2019年05月25日

速報 5月のFMICS デジタル社会(ロボット、AI時代)に求められる人のイノベーション

【日時】 2019年5月25日(土)
  受付:午後3時30分  研究会:4時〜7時

【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス SY304教室
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 AI入門講座 −3−
  デジタル社会(ロボット、AI時代)に求められる人のイノベーション

  〜デジタル時代に人はどう変われば良いのか そのための人の育成とは何か〜

【問題提起】
  野村 典文 (伊藤忠テクノソリューションズ(株)広域・社会インフラ事業グループ技監/博士・数理情報学、技術士・情報工学部門/早稲田大学非常勤講師)
 新たな産業革命とも称されるデジタル社会に変化していく世の中で、人は将来への希望と不安を抱えながら時代が流れるままに生きています。しかし、この変化は今までとは比べものにならないスピードでおきています。今まで人が行ってきた多くの仕事は、やがてロボットやAIに取って代わられると言われてすでに3年以上が立ちます。しかし、その準備や人の育成を具体的に考えて行動している機関や組織は未だ多くありません。その理由は、デジタル社会を支える仕組み(AIはその一つ)の本質(データが中心)を理解できる人が少なく、今までの教育体系ではカバーしきれないということが背景にあるような気がします。つまり、人の育成が最大の課題であり、これを克服しなければ希望を持てる新たな世界が訪れないことになります。

 今回は、AI時代に求められる人とその育成をテーマにします。さらに、単なる座学ではなく、全員参加型のワークショップ形式で実施します。まず、AI時代に社会がどのように変わるのかを最近の事例を中心にインプットします。その後、人はどのように変われば良いのか、そのために必要な教育(学校だけではなく、社会人のリカレント教育も含めて)とは何か。皆さんでアイデアを出し、議論しながら考えていくことでAIやデータサイエンスの本質も学ぶことができると考えています。

□課題図書
 そもそもAIはデジタル社会を築くの道具の一つに過ぎない。つまりデジタル社会とはどのような社会なのかという点を事前に学習しておいてほしいと思います。そのために以下の2つの本を推薦します。
日立東大ラボ『Society5.0 人間中心の超スマート社会』日本経済新聞出版社
此本 臣吾、森 健、日戸 浩之『デジタル資本主義』東洋経済新報社

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:野村 典文
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2019年04月27日

FMICS 4月例会(第712回例会) AI入門講座 −2− 教育×AIの今 AIと共生するって、こういうことなのか!

 大学は、可能性の塊の学生が、AI時代を強かに活き抜くためのファンダメンタルズを身に付ける「安全な場」でなければなりません。AIの時代、変化は指数関数的にスピードアップしていきます。もぉぉぉ、AIに対して、私たちが食わず嫌いであってはなりません。
 指数関数的に拡大していくAIという新しい能力をいかにコントロールし、どのように人間の文化としていくか,現代はAIの能力と同時に,人間の本質が問われている時代でもあるのです。
   松原 仁(2018)『AIに心は宿るのか』集英社インターナショナル新書 164p

 AIアレルギーを払拭するために、3月、4月、5月の3回、基礎の基礎をしっかりと勉強いたします。皆さまには、お仲間をお誘いの上ご参加ください。フレッシュな大学人の皆さま、学生さんには、特にお勧めいたします。今回は、ご参加と皆さまと「カード出し」手法により、AIと共生することの意味を実践的に深化いたします。

 なお、ご参加にあたり、4月17日(水)「FMICS BOOK PARTY」の指定図書である 田中潤・松本健太郎(2018)『誤解だらけの人工知能−ディープラーニングの限界と可能性』光文社新書 を一読されますことをお勧めいたします。

 4月の問題提起は、(株)増進堂・受験研究社 NEXT LEARNING Labs 主任研究員/(株)デジタル・ナレッジ eラーニング戦略研究所 主任研究員の岡田健志さんです。

■岡田さんからのメッセージ
 AI(人工知能)関連技術はいまや身近なものになっています。一方で、一つひとつのサービスにどのような技術がどのように応用されているか具体的なイメージをしている人は少ないというのも実情です。様々な展示会などでAIを使ったサービスを目にすることができますが、その中身を想像して説明員と密な情報交換ができる人は少ないのです。

