2018年12月22日

FMICS 12月例会(第707回例会) ボリュームゾーン大学のファシリティマネジメント

■昨年、高等教育問題研究会 FMICS 2017年8月例会のテーマは、「そんな事してたら 大学潰れちゃいますよ − 施設戦略の視点から − 」でした。もはや避けて通ることができない喫緊の課題であるにもかかわらず、これまで取り上げられることがほとんどなかった、学生数減少期の施設投資問題に切り込みました。

 今年2018年12月例会のテーマは「大学淘汰時代を生き残る ボリュームゾーン大学のファシリティマネジメント」です。人口減少時代、土地建物はもはや「不動産」ではなく「負動産」にもなるとも言われています。新しい校舎を建てる。果たして、新しい校舎は、学生募集の切り札になるのでしょうか。大学ファシリティマネジメントの基本の基本について、大学淘汰の時代を意識して整理します。使う人=学生がいなければ、建物=校舎はあっというう間に老朽化するのです。

 問題提起は、大学のファシリティマネジメントを研究されている桜美林大学大学アドミニストレーション研究科非常勤講師・竹中工務店の興津利継さんです。

■興津さんからのメッセージです。
大学、特にボリュームゾーンの大学にとって、18歳人口の減少は生命線を握る課題であり、大学が淘汰の時代を迎えつつあることは、多くの方が論じている通りです。
 教員も職員も手をこまねいている訳には行かず、何らかの努力をしておられると思います。しかしながら、その努力は“自分のチームでなんとかなる、手の届く” 範囲に留まってはいませんか?
 「ファシリティマネジメント(FM)はちゃんとやっている」という方も、長期修繕計画を立てて将来の必要予算を訴えるとか、新棟計画をFMの教科書に書いてあるように進めているとか、そういった場合が多いのかな……と思います。そして、大学の中でFMが施設関連の担当者だけの仕事と思われていることが最大の問題です。
 担当者は与えられた職務の範囲でしか答えが出せない。外から大きな方針や方向性が示されなければ、現状の研究教育体制が今後も続く前提で解答を考えてしまう。自発的には大学改革の構図に則ったファシリティ戦略などは描けないのです。
 施設、特に建物が持つ3つの特性、寿命が長いこと、財務負担が見えにくいこと、そして、階層 (※) 毎に可変性が異なることが驚くほど知られていないことも問題です(※は当日説明します)。
 淘汰の波に打ち勝つには、社会要請に合致し、卒業生からもご両親からも高い評価を得て、環境も学生にとって魅力あるものに映る…そんな大学であり続けなくてはいけません。


 月例会では、少し歴史を遡って大学経営が社会要請といかに乖離したのか、複数大学の財務諸表から見て危うい施設経営をしている大学がないか、大学設置基準から見て如何に大学の施設がバブリーか、等を例証しながら、大学経営の一員として持つべき常識感を共有していきたいと思います。

 これから到来する本格的な淘汰の波に向かっては、聖域なき改革が必要となる筈ですが、何が正解なのか、どんな正解があるのかは、皆さんで議論し実践していくべき事だと思います。そのきっかけとなる事例を交えながら、討議の時間も設けたいと思います。

【日時】 2018年12月22日(土)
   受付 午後3時30分
  月例会 午後4時〜7時
  懇親会 午後7時30分〜9時


【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス 305教室
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 大学淘汰時代を生き残るための
   ボリュームゾーン大学のファシリティマネジメント


【問題提起】
 興津 利継 (桜美林大学院 大学アドミニストレーション研究科非常勤講師/竹中工務店)
 司会 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
 *当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2018年11月17日

FMICS 11月例会(第706回例会) 大学淘汰時代を活きるボリュームゾーン大学の役割

■今こそ、入口・アンコ・出口のアンコのパワーアップを図らなければ、我が国の高等教育界は、確実におかしくなります。なぜか、行政は、この原理原則を無視したもっともらしい制度設計を矢継ぎ早に打ち出しています。

■FMICS 2018年11月例会は、8月例会・人事コンサルタント荻野恵市さん、9月例会・秋草学園短期大学秋草誠さん、10月例会・教育ジャーナリスト小林哲夫さん&社会学講釈師鷲北貴史さんの流れの集大成として、いよいよ大切にしなければならないボリュームゾーン大学(上位10%、下位10%以外の80%)の存在理由を確認することといたします。

■問題提起をされる難波俊樹さんは、「学び続ける力」を養うことにおいて、4年間の大学生活が必要であると言われます。特に、地域で生きるためにおいては、社会全体が小さいことから、いろいろなことに対応していかなくてはいけなりません。いよいよ、これからは、社会人生活が「大卒後48年」が標準になりますので、その長期にわたって不要な人材にならないためには、「生涯学び続ける力」が必要となるのです。

■大学で基礎力を4年間でみっちりと身に付ければ、奨学金を借りても割に合います。月10万円借りると、返済額が月2万円程度。正社員であれば返せます。奨学金地獄が大きな社会問題となったころは、非正規で都会に出たがることから返済できなくなったわけで、地元就職自宅通勤正社員であれば、地方の安い賃金でも問題ない金額です。
  • 母親の学歴と子供の学力は密接に相関します。
  • 生活保護者は学歴が低いほど増えます。
  • 生活保護家庭で育つと子供も生活保護受給者になります。
  • 東京で一人暮らしの人の生活保護費は12〜13万円です。年間150万弱、30年受給すると4500万円です。
  • 生涯を通して年収300万円であっても、40年間で1000万円程の所得税・住民税を納税することになります。
  • 1人が働き手になるか否か。生活保護を受けることになれば、国の支出は、ほぼ6000万円も変わってしまいます。
  • ボリュームゾーンの大学への補助金は、卒業者の数と生活保護率を考えると、国家の投資としては、高い効果があります。

 これらの視点から考えると、ボリュームゾーン大学は絶対に必要な存在であると言えます。勿論、今の教育内容でいいのかという問題を整理しなければなりませんが・・・。

【日時】 2018年11月17日(土)
   受付 午後3時30分
  月例会 午後4時〜7時
情報交換会 午後7時30分〜9時


【会場】 恵比寿・日能研ビル 7階プレゼンテーションルーム
   (会報発送作業で利用している会場です)

【テーマ】 大学淘汰時代を活きるボリュームゾーン大学の役割
 〜 そんな大学あったか大学にならないための存在理由 〜


【プログラム】
 解題 難波 俊樹 (日本アクティブ・ラーニング学会 理事)

 問題提起
  比留間 進 (嘉悦大学 監事)
  神戸 悟 (大学入試リサーチャー)
  椿 仁三千 (千葉県立小金高等学校 教諭)

 ディスカッション
  ファシリテーター 米田 敬子 (文教大学生活科学研究所 研究員)

 司会・総括 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
 *当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2018年10月27日

FMICS 10月例会(第705回例会) 大学が活き残るための条件 改革先進校の光と影

 教育ジャーナリストの小林哲夫さんは、『中央公論』2018年7月号の特集「地方大学・生き残りの条件」ルポ・就活支援、アクティブラーニング、読み書きソロバン/「改革先進校」の光と影で、9佼の「改革先進校」を取材されています。

 9校の成功要因は、1.大学の総意のもと組織的に改革を進めることができたケース。2.優れた教職員が教育の立て直しに向けて力を発揮できてケースとしている。

 教育改革を進める体制が組織的に整っていても、教職員に新しいチャレンジをする気概がなければ、大学は変わらない。昔ながらの役人気質の教職員がいる。

 それぞれの大学が、学生目線に立って、教員と職員とトップ、さまざまな制度がうまくかみ合ってこそ、教育改革は進む。しかし、このような大学は残念ながら少数である。

 進学率が5割を超えた今日、とくに学力面、性格面で多様な学生に対する教育をどうしたらいいのか。多くの大学が智恵を絞り、斬新なアイデアを出していくことを期待しつつ、小林さんが取材された9校のミッション・パッション・アクションを語っていただきます。

 成功要因2.の大学として紹介されている湘南工科大学非常勤講師・社会学講釈師の鷲北貴史さんには、授業で学生とともに校歌を大声で歌うことの効果を実証的に大いに語っていただきます。

