2019年10月19日

速報 10月のFMICS これからの入試をデザインする大局観

【日時】 2019年10月19日(土)
  受付:午後3時30分  研究会:4時〜7時

【会場】 横浜市立大学 金沢八景キャンパス
  (京浜急行線・金沢シーサイドライン 金沢八景駅 徒歩5分)

【テーマ】 これからの入試をデザインする大局観
   〜“改革”政策に惑わされないために 〜


【企画プロデュース】
  出光 直樹 (横浜市立大学 アドミッション課専門職・学務准教授)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:出光 直樹
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2019年09月21日

速報 9月のFMICS 小さな大学の生き残りのカタチと危機感のカタチ

【日時】 2019年9月21日(土)
  受付:午後3時30分  研究会:4時〜7時

【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス SY306教室
  (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 VUCA時代の先を見据えた
   小さな大学の生き残りのカタチと危機感のカタチ


【企画プロデュース】
  秋草 誠 (秋草学園短期大学 入試広報室長)

 定員厳格化により最近の首都圏の大学は、3年前まで定員割れをしていた大学さえ充足率160%や140%を超える大学が現れました。当該大学の募集担当者は、危機感を持っている方もいるが、学内は定員超過になった瞬間から安穏とした空気が流れ始めたと聞きます。東京の多摩地区にあった学部を23区内に、呼び戻せば安泰だという方もいます。このような現状の短期大学の入試広報担当者の悩みは、18歳人口の減少が進行してゆく中、四大進学の勢いが増す一方で、短期大学の募集停止の流れは止まらないという出口が見えてこないことです。

 今年の9月初旬に日本私立短期大学の入試広報担当者対象の研修を開催します。私は運営委員なので、そこで我々短期大学の入試広報担当者にできることはなにかを真剣に考え、実行していかなければ短期大学は生き残っていくことはできないという危機感のカタチをまとめようと思っています。今回の例会は、その報告と小さな大学の生き残りのカタチを議論したいと思います。というわけで、定員を満たしている大学の方にとっては、面白くない企画だと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:秋草 誠
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2019年08月03日

速報 8月のFMICS ものの書き方とそのための文献、図書館の活用法

【日時】 2019年8月3日(土)
  受付:午後3時30分  研究会:4時〜7時

【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス SY306教室
  (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 (仮)大局観を磨く 夏期休暇を活かす
   ものの書き方とそのための文献、図書館の活用法


【問題提起】
  長谷川 豊祐 (図書館笑顔プロジェクト代表・元鶴見大学図書館・慶應義塾大学非常勤講師/立教大学兼任講師)

【長谷川さんからのメッセージ】
 夏期休暇は,心身共にリフレッシュし,パワーアップする絶好の機会です。エアコンをきかせた部屋で,日常の煩雑さから一時的に離脱し,自分自身の課題に短期集中で取り組みましょう。まずは,引き出しにしまっていた疑問や,知りたかった事項を引っ張り出して,パソコンに向かい,雑誌論文を探索・熟読し,テーマを拡散・収束してみましょう。インターネットさえあれば,簡単に参考資料を入手して,課題解決への一歩を踏み出せます。情報化社会において,先行調査・研究の探索や,論文・レポート・企画書の執筆などに,インターネットと図書館を活用しない選択はあり得ません!探索とライティングの基本テクニックさえマスターすれば,課題の9割は達成です!!今年の夏は,日頃から,学生に勉強・学修と言い続けている大学人としての矜持をもって,有意義に過ごしましょう!!!学修・研究を支援する立場から,調査・研究する立場へと,ひと夏の転換も良いものです。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2019年07月24日

FMICS BOOK PARTY 7-327 中原 淳 + パーソル総合研究所 『残業学 明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?』

 これまで続けてきました「FMICS SD」を発展的にパワーアップするために「FMICS BOOK PARTY」と改組いたしました。ここは、仲間と一冊の本を読むことによって、「本」との出会い、「人」との出会い、「自分」との出会いを楽しむ「安全な場」です。ポストイットを使い、グループワークにより指定図書をより深く読み込みます。

【日時】 2019年7月24日(水) 午後6時30分受付 7〜9時

【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス SY201教室
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【指定図書】


【進行担当】 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
 *当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


■8月の「FMICS BOOK PARTY」
 2019年8月7日(水) 午後6時半受付 7〜9時
 桜美林大学四谷(千駄ヶ谷)キャンパス SY305教室
 齋藤 孝(2019)『読書する人だけがたどり着ける場所』SB新書

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 19:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2019年07月23日

会報 『BIG EGG』 2019年8月号 発送作業

●FMICSの運営は、会員のボランティア作業によって支えられています。毎月の会報の発送作業も、その大切な活動の1つです。早い人はお昼過ぎから作業を開始し、夕方になると職場から一人また一人とメンバーが駆けつけます。