 さらにAIリテラシーが不足している人がまだ多い、という問題とは別に、AI関連技術に関して開発ができる人材不足も深刻な問題となっています。AIについては、政府が3月27日付けで「AI人材年25万人育成へ/全大学生に初級教育」という目標を掲げています。ここで考えなければならないのは、AIとの向き合い方にも様々な層があるということ、またそれぞれの立場でどのような技術・リテラシーが必要なのかということも含めた「大局観」です。全ての人間が開発者になる必要なありません。

 そこで、今回のワークショップでは、参加者の皆さんと一緒にAI関連技術について学びながら、「AIサービス提供者に対して的確な質問ができるようになる!」ことを目標とします。それによって、今後、AI技術に対して「学び続ける」ための基礎的なリテラシーが身につくと思います。

 『AIと共生する社会』や『AI人材』が求められている現代。まず、「身近なAI技術」「教育に転用できるAI」というものがどのようなものなのか、社会一人ひとりが知っておくことが重要です。実際にAIを使った教育サービス設計をしている立場から、身近で具体的な話をさせていただきます。「なぜ急に囲碁AIは強くなったのか」「AI搭載と非搭載の掃除機のちがい」など、サービス設計裏話なども紹介します。技術の話が出てきますが、すべて身近な例・図で説明しますので、数式は一切出てきません。技術の「処理の仕方」ではなく、「どんな技術なのか」「技術の在り方」が重要だからです。

 この機会に、「AIと共生するって、こういうことなのか!」という実感を得ていただければ幸いです。


【日時】 2019年4月27日(土)
   受付 午後3時30分
  月例会 午後4時〜7時
情報交換会 午後7時10分〜8時40分


【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス SY306教室
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 AI入門講座 −2−
 教育×AIの今 AIと共生するって、こういうことなのか!


【問題提起】
  岡田 健志 ((株)増進堂・受験研究社 NEXT LEARNING Labs 主任研究員/(株)デジタル・ナレッジ eラーニング戦略研究所 主任研究員)

【ファシリテーター】
  米田 敬子 (文教大学生活科学研究所客員研究員)
  高橋 真義 (桜美林大学名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
 *当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2019年03月19日

FMICS 3月例会(第711回例会) AI入門講座 −1− AI(人工知能)は悪魔を生むのか?

 AIが実装されたこれからの時代、人間がAIのしもべにならないために、人間のすべきことのほとんどはアイデアを考えることになります。
 新しい情報を取り入れ、それらを組み合わせたり、深く考えるために、私たちは、常に勉強をしながら生きていかなければなりません。
 勉強することを楽しむ。AIのせいで勉強を強いられる人生にするのではなく、AIのおかげで勉強を楽しむ人生にする必要があるのです。
 小川仁志(2019)『AIに勝てるのは哲学だけだ』祥伝社 174-175p 要約

 大学は、可能性の塊の学生が、勉強を楽しみながらAI時代を強かに活き抜くためのファンダメンタルズを身に付ける「安全な場」でなければなりません。
 大学人は、AIを小中高人に比べて冷ややかに見ているのではないでないでしょうか。時代は急です。私たちが食わず嫌いであってはならないのです。AIアレルギーを払拭するために、3月、4月、5月の3回、基礎の基礎をしっかりと勉強いたします。
 皆さまには、お仲間をお誘いの上ご参加ください。フレッシュな大学人の皆さま、学生さんには、特にお勧めいたします。

 なお、ご参加にあたり、 田中 潤・松本 健太郎 (2018)『誤解だらけの人工知能−ディープラーニングの限界と可能性』光文社新書、三宅 陽一郎(2017)『なぜ人工知能は人と会話ができるのか』マイナビ新書 を一読されますことをお勧めいたします。

 3月の問題提起は、勉誠文化情報研究所長・前同志社大学教授・統計数理研究所名誉教授の村上征勝さんです。村上さんは、統計学を芸術の世界に取り込まれたわが国の第一人者です。

 村上さんからの問題提起です。
 人間がAI(人工知能)で悪魔を誕生させる。人間がプログラムし、データを入力するので、人間次第で、狭義のAIでも十分悪魔になり得る。
 ましてや、知性を持たない広義のAIの場合どうなるか?
 悪魔を作るのは人間 知能を育てる教育より知性を育てる教育を!!!

 AI(人工知能)は悪魔を生むのか?

 AI(人工知能)ブームである。日常生活のあらゆる場面でAIが活躍している。
 しかし、現時点のAIは自分では思考できない。この思考能力のないAIでも、用い方を間違えば、人間にとって害となる可能性は十分ある。もしそうであるならば、「自分で思考するAI」を誕生させることは、巨大な悪魔を生む事に?がるのではないか、とAIの進歩の先に大きな深い闇を見るスティーヴン・ホーキングやビル・ゲイツのような専門家もいる。
 技術の進歩・発展の流れは止めることができないことは歴史が示している。とすれば、技術進歩の先の闇を解消するのに最も重要なことは、人間の知性の涵養である。悪魔を作りだすのは実はAIではない。AIを作り出し、それを用いる人間である。AIの知能(知識の量)はいずれ人間を超える。したがって、知能重視の教育より、知性重視の教育への変換が、これまで以上に重要になる。


【日時】 2019年3月19日(火)
   受付 午後6時30分
  月例会 午後7時〜9時
情報交換会 午後9時10分〜10時10分


【会場】 日能研 恵比寿ビル 7階プレゼンテーションルーム
*1階に、子どものためのセレクトショップ「ちえの木の実」が入っているビルです。
恵比寿日能研ビル案内図

【テーマ】 AI入門講座 −1−
    AI(人工知能)は悪魔を生むのか?


【問題提起】 村上 征勝 (勉誠文化情報研究所・統計数理研究所 名誉教授)
       司会 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
 *当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 19:00 | TrackBack(0) | 月例会

2019年02月09日

FMICS 2月例会(第709回例会) 就活ルールの撤廃 したたかに頑張るために学生の君たちは何をしたらいいのか

■高等教育問題研究会 FMICS 2019年2月例会(第709回)をご案内いたします。

■「超売り手市場」といわれる中、就活ルールの制度設計が劇的に変わりつつあります。学生さんと学生さんを支援する担当者の部分的な問題である以上に、学生さんを VUCA WORLD と呼ばれる先の見通しが立てにくい社会に送り出さなければならない大学の存亡にかかる極めて大きな制度設計の変更です。大学は、小手先の出口戦略ではなく、今こそ、時代の先を読み切る大局観を持って総力をあげた戦略の構築が求められます。

■日経HRコンテンツ事業部長の渡辺茂さんとお三方のコメントを踏まえて、参加者の皆さまには本音ベースで意見交換をしていただきます。

■皆さまには、お仲間はもとより、一人でも多くの学生さんにもお声かけください。学生さんには、安全な場で、じっくりと他流試合、場数を踏んでいただきたいのです。

●渡辺茂晃さんからのメッセージです。
 厚生労働省と文部科学省が発表した2019年春卒業予定の大学生の就職内定率(2018年12月1日時点)は87.9%と、調査を始めた1997年以降で最高を記録しました。日本企業の業績が好調なため、求人数が就職希望者数を上回る状況が続いています。就活生にとっては内定を得やすく、企業にとっては内定を出しても辞退されることが多くなっています。
 そうした売り手市場が続く中、企業の採用活動の日程などを決めていた経団連が採用ルールの廃止を決めました。理由は、日本だけが新卒一括採用を基本と現行の採用日程では世界的な人材獲得競争に負けてしまう、経団連の会員企業以外はルールを守っていないなどです。現行の経団連主導のルールでも形がい化しているといわれていますが、それでも一定の採用活動については一定の歯止め効果がありました。ところが、経団連ルールが最後となる2020年卒者のルールを守る企業が減るのは確実で、政府主導で決めた21年、22年卒業予定者向けの採用ルールを守る企業はさらに減ってしまうでしょう。
 VUCA(ブーカ)が吹き荒れています。このような中で就職活動を強いられる学生たちは、勿論、大学関係者はどのような準備をして臨めばいいのでしょうか。ルールなき時代の就活はどうなるのでしょうか。今後の働き方の変化を含めて考えてみましょう。


【日時】 2019年2月9日(土)
     受付 午後3時30分
    月例会 午後4時〜7時
  情報交換会 午後7時15分〜8時15分


【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス 304教室
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 就活ルールの撤廃
    したたかに頑張るために学生の君たちは何をしたらいいのか


【問題提起】 渡辺 茂晃 (日経HRコンテンツ事業部長)
○コメンテーター
 興津 利継 (桜美林大学大学アドミニストレーション研究科非常勤講師・竹中工務店)
 宮下 明大 (立命館東京キャンパス 所長)
 山下 修平 ((株)リシェスインターナショナル 代表)
○司会 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)  

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
 *当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2019年01月17日

FMICS 1月例会(第708回例会) AIの進化に彷徨う大学教育を考える

■高等教育問題研究会FMICS 2019年1月例会(第708回)をご案内いたします。

■時代は大きく動き始めています。大学が主体的になれるかどうか。東大、早稲田はもちろん個々の大学が主体性を発揮しなければ、時代は切り拓いてはいけません。若者の未来を明るくするために、知恵を絞ります。
 後藤さんから事前課題をいただき、解説的に講演、その後は全員参加のグループワークです。1年間を元気元気元気に頑張るためのパワーを注入いたします。

■後藤さんからのメッセージ
 2018年1月例会では「果たして私大文系はいつまで存在するのか」を問うた。今回は、そのときに起こりうる教育はいかにあるべきかを問う。経済産業省では、2018年1月に「未来の教室」とEdTech研究会が立ち上がり、実証事業を展開し始めた。EdTechの導入、AIの進化が大学教育にどのような影響を及ぼすのかを解説しつつ、一緒に議論をしたいと考える。テクノロジーの進化は突然やってきて急激に拡大するのである。だからこそ、いまから先回りをして備えておく必要がある。

●主な課題図書(ほかにもたくさんあります)
『EdTechが変える教育の未来』 2018/10/19 インプレス 佐藤昌宏
『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる 学ぶ人と育てる人のための教科書』2018/11/29 小学館 落合陽一
『学校の「当たり前」をやめた。 ― 生徒も教師も変わる! 公立名門中学校長の改革 ―』2018/12/1 時事通信社 工藤勇一


【日時】 2019年1月17日(木)
    受付 午後6時30分
   月例会 午後7時〜9時
 情報交換会 午後9時15分〜10時15分


【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス Y305教室
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 2019年のミッション・パッション・アクション
    AIの進化に彷徨う大学教育を考える


【問題提起】
 後藤 健夫 (教育ジャーナリスト)
 司会 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
 *当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 19:00 | TrackBack(0) | 月例会

2018年12月22日

FMICS 12月例会(第707回例会) ボリュームゾーン大学のファシリティマネジメント

■昨年、高等教育問題研究会 FMICS 2017年8月例会のテーマは、「そんな事してたら 大学潰れちゃいますよ − 施設戦略の視点から − 」でした。もはや避けて通ることができない喫緊の課題であるにもかかわらず、これまで取り上げられることがほとんどなかった、学生数減少期の施設投資問題に切り込みました。

 今年2018年12月例会のテーマは「大学淘汰時代を生き残る ボリュームゾーン大学のファシリティマネジメント」です。人口減少時代、土地建物はもはや「不動産」ではなく「負動産」にもなるとも言われています。新しい校舎を建てる。果たして、新しい校舎は、学生募集の切り札になるのでしょうか。大学ファシリティマネジメントの基本の基本について、大学淘汰の時代を意識して整理します。使う人=学生がいなければ、建物=校舎はあっというう間に老朽化するのです。

