2017年10月21日

【速報】10月のFMICS 大学の宝物を見える化する 自校史の意外な使い方

自校史編纂をする大学は少なくありません。編纂の過程から見えるものと活用について考えます。

【日時】 2017年10月21日(土)

【テーマ】 大学の宝物を見える化する
   自校史の意外な使い方


【問題提起】 武田 秀司(拓殖大学 創立百年史編纂室)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:武田 秀司
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2017年09月30日

【速報】9月のFMICS 短期大学は生き残れるか

 7月24日に青山学院女子短大の募集停止のニュースが流れました。ニュースによるとピーク時には、志望者が8,535名いたそうです。以前から短大の募集については、閉塞感が漂っていましたが、このニュースにより一気に短大進学について、高校生や保護者に影響が出そうです。

 毎年、9月例会は小さな大学の募集について、様々な視点で話し合ってきました。今回は、短大の募集に絞って、参加者のみなさんとディスカッションしたいと思います。本当に短大募集の話しかできませんので、ご了承ください。

【日時】 2017年9月30日(土) 午後4時〜7時

【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 ディスカッション 短期大学は生き残れるか

【問題提起】
  秋草 誠(秋草学園短期大学入試広報室長)
  桂 健太郎(育英短期大学入試広報課長)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2017年08月04日

FMICS 8月例会 (第689回例会) そんな事してたら、大学潰れちゃいますよ! − 施設戦略の視点から −

<8/2追記> 既にたくさんの参加申込をいただいております!
 桜美林大学四谷キャンパス(千駄ヶ谷)306教室の収容定員枠を超えましたので、会場を1階ホールに変更いたします。お間違えなきようお願いいたします。飛び入り参加を歓迎いたします。


 今月は、もはや避けて通ることができない課題であるにもかかわらず、これまで取り上げられることがほとんどなかった、学生数減少期の施設投資問題に切り込みます。
 人口減少時代、土地建物は「不動産」ではなく「負動産」になると言われています。
 大学では「土地があれば建物が建つ」、新しい校舎を作れば、学生を呼び込むことができるという右肩上がりの良き時代の都市伝説が生きています。使う人=学生がいなければ、建物=校舎はあっという間に痛むのです。
 スピーカーは、ファシリティマネジメントを研究されている桜美林大学大学アドミニストレーション研究科非常勤講師・竹中工務店の興津利継さん、東京農業大学施設部環境管理課長佐々木隆さん、大学施設のダウンサイジングについて研究されている大学職員にも登壇していただきます。
 多くの皆さまのご参加をお待ちいたします。 

1.大学経営におけるファシリティの位置づけ
2.複数大学の財務諸表に見るファシリティ関連費用の割合
3.施設の特性と経営との関係
4.実践女子大の事例;八方塞がりからの英断
 (Campus Management Report 21 から紹介)
5.今から見れば主客逆転、拠点無し ボローニャ大学の最初
6.ダウンサイジングは簡単ではないが、道筋は造らないと!
7.大学の経営戦略に則った活きた施設戦略とは?

【日時】 2017年8月4日(金)
  受付  午後6時30分
  月例会 午後7時〜9時
  懇親会 午後9時〜10時30分

【会場】
  月例会 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス SY306教室 1階ホール
  懇親会 中華料理「陳記」

【テーマ】 そんな事してたら、大学潰れちゃいますよ!
   − 施設戦略の視点から −


【問題提起】
 興津 利継 (桜美林大学大学アドミニストレーション研究科非常勤講師/竹中工務店)
 佐々木 隆 (東京農業大学施設部環境管理課長)
司会 高橋 真義(桜美林大学大学名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
*お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
*当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 19:00 | TrackBack(0) | 月例会

2017年07月20日

FMICS 7月例会 (第688回例会) 検証 私立大学の公立化について考える

■少子高齢化、18歳人口減少、東京圏への人口集中が加速する中、私立大学の4割以上が入学定員割れと赤字経営に陥り、地方中小規模大学の厳しさは言を俟つまでもありません。
 地元の地方は、過疎化が進み限界都市化をいかに食い止めるかが喫緊の課題となっています。
 地方私立大学の大学存続のための打開策と地元の活性化を図りたい自治体の狙いが一致して、私立大学の公立化が各地に広がっています。
 スピーカーは、「諏訪東京理科大学」を「山陽小野田市立山口東京理科大学」にするために東京理科大学側として最前線に立たれた佐々木有朋さんです。

