2020年06月27日

FMICS 6月例会(第726回例会) 学生に選ばれる大学になる part1 大学のオンライン授業 今 ホットな最前線を取材しました

 今般の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、6月例会もZOOMミーティングによる開催といたします。なお、月例会終了後、午後9時30分から30分間、Breakoutsessionをセットいたします。

 問題提起は、前「大学ランキング」編集長で朝日新聞社教育総合本部教育コーディネーター・朝日新聞EduAアドバイザーの中村正史さまにお願いいたします。
 中村さまが主筆の記事です。ご参加に当たっては、必ずお目通しください。
立ち入り禁止でも授業は止めない 立教大経営学部の覚悟とは
ICUが全授業オンライン化にいち早く踏み切った舞台裏 新学長が明かす
コロナ前にはもう戻れない 「20年板書」教員の新境地
慶応SFCの「最高の授業」がスタート さっそく記者も聴講させてもらった
困窮する留学生を救え! 半数が留学生のAPUで卒業生が食糧支援に立ち上がる
東洋大入試部長の加藤建二さん「一般選抜は通常通りにはできない可能性が高い」
同志社大学入学センター所長の多久和英樹教授「何があっても大学は必死で対応する」
広尾学園中高校長の南風原朝和さん「大学や入試センターの対応には限界、『思考力評価』が足かせに」

■中村さまからのメッセージ
 新型コロナウイルスによる非常事態宣言で大学のキャンパスは封鎖され、多くの大学はやむを得ずオンライン授業に切り替えました。一時しのぎと思っている教職員が大半ですが、コロナがいったん収束しても再び流行する可能性があります。対面授業を前提としていた大学にとっては未曽有の危機です。
 オンライン授業への対応のスピード、熱意は大学・学部によってまちまちで、対面授業に近いインタラクティブな授業を展開しているところ、大学執行部からの指示で仕方なく形だけのオンライン授業をしているところ、対面授業が再開されるのをただ待っているところなど、取り組みの「格差」が広がっています。
 この差はどこから生じるのでしょうか。さまざまな大学の現場を取材していくうちに、興味深いことに気づきました。オンライン授業への対応、学費減免を求める学生への対応など、新型コロナへの対応は、ふだんは見えにくい大学の本音や本当の姿が出てしまいます。その大学が本当は何を大切にしているのかが白日の下にさらされるのです。
 大学教員はオンライン授業の経験などない人がほとんどで、Zoom を使うのも初めてという人ばかり。学生のWiFi環境や学内のLMSへの負荷など様々な課題に直面しました。
 しかし、やむを得ず取り組み始めた教員の中から「やってみたら意外に使える」「対面授業より効率がいい面がある」「今までの自分の授業とは組み立てをガラリと変えた」「自分の授業を見直すきっかけになった」といった声が出ています。「今までは授業中に学生がこっちを見ているから、ちゃんと授業ができていると自分で思い込んでいただけではないか」と語る教員もいます。
 一方で、実験や実習、体育や実技にオンラインは向きません。そしてオンライン授業の最大の短所は、キャンパスで人と人とがつながる「場」が持てないことです。大学は授業以外にも大事な要素があります。結局、「大学とは何か」という問いに直面するのです。


【日時】 2020年6月27日(土)
 研究会 午後8時〜9時30分
 Breakoutsession 午後9時30分〜10時

【使用媒体】 Zoomミーティング

【テーマ】 学生に選ばれる大学になる part1
   大学のオンライン授業 今 ホットな最前線を取材しました


【問題提起】
  中村 正史 ( 前「大学ランキング」編集長
    朝日新聞社教育総合本部教育コーディネーター 朝日新聞EduAアドバイザー)

 コメンテーター
  中村 勝之 (桃山学院大学 経済学部教授)
  森際 孝司 (京都光華女子大学短期大学部 ライフデザイン学科教授)
  宮下 明大 (立命館 東京キャンパス所長)
 司会
  高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加費】 会員1,000円(年会費を完納している場合は無料) 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込&問合先】 yoneda(アット)fmics.org 担当:米田敬子
 参加定員 30名
 申込締切 2020年6月24日(水)
*参加エントリーをいただきますと参加費の入金を確認の上、当日、ZOOMミーティングのご招待をいたします。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | 月例会

2020年06月21日

出光ゼミ 99

★1年ほどお休みしていた勉強会「出光ゼミ(FMICS)」を、実会場とZoomミーティングの併用型で再開いたします。

●この勉強会の原理は極めてシンプルです。参加者がそれぞれにネタ(話題)を持ち寄り、みんなで議論します。ネタは、気になった新聞・雑誌記事、業務関連の資料、進めている仕事のアイデア、就活エントリーシートの原稿などなど、何でも構いません。ちょっとした事でも、他人の目に触れることにより思いがけない発見があるものです。ネタがなければ、近況報告だけでもOKです。

【日時】 2020年6月21日(日) 午前9時30分〜11時30分 + 昼食会

【実会場】 横浜市山内地区センター 会議室3A
  東急田園都市線・横浜市営地下鉄 あざみ野駅徒歩3分
  (横浜市青葉区あざみ野2丁目3−2 山内図書館と同じ建物で別の入口です)
  ※案内表示は「フミックス」です。

【Zoomミーティング】 ID等は申込まれた方に追ってお知らせします。

【参加費】 実会場の場合100円 + 昼食会1500円程度(収入による増減あり)

【申込】 naoki(アット)idemitsu.info (出光直樹@横浜市立大学) まで、お名前・ご所属・参加形態(会場かZoomか)をお知らせください。なお会場参加は、私を含めて4人までに制限されます。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

2020年06月10日

日本にとって最強の「戦略物資」は何か?

 今般の事情からか、世界史上の感染症に関する書籍が売れているようだ(かく言う私も、既に何冊も買い込んでいる)。

 一方、去る5月23日にオンラインで行われた例会で登壇者が半導体に関わる生産やシステムが国家にとっての「戦略物資」となっている状況を、驚きをもって語っておられた。それに思わず噛みついてしまったのだが、地域間交流という名のグローバル化が当然の中にあって、どういう部分に国家としての強みを見出していくのか? それは国家戦略として当然のことであるし、経済学者間で珍しくコンセンサスが成立している部分でもある。

 地域間での物流をするにあたって、どうすればwin-winな関係となるのか? 双方で競合しうるモノを流通させるのであれば双方で排撃運動が起こる(アメリカと中国との「貿易摩擦」が記憶に新しいところ)し、排撃が起こらなくても双方の市場機能(≒消費者の購買行動)によって優劣がやがて定まる。そうすると、単純な発想としては、双方の弱点を補完するようなモノの流通が実現すればいいのではないか? 逆から見れば、双方にとって(強化した方がいい)強みはどこかを明らかにできればいいのではないか? そうだとすると、強みや弱みを判断する基準は何か? それが「比較優位」という考え方である。これは自国(あるいは自地域)内にある産業のうち、どれが低コストで生産できるかで判断される。思わず「外国と比較しなくていいのか!?」と言いたくなるが、そうではないということをイギリスのリカードという経済学者がエレガントに証明した。人は本源的に居住する地域の自然的条件とその中で脈々と受け継がれてきた生活様式を与えられたものとして今の行動を決めている。そして、その形は地域によってさまざまだろいうのは容易に想像がつく。つまり、自然的条件と生活様式(≒歴史的条件)が全く同一な複数の国を見出すのは無理なのであって、その意味において、地域間の物流という観点から他国と比較することに意味がないのである。そう考えるとき、IT産業の立ち遅れを挽回する「国家戦略上」の目的で小学校においてプログラミング教育を導入している姿は滑稽に映ってしまう。

 比較優位は居住する地域の自然的・歴史的条件から滲み出てくる、他国との比較が不可能な概念である。であるならば、日本独自のオリジナルなものは何か?これこそが、日本にとっての最強の「戦略物資」である。

「じゃあ、その最強の『戦略物資』とは具体的に何だ!?」
「さぁ、『今月の本』を読んだらヒントが掴めるんじゃない?」
「そんな無責任な!」
「偉大なる無責任的存在が大学教員さ」

(中村 勝之)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:中村 勝之
posted by fmics at 18:04 | TrackBack(0) | 巻頭言

あなたも思わず「なんでやねん」

 関西人が普通に言えない言葉でお馴染み、「関西電気保安協会」のWEB動画『ある日突然関西人になってしまった男の物語』がSNSで「笑った」「嘘やと思うやろ? 全部ホンマやねん」など盛り上がりを見せているとのこと。これは同協会が公式YouTubeチャンネルにて3月2日から順次公開していた連続ショートコメディドラマ。4月17日全12話がまとめられた完全版が公開。

 ストーリーは関西とは縁もゆかりもない男、西尾学(西を学ぶ)がある日突然「関西人」になってしまったことで起こるエピソードを「関西あるある」を盛り込みながら描いたもの。2020年5月10日毎日新聞日曜くらぶ「スポニチ発深よみエンタプラス」のコラムでも取り上げていた。

 『第2話で医者に駆け込む西尾青年。「ホテル?」と聞かれ「♪ニューアワジ〜?」と返答、「とんかつとんかつ?」と聞かれ「♪KYK〜」と返答、「お仏壇の?」と聞かれ「♪浜屋〜」と返答。いくつもの関西ローカルCMの楽曲をパブロフの犬のように自然と受け答えしてしまう。医者から出された診断は「急性の関西人やね・・・知らんけど」。ええかげんすぎる展開に笑いがこみ上げる。

 鉄板のフレーズも健在。「♪かんさい〜でんき、ほ〜あん、きょ〜かい」のメロディは関西人にとっては、土曜お昼に吉本新喜劇を見ながら焼きそばを食べるという組み合わせくらいなじみが深いとのこと。同社によるとテレビCMは1976年にスタート。77年からこのサウンドロゴを使用するようになったという。

 テレビ版のCMはこれまで約140本を製作、ウェブ版は4作目となる。今回は「ストーリーをどうつなげるのか展開が難しかった」(同社関係者)と半年間かけて入念に製作。「保安協会が何の仕事をしているのか分からないイメージが強いけど関西では身近な存在。社会のインフラを支えているというメッセージを伝えたかった」(関係者)。同社は電気設備の点検や保安管理を行っているが、44年にわたりCM放送する業務内容を理解している関西人は少ないように感じる。ただ強烈なインパクトだけはあるのでCMとしては大成功。刷り込みをさらに推し進めるため黄色いヘルメットがトレードマークの同社社員も出演中。ニヤニヤできるCMは来年以降も続くはずで、さらに急性関西人が増えることは間違いない・・・知らんけど。』

 大阪弁をしゃべる猫がコロナウィルスに説教するという猫姉妹ちゃんねるさんが公開している動画も話題、さっそく「なんでやねん!」のツッコミの一つも入れたくなってしまった。

(宮本 輝)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:宮本 輝
posted by fmics at 18:02 | TrackBack(0) | 巻頭言