 問題提起は、大学のファシリティマネジメントを研究されている桜美林大学大学アドミニストレーション研究科非常勤講師・竹中工務店の興津利継さんです。

■興津さんからのメッセージです。
大学、特にボリュームゾーンの大学にとって、18歳人口の減少は生命線を握る課題であり、大学が淘汰の時代を迎えつつあることは、多くの方が論じている通りです。
 教員も職員も手をこまねいている訳には行かず、何らかの努力をしておられると思います。しかしながら、その努力は“自分のチームでなんとかなる、手の届く” 範囲に留まってはいませんか?
 「ファシリティマネジメント(FM)はちゃんとやっている」という方も、長期修繕計画を立てて将来の必要予算を訴えるとか、新棟計画をFMの教科書に書いてあるように進めているとか、そういった場合が多いのかな……と思います。そして、大学の中でFMが施設関連の担当者だけの仕事と思われていることが最大の問題です。
 担当者は与えられた職務の範囲でしか答えが出せない。外から大きな方針や方向性が示されなければ、現状の研究教育体制が今後も続く前提で解答を考えてしまう。自発的には大学改革の構図に則ったファシリティ戦略などは描けないのです。
 施設、特に建物が持つ3つの特性、寿命が長いこと、財務負担が見えにくいこと、そして、階層 (※) 毎に可変性が異なることが驚くほど知られていないことも問題です(※は当日説明します)。
 淘汰の波に打ち勝つには、社会要請に合致し、卒業生からもご両親からも高い評価を得て、環境も学生にとって魅力あるものに映る…そんな大学であり続けなくてはいけません。


 月例会では、少し歴史を遡って大学経営が社会要請といかに乖離したのか、複数大学の財務諸表から見て危うい施設経営をしている大学がないか、大学設置基準から見て如何に大学の施設がバブリーか、等を例証しながら、大学経営の一員として持つべき常識感を共有していきたいと思います。

 これから到来する本格的な淘汰の波に向かっては、聖域なき改革が必要となる筈ですが、何が正解なのか、どんな正解があるのかは、皆さんで議論し実践していくべき事だと思います。そのきっかけとなる事例を交えながら、討議の時間も設けたいと思います。

【日時】 2018年12月22日(土)
   受付 午後3時30分
  月例会 午後4時〜7時
  懇親会 午後7時30分〜9時


【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス 305教室
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 大学淘汰時代を生き残るための
   ボリュームゾーン大学のファシリティマネジメント


【問題提起】
 興津 利継 (桜美林大学院 大学アドミニストレーション研究科非常勤講師/竹中工務店)
 司会 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
 *当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:興津 利継
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2018年11月17日

FMICS 11月例会(第706回例会) 大学淘汰時代を活きるボリュームゾーン大学の役割

■今こそ、入口・アンコ・出口のアンコのパワーアップを図らなければ、我が国の高等教育界は、確実におかしくなります。なぜか、行政は、この原理原則を無視したもっともらしい制度設計を矢継ぎ早に打ち出しています。

■FMICS 2018年11月例会は、8月例会・人事コンサルタント荻野恵市さん、9月例会・秋草学園短期大学秋草誠さん、10月例会・教育ジャーナリスト小林哲夫さん&社会学講釈師鷲北貴史さんの流れの集大成として、いよいよ大切にしなければならないボリュームゾーン大学(上位10%、下位10%以外の80%)の存在理由を確認することといたします。

■問題提起をされる難波俊樹さんは、「学び続ける力」を養うことにおいて、4年間の大学生活が必要であると言われます。特に、地域で生きるためにおいては、社会全体が小さいことから、いろいろなことに対応していかなくてはいけなりません。いよいよ、これからは、社会人生活が「大卒後48年」が標準になりますので、その長期にわたって不要な人材にならないためには、「生涯学び続ける力」が必要となるのです。

■大学で基礎力を4年間でみっちりと身に付ければ、奨学金を借りても割に合います。月10万円借りると、返済額が月2万円程度。正社員であれば返せます。奨学金地獄が大きな社会問題となったころは、非正規で都会に出たがることから返済できなくなったわけで、地元就職自宅通勤正社員であれば、地方の安い賃金でも問題ない金額です。
  • 母親の学歴と子供の学力は密接に相関します。
  • 生活保護者は学歴が低いほど増えます。
  • 生活保護家庭で育つと子供も生活保護受給者になります。
  • 東京で一人暮らしの人の生活保護費は12〜13万円です。年間150万弱、30年受給すると4500万円です。
  • 生涯を通して年収300万円であっても、40年間で1000万円程の所得税・住民税を納税することになります。
  • 1人が働き手になるか否か。生活保護を受けることになれば、国の支出は、ほぼ6000万円も変わってしまいます。
  • ボリュームゾーンの大学への補助金は、卒業者の数と生活保護率を考えると、国家の投資としては、高い効果があります。

