会

続きを読む
posted by fmics at 18:00 | TrackBack(0) | 会報発送作業

2018年01月18日

FMICS SD 310

■激動の時代を教育業界の枠にとらわれることなく、多面的・大局的視座からじっくりと展望いたします。新聞・雑誌等から教育&経済トピックスを持ちより、侃々諤々とディスカッションいたします。トピックスは、厳選して1件、A4縦判にコピー(10枚程度)して、簡単なMEMOを付してご持参ください。10分間程度のコメントをしていただきます。

【日時】 2018年1月18日(木) 午後6時30分〜8時30分

【会場】 四谷・蔵や
(JR・東京メトロ 四ツ谷駅 徒歩1分)
*会場の予約名は「フミックスの高橋」です。


【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
*お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
*当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 18:30 | TrackBack(0) | SD

2018年01月16日

FMICS 1月例会(第695回例会) 若者の未来はどうなるか 明るくなるか 明るくならないか

 高等教育界にとって、ターニングポイントとなる2018年がスタートします。大きく変化する時代を大局観を持って読み解くために、新しい試みとして、語り合う月例会といたします。
 ディスカッションのテーマは「若者の未来はどうなるか 明るくなるか 明るくならないか」です。教育ジャーナリストの後藤さんから、テーマを読み解くカギを提示していただきました。皆さまには、正月休みに、このカギについてチェックした上でご参加くださいますようお願いいたします。
 テーマに添ったディスカッションします。その後に、読み解くカギについて後藤さんから解説していただき、皆さまと振り返りをします。
 皆さまには、お仲間とお近くの学生に声をかけられて、ご参加いただきたくお願いいたします。

■テーマを読み解くカギ
 人工知能の進化
 未曾有の少子高齢化
 複雑化する国際社会
 地方消滅の危機
 人生100年時代
 働き方改革
 一生、学び続けて働き続ける時代
 自己の能力を客観的に示す時代
 Edtech の浸透
 eポートフォリオ

■後藤さんからのメッセージ
 「共有する未来」 これからの若者たちの未来はどうなるのか。
 年明けにも、ミサイルが飛び戦争が始まると囁かれている。世界平和の構築をめざす教育を受けたところで独裁者の後継では目も当てられない。フェイクニュースに乗っかった大統領が生まれる。何が正しく何がフェイクなのかわからない。
 人工知能が進化して、人間とコンピュータが文化交流をする時代がやってくる。現代の魔法使いがレトルトカレーをストローで飲む姿に世間は驚きの声をあげる。自動翻訳機が会話を助けてくれる。誰がその訳したものを正しいと判断するのか。
 LGBTではおさまらない性の多様化。混迷の中で多様な価値観の受容を求められる。
 さて、若者の未来は明るいだろうか。明るくするために、教育は何ができるか。年初のこの日に一緒に考えてみたい。

【日時】 2018年1月16日(火)
  受 付 午後6時30分
  研究会 午後7時〜9時
  懇親会 午後9時15分〜10時15分

【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス 1階ホール
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 2018年のミッション・パッション・アクション
  若者の未来を読み解く 鳥の目 虫の目 魚の目
  〜 若者の未来はどうなるか 明るくなるか 明るくならないか 〜


【問題提起】
 発表者 後藤 健夫 (教育ジャーナリスト)
 司会者 高橋 真義 (桜美林大学名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
 *当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 19:00 | TrackBack(0) | 月例会