 1.山口東京理科大学の紹介
 2.地元の現状
 3.公立化への道
 4.質問形式によるメリットデメリットの確認

■公立化への道について、大きな流れをお話しいただき、ご参加の皆さまとのディスカッションで私立大学の公立化についての功罪、問題点を確認いたします。
 多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

【日時】 2017年7月20日(木)
  月例会 午後7時〜9時
  懇親会 午後9時〜10時30分

【会場】
  月例会 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス SY307教室
  懇親会 中華料理「陳記」

【テーマ】 検証 私立大学の公立化について考える
最前線に立った悪戦苦闘を聴く


【問題提起】 佐々木 有朋 (東京理科大学 葛飾キャンパス局長)
  司会 高橋 真義 (桜美林大学名誉教授・東日本国際大学客員教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
*お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
*当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


2017年05月20日

FMICS 5月例会 (第686回例会) コトに対するリスクマネジメント ウェッブサイトの大学声明をチェックする

■高等教育問題研究会 FMICS 2017年5月例会は、教育ジャーナリスト・「大学ランキング」編集統括の小林哲夫さんをゲストにお迎えいたします。

■2017年4月9日米ユナイテッド航空が乗客を強引に引きずりおろした問題で、最高経営責任者(CEO)は、一端は謝罪したものの、社内メールで男性が「騒いでけんか腰だった」、乗務員は「定められた手続きに沿って行動し」「顧客をフライトから降りさせるには、シカゴ航空治安当局の係官を呼ぶしか、残された選択肢はなかった」などと書いていたことが発覚し、問題が問題を呼び、株価は一時4%も下落しました。我が国でも、問題発言をしたあとの対応があまりにも稚拙で、高い役職を更迭される国会議員諸氏が後を絶ちません。

■大学の周辺が騒がしくなってきています。良いことをアッピールすることは、さほどむずかしくはありません。しかしながら、思いもよらない不祥事に対して、あなたの大学はどのように、大学の誠意を世の中に「見える化」するのでしょうか。決して、簡単なことではありません。マスコミ対応を間違えば、大学の存続を脅かすことに至らならないとも限りません。

■小林さんは、長く、大学で起こった諸々の事件に関する大学の声明を追いかけてこられています。これまでの悪いコトに対する大学声明をチェックし、マスコミ対応とリスクマネジメントの必要性についての検証をいたします。皆さまには、関係者にお声かけいただきご参加ください。

【日時】 2017年5月20日(土)
   受付  午後3時30分
   月例会 午後4時〜6時
   懇親会 午後6持〜8時30分

【会場】 聖徳大学幼児教育専門学校
   (JR 田町駅・地下鉄 三田駅 徒歩5分)

【テーマ】 悪いコトに対するリスクマネジメント
   ウェッブサイトの大学声明をチェックする


【問題提起】 小林 哲夫 (教育ジャーナリスト・「大学ランキング」編集総括)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
*お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
*当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2017年04月22日

FMICS 4月例会 (第685回例会) 高校生から大学生に変わる春 高校生の視座に立って高校側から大学関係者に伝えたいこと

■高等教育問題研究会FMICS 2017年4月例会は、千葉県立小金高等学校教諭・キャリア教育と学びを考える会「松ラボ」主宰の椿 仁三千さんに問題提起をしていただきます。コメンテーターは、多士済々の皆さまと学生さんと浪人生にお願いをしました。

■高校生が大学生に変わる春、希望に満ちた高校生が、大学生活になじめずに、大学生になりきれなくドロップしていくことが少なくありません。昔は「五月病」と称していたこの事実について、これまでは、大学関係者はあくまでも大学目線で問題解決を模索しているように思えます。

■4月の今の今、高校生の視座に立って、なんでこのようなミスマッチが起こるのかについて、高校関係者と大学関係者が虚心坦懐に語り合うことで、大学生になりきれない学生をいかに支援していくかにについてワイワイガヤガヤと語り合います。

■このようなテーマで語り合う「場」は、このFMICSでなければありえません。皆さまには、大学関係者のみならず、高校関係者にもお声を掛けていただき、ご参加ください。

【日時】 2017年4月22日(土)
 月例会 午後4時〜6時(受付 午後3時30分)
 懇親会 午後6時〜8時30分

【会場】
 月例会 学校法人立命館 東京キャンパス (サピアタワー8階)
☆「サピアタワー」のセキュリティの関係から、午後3時30分〜4時に3階総合受付ゲート前で、「入館カード」をスタッフがお渡しします。時間厳守でのご参加をお願いいたします。

 懇親会 パパミラノ・サピアタワー店 (サピアタワー3階)

【テーマ】 高校生から大学生に変わる春
 高校生の視座に立って高校側から大学関係者に伝えたいこと


【問題提起】
  椿 仁三千 (千葉県立小金高等学校教諭・キャリア教育と学びを考える会「松ラボ」主宰)
 コメンテーター
  西 健太郎 (スクールパートナーズ執行役員編集長)
  難波 俊樹 (未来教育研究機構・富士大学非常勤講師)
  新倉 明日香 (明治大学 文学部史学科4年)
  緑川 直希 (2017年度浪人生)
 司会
  高橋 真義 (桜美林大学名誉教授・東日本国際大学客員教授)

【例会参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
*お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
*当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2017年03月16日

FMICS 3月例会 (第684回例会) 就活戦線を活き抜く打たれ強い学生を作る 大学キャリア教育の新たな潮流

■高等教育問題研究会FMICS2017年3月例会(第684回)をご案内いたします。■2018年卒の就活戦線は、2017年卒同様、説明会の解禁から選考解禁までが3ヶ月間の短期決戦となります。作られた自信を持って、選ばなければどこでも入社できると甘い思いで戦いの場に臨めば、世間の荒波に打ちのめされます。就活戦線を縦横無尽に戦い続けられるだけの「打たれ強い学生」の養成について、大学は行っているのでしょうか。戦いに疲れて打ちのめされた学生を元気元気元気にして再度戦いの場に送り込むキャリア教育も行われているのでしょうか。■2月例会に続いて、キャリア教育関係者・学生には、必聴のテーマです。ご参加の皆さんと、「打たれ強い学生」を作る大学キャリア教育のあらたな潮流を確認し、さらなる飛躍へのヒントを束ねるます。■就活戦線まっただ中の学生さんはじめ、大学のキャリア関係者の皆さまには、お仲間にお声かけの上ご参加くださいますようお願いいたします。

 問題提起をされる、新進気鋭の人事コンサルタントの荻原恵市さんのキャリアです。
 大学卒業後、大手就職情報会社に入社後、上場企業からベンチャー企業の新卒採用支援に従事されました。2010年、独立し、企業の採用支援の他、年間300名の大学生の就職支援および私立大学のキャリア教育プログラム開発、キャリアセンターの支援を続けられています。
《荻野さんからのメッセージ》
「人口減少時代を見据えた『一人前の社会人』の養成を意識した大学キャリア教育の可能性」
 人口減少時代に入り、新卒採用は売り手市場となった今、就職率の高止まりが予想され、就職率の高さを売りにした大学間の差別化を図ることが難しくなりつつあります。
 大学の出口環境が変化する中、大学間の差別化を図るために「一人前の社会人」の養成を目的としたキャリア教育の効果について事例紹介をしたいと思います。
 事例を通じて、学生に成功体験を経験させ自己肯定感を高めるキャリア教育だけでなく、社会人との交流の際に、試行錯誤を繰り返すことを評価し、学生の抱える「就業不安」を取り除くキャリア教育の可能性を皆さんと議論する機会になればと考えています。


【日時】 2017年3月16日(木)
  月例会 午後7時〜9時 (受付6時30分)
  懇親会(中華料理「天童」) 午後9時〜10時30分

【テーマ】 就活戦線を活き抜く打たれ強い学生を作る
   大学キャリア教育の新たな潮流


【問題提起】 荻野 恵市 (人事コンサルタント)
 コメンテーター
  深澤 晶久 (実践女子大学 大学教育研究センター特任教授)
  宮下 明大 (立命館 東京キャンパス所長)
  寺田 稔 (東京成徳大学 学生生活課長)
  新倉 明日香 (明治大学 文学部史学科3年)
 司会 高橋 真義 (桜美林大学 大学アドミニストレーション研究科教授)

【会場】 恵比寿・日能研ビル7階
*1階に、子どものためのセレクトショップ「ちえの木の実」が入っているビルです。
恵比寿日能研ビル案内図

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
*お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
*当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 19:00 | TrackBack(0) | 月例会

2017年02月16日

FMICS 2月例会 (第683回例会) 売り手市場 どうなる就活2018 就活を勝ち抜くために きみと大学は何をしたらいいのか

■高等教育問題研究会 FMICS 2月例会は、制度設計が劇的に変わりつつも売り手市場の就職戦線を、学生は、空元気の自信ではなく、叩かれてもめげない本物の自信をもって戦い抜くのか、大学には、学生の可能性を本物にするために何をすべきなのか等について参加の皆さまと一緒にグループワークの中で考えます。

■話題提供は、日経新聞 日経カレッジカフェ副編集長の渡辺 茂晃さんです。コメンテーターは、立命館 東京キャンパス所長の宮下 明大さん、東京成徳大学 学生生活課長の寺田 稔 さん、明治大学 文学部史学科3年の新倉 明日香さんです。

■就活中の学生さんには、引っ込み思案は無用です。どんどんと街に出て、自分の可能性を磨くための他流試合に臨んでください。

■空元気の自信を身につけさせるキャリア教育は、もはや少子化の時代には通用しません。大局観ある出口戦略の構築の必要性が問われています。大学関係者の皆さまには、関係者の皆さまは勿論、お仲間と学生に声を掛けられてご参加ください。

■渡辺さんからの一言
 働き方改革や女性活躍推進、同一労働同一賃金、生産性向上など、これから働き方は大きく変わります。長時間労働による過労死や女性の地位向上、正社員と非正規社員の格差、働き手の減少など、さまざまな問題を解消するために国や企業が本気で取り組み始めようとしています。社会や企業、働き方が大きく変わろうとしてる今、これまでと同じような就職活動を続けていても大丈夫でしょうか。
 また、大学も従来通りの就職支援を続けて、本当に学生のためになるのでしょうか。就職活動をする学生も、学生を支援する大学も新たな視点を持って就職活動を見る必要があるのではないでしょうか。これからの就職活動の進め方や企業選びを一緒に考えてみませんか。


【日時】 2017年2月16日(木)
 月例会 午後7時〜9時(受付 午後6時30分)
 懇親会 午後9時〜10時30分

【会場】
 月例会 学校法人立命館 東京キャンパス (サピアタワー8階)
☆「サピアタワー」のセキュリティの関係から午後6時30分〜7時に、3階総合受付ゲート前で、「入館カード配付」をスタッフがお渡しします。時間厳守でのご参加をお願いいたします。

 懇親会 パパミラノ・サピアタワー店 (サピアタワー3階)

【テーマ】 売り手市場 どうなる就活2018
   就活を勝ち抜くために きみと大学は何をしたらいいのか


【問題提起】 渡辺 茂晃 (日経新聞日経カレッジカフェ 副編集長)
 コメンテーター
  宮下 明大 (立命館東京キャンパス 所長)
  寺田 稔 (東京成徳大学 学生生活課長)
  新倉 明日香 (明治大学 文学部史学科3年)
 司会
  高橋 真義 (桜美林大学 大学アドミニストレーション研究科教授)

【例会参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
*お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
*当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 19:00 | TrackBack(0) | 月例会

2017年01月07日

FMICS 1月例会 (第682回例会) 2017年のミッション・パッション・アクション パラダイムシフト『大学維新』 激動する時代を活きる大学人の大局観の磨き方

■高等教育問題研究会・FMICS 2017年1月例会は、定番のプログラムです。
 我らがご意見番の芝浦工業大学名誉理事長の石川洋美先生に、パラダイムシフト「大学維新」/激変する時代を活きる大学人の大局観の磨き方について、大いに語っていただきます。
 ご参加の皆さまには、2017年をどのように頑張るかについて決意表明をしていただきます。ワイワイガヤガヤと大いに語り合った後は、FMICS 御用達 中華料理 恵比寿「天童」で新年情報交換会といたします。

■黒木 比呂史(2003)『芝浦工業大学の21世紀戦略』日経BP企画1 57pからの引用。
 これが前代未聞の“大学倒産”ですよ。企業にたとえれば、会社更正法を申請して管財人がやってきて・・・ということですから。ただ、3人の弁護士の先生方が本当に努力してくださって、1年ぐらいで引き上げていかれました。あとは君たちがやらないとダメなんだよ、という言葉を残して。
 石川先生の談話です。先生は、窮地に陥った芝浦工業大学の再建のために、建築界で大成するという夢を捨てられて、大学経営に関わる道を選ばれました。理事長として、強烈で“あったかさ”のあるリーダーシップを発揮されました。多くの難題に背を向けることなく、着実に、真摯に取り組まれ、頑強な基盤を創り上げられました。今や芝浦工業大学は、華々しく元気元気元気です。

■2016年1月号から12月号の「トップマネジメント大学維新録」のタイトルです。
  1. 「大学維新」が始まるか現在日本の大学界の大局を観る
     −予想させるいくつかのパラダイムシフトが出てきた
  2. 大学人は就職支援にどう取り組むべきか
     −教育活動の成果レポートとして
  3. 学生の居場所(たまり場)をつくろう
     −それが大学を活性化する
  4. 大学における課外活動の意義を考える
     −知力は教室で、人間力は課外で
  5. 「地域貢献」、本当に有効なのは、「地域のために」ではなく「地域と一緒に」ではないか?
  6. 続く少子化の中で大量の大学定員増
     −弱肉強食のおそれ!私大はどうする?
  7. 今こそ私学は創立の原点に返り独自性を再構築すべきだ!
  8. 〜奨学金を考える〜
     奨学金は困窮対策より人財育成投資なのでは?
  9. 大学が校友会に期待すること
     −最高のステークホルダー
  10. 大学のガバナンスは「双頭の鷲」でいいのではないか
     −学長に経営責任まで負わせるのは疑問


■深川木場に生まれた江戸っ子の石川先生からのエールは辛口ですが、それは、愛に満ちた“あったかさ”いっぱいの励ましに他なりません。
 2017年初エールをご期待ください。元気元気元気なること300%保証いたします。
 皆さまには、「FMICS BIG EGG」の最終ページの連載中の「トップマネジメント大学維新録」と、『芝浦工業大学の21世紀戦略』をご一読されてご参加ください。


【日時】 2017年1月7日(土)
  ディスカッション 午後4時〜7時 (受付午後3時30分)
  懇親会(中華料理「天童」) 午後7時〜9時

【テーマ】 2017年のミッション・パッション・アクション
  パラダイムシフト『大学維新』
  激動する時代を活きる大学人の大局観の磨き方


【問題提起】
 石川 洋美 (芝浦工業大学 名誉理事長)
 司会 高橋 真義 (桜美林大学 大学アドミニストレーション研究科 教授)

【会場】 恵比寿・日能研ビル7階
*1階に、子どものためのセレクトショップ「ちえの木の実」が入っているビルです。
恵比寿日能研ビル案内図

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
*お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
*当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2016年12月16日

FMICS 12月例会 (第681回例会) 母校沈没回避のために 大学の活きた資産で未来である 学生さんの可能性を磨くために 私たち大学人は何をしたらいいのかを考える

■高等教育問題研究会FMICS12月例会は、学生は、大学の主役で、活きた資産で、未来であり、その可能性は無限大であることを確認し、母校沈没を回避するために、私たちは学生とともに何をしたらいいのかを大学関係者に学生を加えてのアクティブに考えます。

■話題提供は、バラエティーに富んでいます。桜美林大学 大学アドミニストレーション研究科 教授 高橋 真義さん、開智日本橋学園中学校・日本橋女学館高等学校 校長 一円 尚さん、文教大学 生活科学研究所 研究員・一般社団法人大学自慢 代表理事 米田 敬子さん、桜美林大学 リベラルアーツ学群2年・OBIRIN SYUREN(桜美林修練) 代表 玉田 侑也さんです。

■このたび、高橋さんは、学生たちを元気元気元気にする「まほうの言葉」を束ねた小冊子『まほうの言葉15』を上梓されました。加えて、『学びの豆の木』についても、改訂版を発行されました。ご参加の皆さまには、プレゼントされるとのことです。

■桜美林大学に2016年4月に誕生した学生たちがプロデュースする「授業なサークル」であるOBIRIN SYUREN(桜美林修練)の活動報告も交えます(活動の内容については、巻頭言に紹介されています)。

■いよいよ、大学倒産が非日常ではなくなります。つま先だって周りを見回して、勝った負けたと一喜一憂している大学に明日はありません。当たり前のことが当たり前ではないことを意識できるか否か。今こそ、大学人一人ひとりが「学生のために」何ができるのかという座標軸をガッチリと固めなければ、学生たちに製造物責任を問われることとなります。

■皆さまには、お仲間と学生に声を掛けられてご参加ください。

【日時】 2016年12月16日(金)
 月例会 午後7時〜9時(受付 午後6時30分)
 懇親会 午後9時〜10時30分

【会場】
 研究会 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス 1階ホール
  (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)
 月例会 北参道・中華料理「陳記」


【テーマ】 母校沈没回避のために
 大学の活きた資産で未来である
 学生さんの可能性を磨くために
 私たち大学人は何をしたらいいのかを考える


【問題提起】
 高橋 真義 (桜美林大学 大学アドミニストレーション研究科 教授)
 一円 尚 (開智日本橋学園中学校・日本橋女学館高等学校 校長)
 米田 敬子 (文教大学生活科学研究所/一般社団法人大学自慢 代表理事)
 玉田 侑也 (OBIRIN SYUREN(桜美林修練) 代表)

【例会参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
*お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
*当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 19:00 | TrackBack(0) | 月例会