 特別ゲストとして、小学校からアメリカで教育を受けてきた学生の有賀さんには、なぜ日本はアメリカの教育を過信・理想化しているのかについての持論を展開していただきます。

【日時】 2018年10月27日(土)
    受付 午後3時30分
   月例会 午後4時〜7時
 情報交換会 午後7時30分〜9時


【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス SY304教室
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 大学が活き残るための条件
    改革先進校の光と影


【問題提起】
 小林 哲夫 (教育ジャーナリスト)
 鷲北 貴史 (社会学講釈師)
 有賀 小夜子 コロンバス芸術大学 芸術学部イラストレーション学科
 司会 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
 *当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2018年09月29日

FMICS 9月例会(第704回例会) 定員の厳格化で小さな大学の学生募集は変わるのか 〜学生募集上手の『熱いキーマン』が語るワクワクする学生募集とは〜

■高等教育問題研究会 FMICS 2018年9月例会(第704回)をご案内いたします。定番となりました「ちいさな大学を本音で語り合う」シリーズを今年も、企画プロデューサーは、秋草学園短期大学の秋草さんです。

■大学の生き残りの戦いは、いよいよ、熾烈を極めます。空中戦における損害量の計算法則から導き出された「ランチェスター戦略」によれば、大は大の、小は小の戦い方があり、大が小に常に勝つとは限らないのです。小が爪先立って背伸びをしても大には勝てません。小がなし得る強力な戦略は、大学の主役で生きた資産であり、大学の未来のカギとなる学生の一人ひとりの可能性をきめ細かく引き出すことなのです。

■強い短期大学の学生募集について、「人」の存在に焦点を当てながら、小さいことは弱さではないこと、小さいところだからこそやるべきこと、やってはいけないこと等について、ご参加の皆さんと確認・整理をいたします。

■秋草さんからのメッセージです。
 昨年まで募集に苦しみ、定員割れしていた四大の学生募集担当の方々と話をすると同じような話が出てきます。定員を満たした瞬間から、学内には緩んだ空気が蔓延するというのです。学生募集担当者は、何も変わっていない状況で定員の厳格化が後押ししてくれた結果なので不安が残るが、学内には危機感がなくなるというのです。
 こんな話を聞いて、定員厳格化の恩恵をうけていない短大募集担当としては、「学生が集められない」とひとりで考えないで、外に出て多くの人からパワーを頂こうという場を作ります。参加者のみなさんのチカラをお借りして、元気、元気になれる FMICS にしたいと考えています。

■秋草さんの問題提起のあとに、参加者全員参加のグループワークをいたします。テーマは「学生募集について・一緒に働きたい人」です。皆さまには、大いに思うことを発言していただくようお願いいたします。各グループの代表に、グループが取り上げた話題を発表していただ、最後に、秋草さんに総括をしていただきます。

【日時】 2018年9月29日(土)
   受付 午後3時30分
  月例会 午後4時〜7時
情報交換会 午後7時30分〜9時


【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス 1階ホール
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 定員の厳格化で小さな大学の学生募集は変わるのか
 〜学生募集上手の『熱いキーマン』が語るワクワクする学生募集とは〜


【問題提起】 秋草 誠 (秋草学園短期大学 入試広報室長)
  司会 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2018年09月08日

FMICS 8月例会(第703回例会) 大学連携時代 〜道なき道を切り開く大学人の知恵と覚悟〜

■高等教育問題研究会 FMICS 2018年8月例会(9月上旬開催:第703回)をご案内いたします。

■大学倒産が非日常ではなくなります。文部科学省、財務省、内閣府(総務省)が、来たるべき時代を意識した大学改革案を出しています。
 私たちは、多くの改革案・政策を安直に額面通りに読むことなく、行間を読み切るほどのしたたかさが欲しいところです。功を焦って、浮き足だって、背伸びをすれば、必ず足下をすくわれます。最悪を想定して最善を尽くすという慎重さが求められます。学生の可能性を最大限に活かすことに誠心誠意忠実でありたいものです。

■荻野さんからのメッセージ
 今年度に入り、大学を取り巻く環境が騒がしくなってきています。6月に出された中教審の「中間まとめ」を皮切りに、補助金支給要件の見直し、授業料の無償化対象校の要件、大学の統廃合といった具合に、人口減少時代を意識した高等教育の質だけでなく、量や地域バランスに踏み込んだ、大学淘汰を視野に入れた大学改革案の様相を呈してきました。
 大学改革案が議論される中、日大アメフト問題や東京医科大の不正問題によって、大学運営方法や補助金を巡る文科省と大学との関係性について、国民からの厳しい目が大学業界に向けられることも出てきています。
 国から示される大学改革案をしたたかに活用し、大学のステークホルダーに支持される大学運営の原理原則が大事になってきそうです。
 例会では、厳しい現状を乗り切るため、「教職員間で自校の魅力共有は出来ているか」、「如何に地域内で自校の魅力を発信するか」、「自校の魅力の源泉としての教育」、「魅力ある教育の実践に必要な教育支援力」、「自校の教育につなげる他大学との連携」等の切り口で、皆さんの持論・極論・アイデアを共有する、近未来の大学業界について、気づき合える時間にしたいと思います。


【日時】 2018年9月8日(土)
  受付 午後3時30分
 月例会 午後4時〜7時
 懇親会 午後7時30分〜9時


【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス 1階ホール
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 大学連携時代
 〜道なき道を切り開く大学人の知恵と覚悟〜


【問題提起】 荻野 恵市 (人事コンサルタント)
 コメンテーター
  比留間 進 (日本体育大学 監事)
  菊地 勇次 (千葉大学 学務部教育企画課長)
  金成 泰宏 (和泉短期大学 教育・学習支援ユニットサブリーダー)
 司会 高橋 真義 (桜美林大学名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2018年07月20日

FMICS 7月例会(第702回例会)急がば学べ:図書館の人材養成機関としての機能をフル活用しょう

■高等教育問題研究会 FMICS 7月例会は、図書館が持つ人材養成機能について、じっくりと考えることとします。図書館を愛してやまない長谷川豊祐さんに問題提起をお願いします。夏期休暇直前の多忙な時期とは存じますが、皆さまにはお仲間をお誘いの上、ご参加ください。

■長谷川さんからのメッセージです。
 図書館の機能は,2階住宅のように3層構造になっています。応用部分(2階)が「交流,出会い,ひろば,にぎわい」,通常部分(1階)は「蔵書,施設・設備,ひと」,基礎部分(土台)は「図書館業務システム,図書館運営,図書館協力」です。 近頃は,2階部分がメディアにも取り上げられます。1階部分は,無料貸本屋と揶揄され,誰でもできる単純な「ピッ」のスーパーのレジと思われています。土台は縁の下の力持ち,地味な1階を支え,その上の2階は居心地の良いサロンのようです。図書1階の「蔵書,施設・設備,ひと」は,大学にとっての知的資源です。多数の教員が調査研究のためにフル活用し,一部の学生が学修のために使っています。しかし,大学職員は知的資源としての図書館の価値と有効性に気付かず,図書館員は職員向けサービスを疎かにしています。それは公立図書館でも同様の構造で,自治体職員も含めた住民は,公立図書館機能の一部しか使っていませんし,図書館司書も図書館本来の機能を展開していません。大学の構成員ならば,職場の大学図書館を活用して業務に活かすべきですし,情報サービスの専門家である図書館員ならば,図書館の未利用者をもっと自分たちの知的資源に引き込むべきです。
 今回は,大学職員向けの図書館機能の概要と,図書館サービスの具体例な有効性を示し,参加者からの図書館への要望を素材に加えて,グループワークも取り混ぜ,図書館活用の端緒とします。

■「アイデア出し」と方向の異なる「アイデア集約」のグループワークを実施します。「図書館の有効性」と「図書館,こうすれば良くなる」を考えてきてください。

【日時】 2018年7月20日(金)
  受付 午後6時30分
 月例会 午後7時〜9時
 懇親会 午後9時10分〜10時30分


【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス 1階ホール
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 急がば学べ
   図書館の人材養成機関としての機能をフル活用しょう


【問題提起】 長谷川 豊裕 (図書館笑顔プロジェクト代表・元鶴見大学図書館)
  司会 高橋 真義 (桜美林大学名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 19:00 | TrackBack(0) | 月例会

2018年05月19日

FMICS 5月例会(第700回例会) 学生の自信の芽・可能性の芽を育てる 適温組織を創る 教職員の協働を考える

■高等教育問題研究会FMICS創会から38年、重ねた月例会は700回となりました。まだまだ、先は長いぞと気持ちを新たに前進あるのみです。皆さまには、何卒、よろしくお願いいたします。

■記念すべき700回目のFMICS 2018年5月例会の問題提起は、活動拠点を名古屋以西においておられる人事コンサルタントの荻野恵市さんです。一緒に、桜美林大学大学アドミニストレーション研究科で学びあった仲間です。企業人と大学人の複合的視座は、魅力的、教えられることばかりです。何度も、事前打ち合わせをしました。厳しい時代に直面している今、今こそ確認しなければならない原理原則を皆さまと確認します。お一人で多くの皆さまとワイワイガヤガヤとディスカッションできればと期待しています。

■荻野さんからのメッセージです。
 「大学改革」という言葉がすっかり定着しました。しかし、大学改革に成功する大学と一時的な大学改革に終わってしまう大学があります。この違いはどこから来るのでしょう?
 例えば、一時的な大学改革に終わってしまう大学では「中期経営計画の数字・教学PDCAの達成に向け、数字を取り揃える、アリバイ作りの業務に疲れました。PDCAは形だけなんですよ」という職員の方の声をしばしば耳にします。
 学生への想いを強く持っているにもかかわらず、PDCAマネジメントの導入により、PDCAに振り回され、現実の業務と学生への想いとのギャップに消耗し、大学人としてのやりがいが失われているのです。
 大学でも数値目標管理・PDCAの活用は避けられない事実です。しかも、中期経営計画やPDCAに振り回されている場合ではありません。
 何故なら、大学淘汰の時代、大学の300は淘汰されると言われはじめているからです。
 18歳人口の減だけではなく、景気の陰りが、私立大学に子弟を送り込んでいる中間所得層の親たちの可処分所得を押し下げます。
 まさに大学の生き残りをかけて、大学教職員の知恵と行動力が試される時代がやってきます。数値目標管理・PDCAに振り回されることなく、学生の可能性の芽を出させる適温組織=安全な場を創るために、職員と教員の関係について、働き方改革の相談の中から見た、PDCAを高速回転することの弊害で苦しむ民間企業の例を交えながら、皆さまとご一緒に考える機会にします。
 皆さまには、荒海を乗りきる「大学改革」を成しとけるための大学教職員の員の理想の関係について考えてきていただきたくお願いいたします。


【日時】 2018年5月19日(土)
  受 付 午後3時30分
  研究会 午後4時〜7時
  懇親会 午後7時30分〜9時

【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス 1Fホール
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 学生の自信の芽・可能性の芽を育てる
   適温組織を創る 教職員の協働を考える


【問題提起】 荻野 恵市 (人事コンサルタント)
  司会 高橋 真義 (桜美林大学名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:荻野 恵市
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2018年04月21日

FMICS 4月例会(第699回例会) むずかしいこと わからないことを分からせるための学びのカタチ

●高等教育問題研究会 FMICS 2018年4月例会の問題提起は、JAXA宇宙航空研究開発機構の長谷川克也先生です。医学、農学、工学、理学、家政学、物理学、法学、経営学などの分野でマルチに活躍されています。日頃は、JAXAの研究室で実験装置を作り、実験データの解析をされている研究者です。●放送大学の面接授業「宇宙の実験科学」では、むずかしい数式を使うことなく、アッと驚く物理実験を駆使されて、宇宙は面白いことを教えられています。基本的に自分の意見を出して、他の人の意見を聞いて、見て考えて結論を出す練習の場にして欲しい。学生に物理をわかって欲しいと思う以上に、考えることの楽しさがわかってもらいたいと言われます。●大学の理学療法士国家試験対策の授業では、学生とのコミュニケーションを大切されて、1年にわたる単調な作業を続けさせる意欲を引き出し合格へと導かれる「鉄人」でもあります。●放送大学での授業の再現、学びの原理原則のカタチを体感していただきます。長谷川先生の研究現場と所属されるJAXAの宇宙開発の最先端も紹介していただきます。

■長谷川先生からの一言■
 考える楽しさを身につけることは、勉強する楽しさを手に入れることです。多くの教科は手続きを手に入れれば、インスタントに点数が上がっていきますが、手に入れた手続きは他に応用が効くものでしょうか。勉強には色々な分野があって、それぞれ分野の方言があります。分野のすべては、人間が作ったもので「考えること」によって、分野の壁は乗り越えられるものと信じています。
 基礎的な物理をツールとして、分野にしばられない「考えること」を修得することができる方法を考えています。

【日時】 2018年4月21日(土)
    受付 午後2時30分
  施設見学 午後3時〜4時
   月例会 午後4時〜6時
 情報交換会 午後6時30分〜8時


【会場】 JAXA宇宙航空研究開発機構・相模原キャンパス 飛翔体環境試験棟 3201室
   (JR横浜線・淵野辺駅から徒歩20分/バス10分/タクシー5分)

【テーマ】 むずかしいこと わからないことを分からせるための学びのカタチ

【問題提起】
 長谷川 克也 (JAXA宇宙航空研究開発機構 研究員・医学博士)
 司会 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 15:00 | TrackBack(0) | 月例会

2018年03月17日

FMICS 3月例会(第698回例会) 大学の魅力をいかに時代にアッピールするか マスコミと仲良くする法

 高等教育問題研究会 FMICS 2018年3月例会(第698回)をご案内いたします。

●問題提起は、「大学通信」情報調査・編集部ゼネラルマネージャーの安田賢治さんです。大学の魅力をいかに時代にアッピールするか。マスコミと仲良くする法について、2018年問題を意識して考えます。

●昔むかし第97回月例会(1988年6月24日)で、すでに鬼籍に入られた朝日新聞の山岸駿介さんは「大学人はマスコミとうまい付き合い方を知らない」と言われ、付き合い方の極意を紹介してくださいました。
「多くの大学から、開学○○周年記念イベントの招待状が来る。大学の関係者は、○○周年だから、絶対に取材に来てくれて記事にしてもらえると思っている。とにかくそういうのがたくさん来る。どれも行けるはずはない。我々も忙しいことがわかっていない。本当は、小さいことでもいいけから、定期的に情報提供してくれたほうがうれしい。大きな事件がないときは、記事にもできます」
 このようなことをお話しになられたことを鮮明に記憶しています。目から鱗でした。

●5年前の第637回月例会(2013年7月23日)では、サンデー毎日編集部次長の中根正義さんに「大学の『あったかさある人間力』を点検する/大学を良くするためのマスコミとの付き合い方」についてお話しいただきました。
 中根さんからは、テーマを考える原理原則の3つのチェックポイントをいただきました。
  • 社会貢献を金科玉条のように唱えていないか
  • 自分の大学の強みを普遍化して考えているか
  • 広報において「三方良し」の気持ちがあるか

 18歳人口減少による大学間競争が激しさを増す中、今こそ、「三方良し」の広報を考えるべき時ではないかという問題意識に、25年前にも増して、目からたくさんの鱗が落ちました。

●いよいよ、大学は熾烈な生存競争を余儀なくされます。定員をいかに充たすか、学生募集の決め手は、どこまで学生ファーストを大切にしているか否かに掛かっています。
 安田さんには、2018年以降を意識した大学広報の原理原則を再点検するための本音ベースのお話をしていただきます。その後は、ご参加の皆さまには、たくさんのヒントをアクションプランにいかに落とし込むかのディスカッションをしていただきます。
 お仲間をお誘いの上、ご参加ください。

【安田賢治さんのプロフィール】
 1956年、兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、大学通信入社。30数年にわたって、大学をはじめとする教育関連情報を、データと大局観から整理され、書籍・情報誌を通じて発信。新聞紙上では、毎日新聞「安田賢治のここだけの話」、夕刊フジ「親も知らない今どき入試」を連載中。現在、常務取締役、情報調査・編集部ゼネラルマネージャー。大正大学非常勤講師。私立大学のコンサル、学校経営の専門家

【日時】 2018年3月17日(土)
  受 付 午後3時30分
  研究会 午後4時〜7時
  懇親会 午後7時15分〜9時15分

【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス 307教室
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 大学の魅力をいかに時代にアッピールするか
   マスコミと仲良くする法


【問題提起】
 安田 賢治 (「大学通信」常務取締役 情報調査・編集部ゼネラルマネージャー)
 高橋 真義 (桜美林大学名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
 *当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会

2018年02月10日

FMICS 2月例会(第696回例会) 2019年卒も「超売り手市場」は続くのか? 〜 就職できても安心できない理由 〜

■就活は早め早めに行動した方が有利になります。とは言え、長丁場の戦いです。慌てふためいて闇雲にバタバタと動き回ることは避けなければなりません。「超売り市場」だからという甘い言葉に舞い上がることなく、叩かれてもめげることなく、自分自身との戦いに勝つために、学生は何をしたら良いのでしょうか。

■学生を送り出す大学は、これまで続けてきたカラ元気の自信を身に付けさせるキャリア教育を見直さなければなりません。もはや、時代の製造物責任に応えることはできません。今こそ、大局観ある「らしさ」を全面に打ち出した出口戦略の再構築が求められます。

■今年も、3月1日の採用情報の解禁&エントリー受付開始を直前にして、就活生には少し耳の痛いエールを、日経カレッジカフェ副編集長/桜美林大学大学アドミニストレーション研究科非常勤講師の渡辺茂晃さんからいただきます。

■渡辺さんからのエールを踏まえて、ご参加の皆さまには、ワールド・カフェグ風にワイワイガヤガヤ本音ベースで、就活を大局的に語り切っていただきます。

■皆さまには、お仲間はもとより、ひとりでも多くの学生に声を掛けていただきご参加ください。 学生の皆さんには、安全な場で、じっくりと他流試合、場数を踏んでもらいたいものです。

《 渡辺さんからのメッセージ 》
 2018年卒業予定者の内定率が92.7%と過去最高を記録(10月時点、ディスコ調べ)しています。2019年卒の就職戦線も引き続き「超売り手市場」と言われ、東京五輪が開催される2020年まではこのまま売り手市場が続くといった声もあります。 さらに、労働力人口の減少によって、大学新卒者はこのまま売り手市場が続くという説もあります。「さあ、大学生の皆さん、安心して就活に臨んでください。誰もが行きたい会社に就職できる時代がやってきました!!」。なーんてわけはありません。仮に就職ができたとしても、その先には多くのライバルたちとの過酷な生き残り競争が待っているのです。


【日時】 2018年2月10日(土)
  受 付 午後3時30分
  研究会 午後4時〜7時
  懇親会 午後7時15分〜9時15分

【会場】 桜美林大学 四谷(千駄ヶ谷)キャンパス 1階ホール
   (JR 千駄ヶ谷駅 徒歩6分 / 地下鉄 北参道駅 徒歩5分)

【テーマ】 2019年卒も「超売り手市場」は続くのか?
   〜 就職できても安心できない理由 〜


【問題提起】 渡辺 茂晃 (日経新聞・日経カレッジカフェ副編集長/桜美林大学大学アドミニストレーション研究科非常勤講師)

 グループリーダー(社会人)
   鷲北 貴史 (社会学講釈師・おばか革命旋風児・高崎経済大学非常勤講師)
   寺田 稔 (成徳大学学生生活課長)
   興津 利継 (竹中工務店・桜美林大学大学アドミニストレーション研究科非常勤講師)
   八田 浩康 (亜細亜大学地域交流課長)
   遠山 直 (リクノアカデミック代表)
 グループリーダー(学生)
   緑川 嵩人 (桜美林大学4年)
   玉田 侑也 (桜美林大学3年)
   伊藤 あかね (桜美林大学3年)
   奈良橋 宇一 (桜美林大学3年)
   菅井 彩花 (東京経済大学2年)
   橋爪 昇平 (高崎経済大学3年)
   小林 ゆい (高崎経済大学3年)

 司会 高橋 真義 (桜美林大学名誉教授)

【参加費】 会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】 米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
 *お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
 *当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:渡辺 茂晃
posted by fmics at 16:00 | TrackBack(0) | 月例会