【日時】 2019年7月23日(火) 午後6時〜9時+食事会

続きを読む
posted by fmics at 18:00 | TrackBack(0) | 会報発送作業

2019年07月17日

速報 7月のFMICS ネット時代の“大学学生教員職員三輪車論”と学校経営を考える

【日時】 2019年7月17日(水)
  受付:午後6時30分  研究会:7時〜9時

【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス SY201教室
  (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 ネット時代の“大学学生教員職員三輪車論”と学校経営を考える

【問題提起】 片山 英治 (野村證券 金融公共公益法人部 主任研究員/(独)大学改革支援・学位授与機構大学機関別認証評価委員会委員/特定非営利活動法人大学経営協会財務委員会委員)

■メッセージ
 入口では人口動態の変化や子どもたちのデジタル化、出口ではAIやネットの発展に伴う産業構造の変化、政策では学費無償化や学校教育法等の一部を改正する法律の成立等、学校を取り巻く環境変化のスピードがあまりにも速いことから、多くの学校関係者の方々が自らの立ち位置を確認する時間的余裕もなく日々対応に苦慮されているものと拝察しています。「チーズはどこに消えた?」のスニッフやスカリーたちが、うらやましく思えるかもしれません。
 一方で、学校はマクロとミクロのギャップが大きく関係者が多様というコミュニティとはいえ、私はよく引き合いに出される日本の大企業や米国の大学も環境変化への対応に苦闘している点で、日本の学校とそれほど大差ないのではと考えています。
 今回は、企業や米国の大学、私自身のコミュニティに関与した経験といった「鏡」を適宜参照しつつネット時代の「大学学生教員職員三輪車論」の推進と学校経営に関する試論を提起させていただき、微力ながらご参加の皆様と一緒に考えてみたいと思います。

■指定図書・文献
 宇都出 雅巳(2013)『いつのまにか心をひらいてしまう 絶妙な「聞き方」』PHP研究所
 佐渡島 庸平(2018)『WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE 〜 現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ(News Pick Book)』幻冬舎
 佐藤 尚之(2018)『ファンベース』ちくま新書

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:片山 英治
posted by fmics at 19:00 | TrackBack(0) | 月例会

2019年07月09日

会報 『BIG EGG』 2019年7月号 発送作業

●FMICSの運営は、会員のボランティア作業によって支えられています。毎月の会報の発送作業も、その大切な活動の1つです。早い人はお昼過ぎから作業を開始し、夕方になると職場から一人また一人とメンバーが駆けつけます。

【日時】 2019年7月9日(火) 午後6時〜9時+食事会

続きを読む
posted by fmics at 18:00 | TrackBack(0) | 会報発送作業

2019年06月29日

FMICS シンポジウム 2019 わたしたちは変わるための努力を束ねます

【5/24更新】参加申込方法を掲載しました。
【6/12更新】最終案内を掲載しました。

高等教育問題研究会(まずはじめよう会) 第35回拡大勉強会
(第714回例会)


ワクワクドキドキ大局観 FMICS 2019  
わたしたちは変わるための努力を束ねます


FMICSシンポジウム2019。高等教育問題研究会FMICSは39年間、仲間とともに、大学の明日を語り合ってきました。
 VUCAの時代。変化が変化を呼んで、想定外のことが当たり前のように起こっています。爪先立ちをして背伸びをすれば、時代の激流に足下をすくわれます。
 FMICS人は、これまで、大地にしっかりと踏ん張り立って、原理原則を大切にしてきました。螺旋状的に積み重ねてきた「大局観」を束ねて、この難局を切り開いていくために、わたしたちは、変わるための努力を惜しみません。
 今年もONEDAYプログラムです。FMICSと言えば、夜が明けるまでディスカッションをすると言われてきました。この伝説と伝統を恵比寿でも再現します。圧倒的な集中力と全てを包み込むあったかさで、明日を活き抜くための「想い」をぶっけあい、ワイワイガヤガヤ、大いに語り合うことといたします。

今年もよかったね!!

 この一言を、一人でも多くの仲間とともに共有します。皆さまには、お仲間、お若い方、そして学生さんをお誘い合わせの上、ご参加くださいますようお願いいたします。

【日時・会場】 2019年6月29日(土)
 シンポジウム 午後1時〜4時50分
  日能研恵比寿ビル 7階プレゼンテーションルーム
  (会報発送作業で利用している会場です)
 パーティー 午後5時30分〜7時30分
   恵比寿・和レストランsacra

FMICS シンポジウム 2019 参加申し込み
  • FMICSシンポジウム参加の申込は、なるべく6月25日(火)までに、symposium@fmics.org 宛に、以下の事項をお知らせ下さい。