 これらの視点から考えると、ボリュームゾーン大学は絶対に必要な存在であると言えます。勿論、今の教育内容でいいのかという問題を整理しなければなりませんが・・・。

【日時】 2018年11月17日(土)
   受付 午後3時30分
  月例会 午後4時〜7時
情報交換会 午後7時30分〜9時


【会場】 恵比寿・日能研ビル 7階プレゼンテーションルーム
   (会報発送作業で利用している会場です)

【テーマ】 大学淘汰時代を活きるボリュームゾーン大学の役割
 〜 そんな大学あったか大学にならないための存在理由 〜


【プログラム】
 解題 難波 俊樹 (日本アクティブ・ラーニング学会 理事)

 問題提起
  比留間 進 (嘉悦大学 監事)
  神戸 悟 (大学入試リサーチャー)
  椿 仁三千 (千葉県立小金高等学校 教諭)

 ディスカッション
  ファシリテーター 米田 敬子 (文教大学生活科学研究所 研究員)

 司会・総括 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
 *当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2018年10月27日

FMICS 10月例会(第705回例会) 大学が活き残るための条件 改革先進校の光と影

 教育ジャーナリストの小林哲夫さんは、『中央公論』2018年7月号の特集「地方大学・生き残りの条件」ルポ・就活支援、アクティブラーニング、読み書きソロバン/「改革先進校」の光と影で、9佼の「改革先進校」を取材されています。

 9校の成功要因は、1.大学の総意のもと組織的に改革を進めることができたケース。2.優れた教職員が教育の立て直しに向けて力を発揮できてケースとしている。

 教育改革を進める体制が組織的に整っていても、教職員に新しいチャレンジをする気概がなければ、大学は変わらない。昔ながらの役人気質の教職員がいる。

 それぞれの大学が、学生目線に立って、教員と職員とトップ、さまざまな制度がうまくかみ合ってこそ、教育改革は進む。しかし、このような大学は残念ながら少数である。

 進学率が5割を超えた今日、とくに学力面、性格面で多様な学生に対する教育をどうしたらいいのか。多くの大学が智恵を絞り、斬新なアイデアを出していくことを期待しつつ、小林さんが取材された9校のミッション・パッション・アクションを語っていただきます。

 成功要因2.の大学として紹介されている湘南工科大学非常勤講師・社会学講釈師の鷲北貴史さんには、授業で学生とともに校歌を大声で歌うことの効果を実証的に大いに語っていただきます。

 特別ゲストとして、小学校からアメリカで教育を受けてきた学生の有賀さんには、なぜ日本はアメリカの教育を過信・理想化しているのかについての持論を展開していただきます。

【日時】 2018年10月27日(土)
    受付 午後3時30分
   月例会 午後4時〜7時
 情報交換会 午後7時30分〜9時


【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス SY304教室
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 大学が活き残るための条件
    改革先進校の光と影


【問題提起】
 小林 哲夫 (教育ジャーナリスト)
 鷲北 貴史 (社会学講釈師)
 有賀 小夜子 コロンバス芸術大学 芸術学部イラストレーション学科
 司会 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
 *当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2018年09月29日

FMICS 9月例会(第704回例会) 定員の厳格化で小さな大学の学生募集は変わるのか 〜学生募集上手の『熱いキーマン』が語るワクワクする学生募集とは〜

■高等教育問題研究会 FMICS 2018年9月例会(第704回)をご案内いたします。定番となりました「ちいさな大学を本音で語り合う」シリーズを今年も、企画プロデューサーは、秋草学園短期大学の秋草さんです。

■大学の生き残りの戦いは、いよいよ、熾烈を極めます。空中戦における損害量の計算法則から導き出された「ランチェスター戦略」によれば、大は大の、小は小の戦い方があり、大が小に常に勝つとは限らないのです。小が爪先立って背伸びをしても大には勝てません。小がなし得る強力な戦略は、大学の主役で生きた資産であり、大学の未来のカギとなる学生の一人ひとりの可能性をきめ細かく引き出すことなのです。

■強い短期大学の学生募集について、「人」の存在に焦点を当てながら、小さいことは弱さではないこと、小さいところだからこそやるべきこと、やってはいけないこと等について、ご参加の皆さんと確認・整理をいたします。

■秋草さんからのメッセージです。
 昨年まで募集に苦しみ、定員割れしていた四大の学生募集担当の方々と話をすると同じような話が出てきます。定員を満たした瞬間から、学内には緩んだ空気が蔓延するというのです。学生募集担当者は、何も変わっていない状況で定員の厳格化が後押ししてくれた結果なので不安が残るが、学内には危機感がなくなるというのです。
 こんな話を聞いて、定員厳格化の恩恵をうけていない短大募集担当としては、「学生が集められない」とひとりで考えないで、外に出て多くの人からパワーを頂こうという場を作ります。参加者のみなさんのチカラをお借りして、元気、元気になれる FMICS にしたいと考えています。

■秋草さんの問題提起のあとに、参加者全員参加のグループワークをいたします。テーマは「学生募集について・一緒に働きたい人」です。皆さまには、大いに思うことを発言していただくようお願いいたします。各グループの代表に、グループが取り上げた話題を発表していただ、最後に、秋草さんに総括をしていただきます。

【日時】 2018年9月29日(土)
   受付 午後3時30分
  月例会 午後4時〜7時
情報交換会 午後7時30分〜9時


【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス 1階ホール
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 定員の厳格化で小さな大学の学生募集は変わるのか
 〜学生募集上手の『熱いキーマン』が語るワクワクする学生募集とは〜


【問題提起】 秋草 誠 (秋草学園短期大学 入試広報室長)
  司会 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2018年09月08日

FMICS 8月例会(第703回例会) 大学連携時代 〜道なき道を切り開く大学人の知恵と覚悟〜

■高等教育問題研究会 FMICS 2018年8月例会(9月上旬開催:第703回)をご案内いたします。

■大学倒産が非日常ではなくなります。文部科学省、財務省、内閣府(総務省)が、来たるべき時代を意識した大学改革案を出しています。
 私たちは、多くの改革案・政策を安直に額面通りに読むことなく、行間を読み切るほどのしたたかさが欲しいところです。功を焦って、浮き足だって、背伸びをすれば、必ず足下をすくわれます。最悪を想定して最善を尽くすという慎重さが求められます。学生の可能性を最大限に活かすことに誠心誠意忠実でありたいものです。

■荻野さんからのメッセージ
 今年度に入り、大学を取り巻く環境が騒がしくなってきています。6月に出された中教審の「中間まとめ」を皮切りに、補助金支給要件の見直し、授業料の無償化対象校の要件、大学の統廃合といった具合に、人口減少時代を意識した高等教育の質だけでなく、量や地域バランスに踏み込んだ、大学淘汰を視野に入れた大学改革案の様相を呈してきました。
 大学改革案が議論される中、日大アメフト問題や東京医科大の不正問題によって、大学運営方法や補助金を巡る文科省と大学との関係性について、国民からの厳しい目が大学業界に向けられることも出てきています。
 国から示される大学改革案をしたたかに活用し、大学のステークホルダーに支持される大学運営の原理原則が大事になってきそうです。
 例会では、厳しい現状を乗り切るため、「教職員間で自校の魅力共有は出来ているか」、「如何に地域内で自校の魅力を発信するか」、「自校の魅力の源泉としての教育」、「魅力ある教育の実践に必要な教育支援力」、「自校の教育につなげる他大学との連携」等の切り口で、皆さんの持論・極論・アイデアを共有する、近未来の大学業界について、気づき合える時間にしたいと思います。


【日時】 2018年9月8日(土)
  受付 午後3時30分
 月例会 午後4時〜7時
 懇親会 午後7時30分〜9時


【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス 1階ホール
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 大学連携時代
 〜道なき道を切り開く大学人の知恵と覚悟〜


【問題提起】 荻野 恵市 (人事コンサルタント)
 コメンテーター
  比留間 進 (日本体育大学 監事)
  菊地 勇次 (千葉大学 学務部教育企画課長)
  金成 泰宏 (和泉短期大学 教育・学習支援ユニットサブリーダー)
 司会 高橋 真義 (桜美林大学名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会