2020年04月28日

【限定Zoom開催】4月例会(第724回例会) 激変2021・2022年就活戦線を読む VUCA時代の就職活動 学生・大学・企業がなすべきことは何か

<2020/4/27更新: 限定メンバーによりZoom開催を試行します>
 高等教育問題研究会FMICS4月例会につきましては、無参加者開催を会報「FMICS BIG EGG」でご案内いたしました。
 最新のコミュニケーションツールであるZOOM開催が可能であることを知りました。
 なんとか食らいつき、試行的に4月28日(火)に、先の渡辺さんが問題提起をされた2月例会にご参加いただきました皆さまを中心にご案内を差し上げ開催いたします。

■高等教育問題研究会 FMICS 2020年4月例会(第723回)をご案内いたします。
 今般の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、月例会の開催が難しいことから、 FMICS 40年間で初めての試みとなりますが、無参加者例会とさせていただきます。問題提起渡辺さんと質問者高橋、事務局米田により対談形式でお話しをまとめまして、紙上報告とさせていただきます。


■2月例会では、渡辺茂晃さんは、インターンシップ花盛りの就活動向をデータをして語ってくださいました。インターンシップは、巧妙に企業が作り上げたキッザニアであること。インターンシップ代行業の社員に憧れて入社してしまうなど、少なくない学生はフィーリングカップル5対5、恋愛ゲームのノリで企業を決めていること。学生の企業理解不足からミスマッチングが起こっていることなど、「劇場型インターンシップ」の落とし穴を指摘されました。

■当初3月例会への渡辺さんのメッセージです。
新型コロナで就活はどうなったのか?
 新型コロナウイルスの感染拡大で、就活情報サイトが開催する合同説明会や大学内で開催する学内企業説明会、企業の個別企業説明会などが一斉に中止・延期になりました。また、採用選考に関しても、WEB・動画面接などで対応する企業が現れています。学生優位の売り手市場が続く中、インターンシップに参加して早めに動いていた学生がいる一方、就活は3月から動き始めようとしていた学生もいます。日程的には就活は解禁したものの、実際には説明会参加や選考を受けるなど、学生の就職活動は制約される事態となってしまいました。2021年卒者の就職活動はどのように進んでいるのかを検証します。


■4月例会では、大きく変わった最新の就活環境について紹介していただきます。
 VUCA時代の就活、何をする?
 就活を控えた学生たちに「今は予測不能なVUCA(ブーカ=変動性、不確実性、複雑性、曖昧性)時代であることを認識したうえで、働き方や仕事選びを考えてほしい」と伝えてきましたが、新型コロナの感染拡大でまさにVUCAを実感する事態になってしまいました。ヒト、モノ、カネの流れが止まり、経済活動が停滞しています。企業の採用活動はWEB面接の導入や少人数での面接によって静かに、ゆっくりと進んでいます。
 現4年生は就活がなかなか進まなくても慌てないでください。企業は東京五輪の延期によって、後ろを気にせずに採用活動を慎重かつ確実に進めています。採用選考の準備はもちろんこと、就職後に必要になるであろう知識の吸収やスキル磨きに努めてください。3年生は夏のインターンシップに向けた準備を始める時期でしょうが、夏に実施する企業があるかどうか今のところ分かりません。焦ることなくいつインターンが始まっても参加できるように準備してください。特に、世の中にはどんな業界・企業があるのか、どんな商品やサービスを提供して企業活動をしているのかを見てみましょう。新聞を見てください。こんな状況だからこそ、業界や企業のつながりが分かりやすい状態になっています。
 就職活動は採用する企業と就職する学生の両者がいて成り立ちます。学生だけが焦っても仕方ありません。今できることは何かを考え取り組んでください。VUCA時代に求められる能力には、課題を見つけてその克服法を考え、最後までやり抜く力が必要だと言われています。


■お願い■
 皆さまには、渡辺さんへの質問をお願いします。mail2020@fmics.org までお送りください。4月24日(金)必着

【日時】 2020年4月28日(火)午後9時〜

【テーマ】 激変2021・2022年就活戦線を読む
  VUCA時代の就職活動
  学生・大学・企業がなすべきことは何か


【問題提起】
  渡辺 茂晃 (日経HRコンテンツ事業部長/元 桜美林大学 大学アドミニストレーション研究科非常勤講師)
【コーディネーター】
  高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授) 

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:渡辺 茂晃
posted by fmics at 21:00 | TrackBack(0) | 月例会

2020年04月18日

【開催中止】速報 4月のFMICS 自分ごとのSDGsの感度を高めるためのワークショップ

<2020/3/28 更新>
 2020年4月18日開催予定の月例会は、今般の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、開催を中止いたします。状況が整いました段階で再度企画を練り上げまして、ご案内いたします。

 2019年11・12月例会で取り上げましたSDGsの第3弾となるプログラムです。

 SDGsを自分事にするために、日頃からSDGsへの感性を磨いておきたいものです。

 関東学院大学と伊藤忠で実践されているSDGs体感トレーニングと朝日新聞社NIE事務局の「SDGs×NIE」メソッド(ワークショップ)=SDGsの17アイコンをデザインした付箋と当日の朝刊を組み合わせたSDGsの導入学習ワークショップで、空中戦ではない手足と頭を使うSDGsを体感していただきます。

 皆さまには、お仲間はもちろん、ご夫婦、親子での参加を歓迎いたします。

【日時】 2020年4月18日(土)

【会場】 伊藤忠 霞ヶ関会議室 or 大崎会議室

【テーマ】 やわらかく入門してちょっと応用まで −3−
 自分ごとのSDGsの感度を高めるためのワークショップを体感しませんか


【問題提起】
 杉原 亨 (関東学院大学 高等教育研究・開発センター准教授)
 野村 典文 (伊藤忠 テクノソリューションズ技監)
 遊佐 美恵子 (朝日新聞 東京本社NIE事務局)

【協力】
 白銀 泰 (朝日新聞東京本社 NIE事務局長)
 渡邊 桃伯子 (ともクリエーションズ 代表取締役)
 光村 剛 (大妻中野中学高等学校 教諭企画室長)
 黒沼 靖史 (聖徳大学附属女子中学高等学校 美術教諭)
 神戸 悟 (大学入試リサーチャー)
 中村 勝之 (桃山学院大学経済学部 教授)
 椿 仁三 (千葉県立小金高等学校 教諭)
 江連 千佳 (津田塾大学総合政策学部 1年)


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 13:00 | TrackBack(0) | 月例会

2020年04月08日

会報 『BIG EGG』 2020年5月号 発送作業

会報「BIG EGG」は、当面は事務局にて発送いたします

環境が整い次第、お力添えをお願いいたします。


posted by fmics at 01:26 | TrackBack(0) | 会報発送作業

2020年04月02日

不測(不足)の事態にこそ

 人類の歴史は経済活動の拡大に伴う地域間交流と不測の事態との戦いの歴史でもある。不測な事態の代表的なものは戦争であるが、感染症も不測の事態をもたらす。まさに今の状況は人類がこれまで格闘してきた感染症との戦いの再現であるともいえる。

 感染症とは直接関係はないが、こうした経済システムにおける不測の事態に陥った際に持ち出される2人の偉大な学者、それがJ.M.ケインズとJ.A.シュンペーターである。ケインズについては以前話させてもらったが、ここでは再登場してもらおう。

 ケインズ登場以前の経済学の世界では、(短期的には)すべての市場、とりわけ労働市場が需給変化に対してスムーズに調整される状況が前提されていた。1929年に起こった「世界恐慌」においても同様のスタンスであった。これは歴史が証明する事であったが、当時の経済学者が想定してた市場の調整機能は働かなかった。ここで詳細を語るのは避けるが、ケインズは労働市場が需給調整を帰納しない世界を想定したときに何が起こるのかを明らかにした。そして、不測の事態の招来に際して政府の財政出動が極めて重要であることを明らかにした。

