2020年03月21日

速報 関西FMICS 3月FORUM 教育を開発する 〜21世紀の大学・教育・教職協働〜

 18歳人口90万人時代がやってきます。

 「55%でほぼ頭打ち」と云われた大学・短大進学率は、2019年には57.9%に達しました。「2018年問題」がささやかれた2009年には68.6%だった大学短大専修学校進学率は、70.7%と、さらに伸びました。入学定員遵守の厳格化とも相俟って、定員を満たす大学は増え、”倒産の危機”が遠のいたかに見えます。

 一方、大学にとって、拡大し続ける入学者の学力域に対応する教育力の獲得は、競争力を左右する、重要なコンテンツとなりました。

 令和最初の関西FORUMは、大学教育の最前線で、教員として活躍する三氏を招き、大学教育の現状・課題・可能性、そして教職協働を考えます。

 発表者は、職員を経験した教員で構成されます。乾明紀さんは佛教大学で、清水栄子さんは安田女子大学で、FMICS初登場の田中岳さんは、京都精華大学で職員を経験されています。

 ディスカッションでは、これまでとは違う角度から、大学人論の再構築にチャレンジしてみたい。FORUMのあとは、近江牛のすき焼き。そして、夜プロは、恒例の全員発表です。

【日時】 2020年3月21日(土)12時30分 受付開始 〜 22日(日)

【会場】 大谷大学 湖西キャンパス・セミナーハウス
 滋賀県大津市雄琴3丁目33−3 Tel 077-578-6600
JR京都駅にて湖西線に乗車、おごと温泉駅下車 徒歩10分、
または、おごと温泉駅から江若バス・仰木の里線(内 左まわり)に乗り「大谷大学グラウンド前」下車すぐ。


【テーマ】 教育を開発する 〜21世紀の大学・教育・教職協働〜

【発表者】
  乾 明紀 (京都光華女子大学 キャリア形成学部准教授)
  清水 栄子 (追手門学院大学 基盤教育機構准教授)
  田中 岳 (東京工業大学 教育革新センター副センター長・教授)
  
 総括 志垣 陽 (関西外国語大学 大学評価・IR室長)

【参加費】 FORUM 2,000円  PARTY 5,000円  オールナイト 4,000円

【問い合せ先】 滝川 義弘 (大谷大学 キャリアセンター 075-411-8118)
   tacky(アットマーク)sec.otani.ac.jp

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 13:00 | TrackBack(0) | 関西FMICS
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187026970
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック