2019年12月10日

人の合理的行動がシステムを崩壊させる?

 FMICS10月例会は台風接近による日程変更で参加できなかった。それを理由に「裏」巻頭言の執筆を放置していたのだが、高橋先生から漏れなくお叱りを受けた。その罪滅ぼしではないが、今回もこの原稿をコッソリ書き始めている。

 資本主義システムは本源的に不安定なのか、それとも安定なのか? これまでR.F.ハロッドとR.M.ソローの議論を紹介した。これについては(あくまで理論上の話だが)ソローの主張に軍配が上がり、一応の決着を見た。ただ、この議論が展開されたのは1950年代、日本で復興需要に沸き立っていたのと同様の動きが世界各地に広がっていた時期である。力強く拡張する経済システムを眼前にして、内在する不安定要因に目が向かなかったという事情もあったかもしれない。

 そんな中、1960年代になると議論の中心が経済システムの成長・変動からインフレに移行する。これは各国のインフレ率が高めで推移していた事情もあるが、インフレを放置すれば金を軸にした固定相場制度が崩壊する恐れがあった事情もある。この議論の中心は、人々が将来のインフレ率をどのように考え、それにもとづき現在どんな行動をとるのかという点にあった。いわゆる「インフレ予想」の話である。

 その際、3つのインフレ予想の考え方が提示されたが、その主要なものが「合理的期待」である。これは現在入手可能な将来にかかわるあらゆる情報を集め、結果としてインフレ率がどのようになるかを計算し、それと現在のインフレ率を比較して行動を決める。的確な例を挙げるのは少々難しいが、ここで想定される人間像はアクティブラーニングで理想とされるそれである。インフレ予想というテーマについて必要な情報を子どもたちに集めさせ計算させる。教師はそれを支援する。実に美しいアクティブラーニングの姿がそこにある。

 しかし、厄介な問題が出現する。それは、人々が合理的期待にもとづいてインフレ予測を行い、それを踏まえて現在の行動を選択すると、実現するインフレ率が無限大にまで行ってしまうのである。これを「発散」という。人々がスマート(ここでいう合理的期待)に行動すれば穏やかな結果が実現しそうだが、あらぬ方向に行ってしまう。無論、際限なく上昇する価格をシステム全体が吸収できれば問題ないが、それが未来永劫まで持続可能か? なかなか悩ましい帰結である。

 SDGsなる合理的目標に向かって進むほど経済システムが崩壊するという、最悪の結果が招来しないことを祈るばかりである。
(中村 勝之)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:中村 勝之
posted by fmics at 18:04 | TrackBack(0) | 巻頭言

スマート農業 消費行動に鍵

 今年は、冬の訪れを知らせる「木枯らし1号」が東京では11月30日まで吹かず、昨年に引き続き「発生せず」となった。2年連続で吹かなかったのは気象庁が1951年に記録を取り始めて以来初めてとなる。

 気象庁は例年、東京と近畿で木枯らし1号を判定。東京の場合は10月半ば〜11月末に西高東低の冬型の気圧配置となり、北の丸公園(千代田区)の観測点で最大風速8メートル以上の季節風が吹くなどの条件を基に判断するとのこと。今秋は、偏西風の影響などで全般的に暖かい日が続いた。近畿は、冬型が強まった日もあり11月4日に木枯らし1号が吹いたとされたが、東京では風速などの条件を満たさなかった。 

 今回は農業ジャーナリスト青山浩子氏の記事「スマート農業 消費者行動に鍵」(毎日新聞2019年12月4日(水)「経済観測」より)を紹介する。労働力不足を解消する手段として注目されるスマート農業だが、生産現場に定着するかどうか消費者も無関係ではないとのこと。

 岩手県で各種露地野菜を作るある農家は「生産工程全体でスマート農業が実現すれば省力化できるが、まだ工程の一部にとどまっている」と話す。キャベツの場合、労力が必要な収穫の機械化が開発途上にある。開発中の収穫機を実証的に使ったところ、ロスが5〜7%発生したという。生育過程で地面に対し斜めに育つキャベツがある。機械がそれを認知せず地面と平行に収穫すると、斜めのまま切断されてキャベツ本体が一部傷つき、商品価値が落ちやすいからだという。

 愛知県のキャベツ農家も「収穫機は使わない」と答えた。同じ畑に同じ時期に植えたキャベツでも個体差があり、生育のスピードが異なる。このため、農家は大きさのそろったキャベツを選んで収穫する。このきめ細かい作業を収穫機に期待できないからとのこと。「グラム売りが一般的である海外の小売店と違い、日本では1個売りが大半で、固定価格なので均一な大きさが求められる。この売り方が続く限り手作業が続く」と語る。

 将来、人工知能(AI)を搭載した収穫機が開発されれば、キャベツの形状を記憶し、大きさを見極めながら収穫するかもしれない。その前に、消費者が購買行動を変える手もある。農産物の規格は、消費者が望む以上にサイズや等級が細分化され、農家の負担になっている。これを簡素化したり、グラム売りを導入したりすれば、高額なAI搭載の収穫機を待つまでもなく農家は収穫機を使い、工程全体を省力化できると結ぶ。

 2020年度実施予定の「大学入学共通テスト」、ロールキャベツを作りながら注視していきたい。

(宮本 輝)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:宮本 輝
posted by fmics at 18:02 | TrackBack(0) | 巻頭言

会報 『BIG EGG』 2019年12月号 発送作業

●FMICSの運営は、会員のボランティア作業によって支えられています。毎月の会報の発送作業も、その大切な活動の1つです。早い人はお昼過ぎから作業を開始し、夕方になると職場から一人また一人とメンバーが駆けつけます。

【日時】 2019年12月10日(火) 午後6時〜9時+食事会

続きを読む
posted by fmics at 18:00 | TrackBack(0) | 会報発送作業