 いま、現政権が今般の事情に際して生活に困窮する個人や中小事業者を対象に現金給付を議論している。ここで重要な論点は、対象とする個人・事業主を何らかの基準で区別するか否かである。感情論的にはそこまで困窮していない人々にまで支給対象とすることに反対する論調があるが、ケインズの着想で言えば、支給対象を区分しても全員一律支給としても、結果は変わらない。たとえば、100の人口を抱える国があって、何らかの事情で生活に困窮事態に陥ったとする。このとき、政府が総額100だけの現金を所得補償として給付する状況を考える。もし全員に一律支給すると、一人当たり1だけの現金が支給される一方、事情を精査して10だけの人口を選べば彼らに10だけの現金を支給することになる。いずれの場合も人々が支給された現金のうち60%を実際の生活維持に充当したとすると、一律支給も選択支給も60だけの消費が増えることになる。この消費増加が巡り巡れば、結果的に国全体で150の所得が増える計算になる。誰に給付しようが総額が変化しない限り結果は一切変わらない。これはマクロ経済学の教科書でいう「乗数効果」の教える所である。

 ただし、現金給付という財政出動はそのきっかけに過ぎない。それをもらった瞬間にどう使うのかが問題となる。「将来のために残しておこう」では何にもならない。ケインズが今も生きているのなら、「誰が給付をもらおうと問題ではない。もらった給付はどんどん使え!」と叫んでいるだろう。

(中村 勝之)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:中村 勝之
posted by fmics at 18:04 | TrackBack(0) | 巻頭言

「自分」株式会社

 日本経済新聞(2020年3月31日)「大機小機」にて新型コロナウイルス流行の影響による入社式の中止や延期、自宅待機となった新入社員へ向けて、カナダ・ヨーク大学のモシェ・ミレブスキー教授が「人生100年時代の資産管理術」という本で表した言葉を紹介している。

 一人ひとりが「自分」株式会社の最高経営責任者(CEO)兼最高財務責任者(CFO)として、その企業価値を最大化していきなさい―とミレブスキー氏は教える。就職で文字通り「親」会社から独立し、結婚を機に「合併」。節目のライフイベントでは、配偶者や子どもなど様々な利害関係者も「役員会」での発言を求めてくる。どうさばくかはCEO兼CFOの腕次第。「自分」株式会社に込められた意味は、生涯にわたる長期の視野を持ち、経済的に自律(自立にも通じる)して生きることの大切さ。今その意識を強く持つよう勧めるのは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な流行)がいずれ去った後、世界経済も個人の価値観も大きく変質しているからである。

 極端に落ち込んだ景気を支えるため、各国の政府は未曾有の経済対策を次々に打ち出している。難局を乗り切るため不可欠な財政支出ではあるが、コロナ禍が収まった後に残る膨大な借金をどうするのか。答えはまだない。これと別に、パンデミックのなか一気に普及した遠隔勤務も、働き方を不可逆的に変える可能性がある。経済的にも働き方の面でもより自律した個が求められ、それが「コロナ後」の世界観であると説く。最後に「自分」株式会社の資産を増やすには、自分という人的資本に投資を続けながら、リスクをコントロールし賢くお金を増やしていくことが大切である。最良のCEO兼CFOを目指し、まずは学ぶことから始めようとエールを送った。

 ノーベル医学生理学賞の山中伸弥・京都大教授は、13日開設されたホームページ「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」にて「新型コロナウイルスとの闘いは短距離走ではありません。1年は続く可能性のある長いマラソンです」「ウイルスとの闘いは、有効なワクチンや治療薬が開発されるまで手を抜くことなく続ける必要があります。(中略)社会崩壊も、医療崩壊も起こらない形で、(新しい現実を)ゆっくりと受け入れる必要があります」と述べている。新しい現実を受け入れる4月のスタートとなった。

(宮本 輝)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:宮本 輝
posted by fmics at 18:02 | TrackBack(0) | 巻頭言

【中止】会報 『BIG EGG』 2020年4月号 発送作業

<2020/3/31 更新>
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、今回の発送作業も事務局メンバーにて分散して行い、日能研 恵比寿ビルでの作業は中止します。

●FMICSの運営は、会員のボランティア作業によって支えられています。毎月の会報の発送作業も、その大切な活動の1つです。早い人はお昼過ぎから作業を開始し、夕方になると職場から一人また一人とメンバーが駆けつけます。

【日時】 2020年4月2日(木) 午後6時〜9時+食事会


続きを読む
posted by fmics at 18:00 | TrackBack(0) | 会報発送作業