2021年11月04日

ランチェスター戦略に見る「真ん中の悲劇」

 経済学には「規模効果」というものがある。通常、生産拡大を狙う企業は生産量を大きくしようとする程経費もどんどん拡大する「費用逓増」の状況に直面する。結局、生産拡大の結果実現する収益増と増えた経費とのバランスを考えざるを得ない。因みに、経費を生産性に置き換えれば、生産拡大を考えてもそこまでの生産性向上が望めない「限界生産物逓減」の状況と同値である。冒頭の規模効果とは、生産拡大を考えても費用の増加の程度が軽減される、生産性で言い換えればどんどん生産性向上が望める「限界生産物逓増」の状況を表す。ただし、規模効果を発揮するには扱われる財・サービスの特殊性や企業規模の影響を受ける。

 さて、大学業界においてもこの規模効果が発揮される場合があると言われている。その規模とは学生の在籍者数1万人を超える大学である。文科省に拠る諸策が所謂大手私学に有利に働くのは、おそらくこの規模効果の影響が大きいと考えられる。そして、在籍者数3千人未満の大学は文科省の諸策を忠実に実施する程に経費が掛かり、状況が改善するどころか悪化することが懸念される。こう考える時、規模効果の期待できない弱者である小規模大学が活き残るための戦略のヒントは、確かに「ランチェスター戦略」に帰着すると言ってもいいだろう。

 ただし、このランチェスター戦略を安直に受け止めるべきではない理由が少なくとも3つある。1点目は、在籍者数7千人程度の所謂中規模大学においてランチェスター戦略を取る余地が(小規模大学に比べて)小さいと考えられる事である。ならば、規模効果を発揮できるようになるまで規模自体を大きくしなければならないが、そのいずれを採用しようとも、それに伴う経費増はバカにならず、結局の所、(財務状況に代表される)体力勝負にならざるを得ない。それに耐えうる大学がどれだけあるのか、甚だ疑問である。2点目は、仮にランチェスター戦略で上手く生き残れたとしても、生き残った先の戦略は別の物を立案しなければならない事である。悲しいかな、人も組織も改革の初期段階では膨大な熱エネルギーを発散させるが、早晩消えていく物である。消える熱エネルギーを充填するには別なエネルギー源からの補填が必須である。所謂「エネルギー保存の法則」が如何なく発揮される。その別のエネルギー源がこれまでの組織維持に必須のものである程、体力維持が難しくなる事も、エネルギー充填に焦って当初の戦略が歪められる事も容易に想像がつく。

 そして3点目は、組織変革には人のエネルギーが必須であるのだが、「戦略」という言葉を妄信する余り、それを実行する人のエネルギーの結集を疎かにしがちになる事である。このとき、小規模大学であれば人のエネルギー結集にそこまでの労力を費やす必要はない。放置すれば生活の糧が奪われてしまうのだから。一方、規模効果の働く組織であれば、人のエネルギーがバラバラでもクリアできてしまう。それがまさに規模効果だから。そう考えると、中規模大学のエネルギー結集が一番難しいという事になる。中規模大学はランチェスター戦略を採用する小規模大学からの突き上げ圧力は(少なくとも現時点で)強い訳でもないが、さりとて、規模効果を発揮するまで規模を拡大するだけの体力に乏しい。よって、中規模大学が採用しがちになる戦略は「現状維持」に帰着する。ここに、かつて私の発言で一時期FMICSにおいて流行った「真ん中の悲劇」が出現する訳である。

 もし、中規模大学においてランチェスター戦略を立案するとしたら、どうすればいいか? 私ならば、組織内の「有能な人材」を集めて彼らに自由に動いてもらう。ここで注意しなければならないのが「やる気のある人材」の登用には慎重になるべきだという事である。かつて本欄でも述べたが、「やる気のある無能な人材」が組織にとって一番邪魔である。その邪魔な存在を、ランチェスター戦略の実行部隊の中核に入れるのは自殺行為だと言っても過言ではない。その意味で、組織中枢にいる人が現場で動く人材の技能をどこまで的確に把握しているか、戦略立案の前段階で是非とも意識しておきたい事項である。

(中村 勝之)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:中村 勝之
posted by fmics at 18:04 | TrackBack(0) | 巻頭言
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189150513
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック