2017年02月16日

FMICS 2月例会 (第683回例会) 売り手市場 どうなる就活2018 就活を勝ち抜くために きみと大学は何をしたらいいのか

■高等教育問題研究会 FMICS 2月例会は、制度設計が劇的に変わりつつも売り手市場の就職戦線を、学生は、空元気の自信ではなく、叩かれてもめげない本物の自信をもって戦い抜くのか、大学には、学生の可能性を本物にするために何をすべきなのか等について参加の皆さまと一緒にグループワークの中で考えます。

■話題提供は、日経新聞 日経カレッジカフェ副編集長の渡辺 茂晃さんです。コメンテーターは、立命館 東京キャンパス所長の宮下 明大さん、東京成徳大学 学生生活課長の寺田 稔 さん、明治大学 文学部史学科3年の新倉 明日香さんです。

■就活中の学生さんには、引っ込み思案は無用です。どんどんと街に出て、自分の可能性を磨くための他流試合に臨んでください。

■空元気の自信を身につけさせるキャリア教育は、もはや少子化の時代には通用しません。大局観ある出口戦略の構築の必要性が問われています。大学関係者の皆さまには、関係者の皆さまは勿論、お仲間と学生に声を掛けられてご参加ください。

■渡辺さんからの一言
 働き方改革や女性活躍推進、同一労働同一賃金、生産性向上など、これから働き方は大きく変わります。長時間労働による過労死や女性の地位向上、正社員と非正規社員の格差、働き手の減少など、さまざまな問題を解消するために国や企業が本気で取り組み始めようとしています。社会や企業、働き方が大きく変わろうとしてる今、これまでと同じような就職活動を続けていても大丈夫でしょうか。
 また、大学も従来通りの就職支援を続けて、本当に学生のためになるのでしょうか。就職活動をする学生も、学生を支援する大学も新たな視点を持って就職活動を見る必要があるのではないでしょうか。これからの就職活動の進め方や企業選びを一緒に考えてみませんか。


【日時】 2017年2月16日(木)
 月例会 午後7時〜9時(受付 午後6時30分)
 懇親会 午後9時〜10時30分

【会場】
 月例会 学校法人立命館 東京キャンパス (サピアタワー8階)
☆「サピアタワー」のセキュリティの関係から午後6時30分〜7時に、3階総合受付ゲート前で、「入館カード配付」をスタッフがお渡しします。時間厳守でのご参加をお願いいたします。

 懇親会 パパミラノ・サピアタワー店 (サピアタワー3階)

【テーマ】 売り手市場 どうなる就活2018
   就活を勝ち抜くために きみと大学は何をしたらいいのか


【問題提起】 渡辺 茂晃 (日経新聞日経カレッジカフェ 副編集長)
 コメンテーター
  宮下 明大 (立命館東京キャンパス 所長)
  寺田 稔 (東京成徳大学 学生生活課長)
  新倉 明日香 (明治大学 文学部史学科3年)
 司会
  高橋 真義 (桜美林大学 大学アドミニストレーション研究科教授)

【例会参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
*お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
*当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 19:00 | TrackBack(0) | 月例会
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178659629
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック