2017年07月12日

FMICSの総括の日

“合議制のカルト集団”…去る3月に高橋真義さんとともに桜美林大学を定年退職となり、今後は教育関係の付き合いから足を洗うと宣言していたものの、今回やはりというか、先日のFMICSシンポジウムに登場していただいた諸星裕先生が、工学院大学で開催してた頃(おそらく2000年か1998年)のFMICSシンポジウムの壇上で述べたのが冒頭の言葉。当時は私学事業団に在職していた高橋さんを中心に、そうそうたるメンバーがワイワイがやがやと熱く運営しているFMICSの姿を、言い得て妙な表現だと心に残っていました。

 諸星先生が最初にFMICSの月例会で話をされたのは、秋田県の国際教養大学の前身とも言えるミネソタ州立大学機構秋田校の学長として、同校の運営を軌道に乗せていた1990年代初頭の頃。振り返ってみれば、日本の高等教育をめぐるチョットした歴史ともいえる月日が流れている訳です。

 さて今回のシンポジウムでは、私は「総括」のお役を仰せつかりました。なぜか予めレジュメを作成しておかなければならないので、議論の方向を予想しつつ「まとめときづき」「自分自身の当事者になる」「1人1人の新たな縁へ」との3点を準備しておいて、その日のシンポジウムを振り返ってのコメントをしましたが、当日に4点目として付け加えてお話(ご提案)したのが表題の「FMICSの総括の日」です。

 これは結論から言うと、FMICSの軌跡と意義をきちんと後世に伝える為に、来年のシンポジウムまでには、FMICSの活動に終止符を打つ=総括する日を決めましょう、という事です。

 ほぼ毎月開催し発行している月例会や会報の『BIG EGG』。伝説の『100回BOOK』や『100人BOOK』、10号くらいまで毎年刊行していた『FUSION』などなど。FMICSの歩みとその記録は、1980年代のマス化から現在のユニバーサル化した我が国の高等教育の歩みを振り返る貴重な歴史資料となるものですし、それはきとんと後世に伝えられなければなりません。

 1981年3月14日にFMICSが産声をあげた時、高橋さんは34歳。その後間もなく加わった滝川義弘さんは27歳だったそうですから、紛れもなくFMICSは当時の若手の大学人が集って成長してきた集団です。創設メンバーの大学人としての人生や当事者性が色濃く反映しているのですから、そのパッションを代替わりによって継続していくことは、まず不可能と思います。

 FMICSとは何なのか? 創設の当事者が歩んだ歴史とともに、その果たした役割を総括をして記録に残し、次の世代の人たちにはFMICSという器ではなく、それぞれの当事者性に基づいた新しいご縁の形を創ってもらう方が、そのパッションは様々な形で受け継がれていくことでしょう。

(出光 直樹)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:出光 直樹
posted by fmics at 18:02 | TrackBack(0) | 巻頭言

保育系学校選びのポイント

 保育士を目指しているのですが、四大・短大のどちらに進学したらいいのか迷っています。とか、短大と専門学校の違いって何ですか。という質問を多くの高校生からいただきます。時には、高校の先生からも同様の質問を受けることもあります。こんな時の答えは、出口から説明します。まずは、就職先の幼稚園や保育園での学歴による仕事の違いがあるのかです。これは、どの学歴でも仕事には、影響しません。保育士さんは、おむつ替えもしますし、掃除もします。幼稚園では、バスにも乗ります。というわけで、学歴によって仕事内容が変わることはありません。

 次に、学びの内容について説明します。専門学校は、仕事と直結していて実践的な技術を先生から学びます。簡単に説明すると、師弟関係のような学びで私の技術を伝えます。四大と短大は研究機関なので、研究しますが専門学校では、学生は研究しません。四大と短大には図書館を設置しなければいけませんが、専門学校には図書館がない学校や、あっても家のリビングくらいの広さの学校もあります。

 学費については、四大は約450万円、短大は約250万円、専門学校は180万円〜300万円です。収入は初任給で、四大卒業の先生が7千円〜1万円、短大や専門学校卒業の先生より多いので、四大卒業の先生の方が、年間に約12万円給与が多いです。しかし、初期投資を考えるとコストパフォーマンス的にどうなのかは、考えた方がいいです。四大と短大では、200万円の差がありますから、これを12万円で割ると16.6年でペイできる計算です。これが高いか安いのかは、保護者の方と相談してください。

 私が個人的に感じている四大へ進学する条件として、3つ挙げます。1、幼稚園の園長先生になりたい人。(本学の専攻科では、幼稚園教諭1種が取得できます)2、研究者になりたい人。(大学の教員などですが、大学院まで考慮しましょう)3、家庭が裕福で、勉強が好きな人。上記の条件の方には、四大をお勧めします。これ以外は、短大か専門学校で充分です。

 学校選びのポイントとして、1都3県の東京・神奈川・埼玉・千葉について就職率は、ほぼ100%に近いので、就職率がいいのは当たり前だと考えてください。それよりも多くの生徒が不安を抱えるピアノについて、確認してください。保育系の学校の多くが、ピアノは初心者でも大丈夫といっていますが、そのための環境が整っているかです。本学には、ピアノ個人レッスン室の個室が46室あり、電子ピアノは48台、合計で94台のピアノは、誰でも使用できます。初心者でも大丈夫といいながら、個室がほんの数室しかない学校もあるので、確認してくださいと、迷っている方にはお伝えしています。5〜6年前は高校の先生方の中に、保育分野は四大へといっていた先生が目立っていましたが、最近は短大がいいといってくれる先生も増えてきました。

(秋草 誠)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:秋草 誠
posted by fmics at 18:02 | TrackBack(0) | 巻頭言

会報 『BIG EGG』 2017年7月号 発送作業

●FMICSの運営は、会員のボランティア作業によって支えられています。毎月の会報の発送作業も、その大切な活動の1つです。早い人はお昼過ぎから作業を開始し、夕方になると職場から一人また一人とメンバーが駆けつけます。

【日時】 2017年7月12日(水) 午後6時〜9時+食事会

続きを読む
posted by fmics at 18:00 | TrackBack(0) | 会報発送作業