    件名FMICSシンポジウム申込+氏名
    本文1 氏名 (ふりがな)
    2 所属 (学生の場合は学部名と学年も)
    3 シンポジウム参加費振込の日付と金額(事前振込の社会人の場合)

  • シンポジウム参加費(パーティ代含)は、6月19日(水)までに参加費を振り込まれる社会人の方は、6,000円となります。それ以降の場合は、当日会場にて7,000円をお支払い下さい。
    【郵便口座】 00100-9-10364 高等教育問題研究会シンポジウム
    【銀行口座】 三井住友銀行 飯田橋支店(888) 普通 5114947
            コウトウキョウイクモンダイケンキュウカイ

  • 学生の方は、事前申込の有無にかかわらず当日払いで 3,000円(パーティ代含)となります。


続きを読む
posted by fmics at 13:00 | TrackBack(0) | 夏のシンポジウム

2019年06月09日

FMICS BOOK PARTY 6-326 松下 幸之助 『道をひらく』

 これまで続けてきました「FMICS SD」を発展的にパワーアップするために「FMICS BOOK PARTY」と改組いたしました。ここは、仲間と一冊の本を読むことによって、「本」との出会い、「人」との出会い、「自分」との出会いを楽しむ「安全な場」です。ポストイットを使い、グループワークにより指定図書をより深く読み込みます。

【日時】 2019年6月15日(土) 午後5時30分受付 6〜8時

【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス SY305教室
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【指定図書】


【進行担当】 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
 *当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。



■7月の「FMICS BOOK PARTY」
 2019年7月24日(水) 午後6時半受付 7〜9時
 桜美林大学四谷(千駄ヶ谷)キャンパス SY201教室
 中原 淳 + パーソル総合研究所 (2018)
 『残業学 明日からどう働くか、どう働いてもらうのか? 』光文社新書


■8月の「FMICS BOOK PARTY」
 2019年8月7日(水) 午後6時半受付 7〜9時
 桜美林大学四谷(千駄ヶ谷)キャンパス SY305教室
 齋藤 孝(2019)『読書する人だけがたどり着ける場所』SB新書

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 00:37 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2019年06月05日

シンポジウムのテーマを考えるために

 時代の変化は、私たちが思う以上に大きなうねりとなっています。「MOOC革命で日本の大学は半数が消滅する」と言われていました。わが国のように、学校歴こそが命という発想は、世界的には非主流です。MOOCのプラットフオームに「ユダシティ」があります。これまでの就活戦略がドラスティックに変わることになります。学習履歴(学位歴)の次は、修了証や資格認定で対応する、ナノ・ディグリーを重視する方向に向かっていくのではないでしょうか。世界では当たり前のスタンダートが、わが国の大学を襲うことになります。

 VUCA(ブーカ):Volatility=不安定、Uncertainty=不確実、Complexity=複雑、Ambiguity=曖昧、は大学界にも吹き荒れることになります。近視眼的・表層的に時代を観て、爪先立ったアクションをすれば足元をすくわれます。社会の転換期を迎える中で、各大学・短期大学が社会との契約を根本から見直し、結び直すタイミングにきていると感じます。あたらしい時代は、学生には、AI時代を意識した、美意識のある「可愛がられる力」や「教わる力」を高める教育、「必要な情報を編集する情報編集力」やAIを活用するために必要となる「課題設定力」を求めます。リベラル・アーツ分野や観察力をいかに身につけるかを本気で考えて、カリキュラムを変えることができる大学・短期大学しか残らないのではないかと思います。

 この時代の要求は、私たち大学人にとっても、変わるための努力に他なりません。法改正や規制で大学淘汰の政策誘導も図られる中で、財界が求めるエリート以外を育成するほとんどの大学・短期大学で、この転換について真剣に戦略事項として叩いているのでしょうか。変わることに対して覚悟と勇気が今こそ必要です。大学人一人ひとりが大局観を持ち、原理原則を大切にして、周りに惑わされず信念を持って生き抜かねばなりません。大学が持てる全ての資源を束ねることなく、「私は頑張っています」をいくら束ねても、この時代の波を乗り切ることはできません。

 教員と職員の優位性を問うことがいかに馬鹿げていることか。「学生教員職員三輪車論」を肝に銘じます。打上げ花火的な派手なアクションではなく、学生が着実に活動してきたことを学生とともに整理するきめ細かいサポートを地道に積み上げていくことに注力します。学生の可能性を引き出す役割分担こそが求められているのです。

 らしくしてぶるべからず、「時代を少しでも動かすために、堂々と変わり続けること」を FMICS の今年のモットーにします。時代に先回り。皆さまには、この1年間がワクワクドキドキハッピー×ハッピーに充実したものになりますことをお祈りいたします。

(高橋 真義)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:高橋 真義
posted by fmics at 18:04 | TrackBack(0) | 巻頭言