2021年04月01日

踊る阿呆に見る阿呆。同じ阿呆ならどっちを選ぶ?

 いきなりだが、若者には解説が必要な格言(?)から始めてみよう。まずは1つ目。
「20歳までに赤くならない奴はバカだ。だが、30歳で赤い奴はもっとバカだ」

 ここで言う「赤」とは共産主義(少し広く捉えて社会主義)的発想に思考が染まる事で、過激な行動をしてしまいがちである事の比喩表現である。字面はともかく、所謂思春期は自分の認識できる環境が急激に広がり、縁遠い境遇に対する理不尽さと、それに対する「怒り」に気づきやすいタイミングである。そこに気づけない人間は相当鈍感だという意味で「バカ」と形容する。ただ、高校卒業後の様々な経験を経て思春期に感じていた理不尽さが自らの知識不足に根ざした事が分かってくると、当時ほど強烈な怒りを覚えなくなる。これをもって「かしこまった」と言う(やや)ネガティブな評価をする向きも可能だが、人間として成熟した証とも評価できる。大半の人間は30歳にもなると後者の向きに自然となるので、思春期に抱いた感情を保持し続ける状況を好ましくないと断じるのが上の格言である。

 次に2つ目。
「やる気のある無能を組織に置いてはならない」

 これは、(本来のニュアンスはもっと過激なのだが)ナポレオンが似たニュアンスを語った事で有名で、直接的にはドイツの軍人ハンス・フォン・ゼークトが語ったものである。軍隊と言うある種特殊な組織に於いて、規律ある行動を維持するためには行動力や戦略思考に長けているという意味での「有能」さが大事なのであって、任務に対する「やる気」の有無は本質的ではない。むしろ、「やる気」だけを顕示する士官は規律行動の維持困難に陥るどころか、組織崩壊に導いてしまう。最悪の事態を回避するための最善の手段、これが上の格言に凝縮されている。

 今回の裏巻頭言に当たってなぜ上記2つの格言を持ち出したのかというと、とりわけ若者に対して、格言の裏に潜む罠にはまる可能性を今回の例会の流れが秘めていた事と、今回の例会のテーマの1つである「高大接続へのモヤモヤ」に対する解消のヒントが隠されているからだ。

 後述する様に、人が本気で考えるきっかけとして作用する要素の1つが(あらゆる場面における)理不尽さに対する「怒り」である。無論、怒りばかりではない。現状に対する「不足」感、「不平」「不満」、(欲求への)「渇望」感、様々な表現が可能だが、大事なことは何がしかの事象に対して自分の感情が揺さぶられなければならないという事である。もっと言えば、感情の揺さぶりは自己正当化するためのポジティブなものではなく、自己否定に向かい兼ねないネガティブなものであった方がいい。教育の観点からはある種賭けになる部分ではあるが、『エヴァンゲリオン』の主人公の如く、少なくとも「ぼく、ここにいていいんだ…」と言わせない事が重要である。相手の感情をネガティブに揺さぶらない、マイルドに言えば居心地の悪さを感じさせないという意味では、相手を無意味に褒めるのもいただけない。凡庸な人間に対して褒める事は彼等の「やる気」を無駄に刺激する事はあっても、有能到達へのきっかけになる事はほぼ皆無なのだから。

 こう断言すれば各所から批判が殺到するのは間違いないが、正直な話、中等教育で実践される「考える教育」は早晩テクニックが生み出されて有名無実化するだろう。これはある意味仕方ない。中等教育までで実践される「考える教育」のための素材は数種類のパターに分類可能であるとともに、中等教育までの教師は教育活動の方法論は理解していても、教科内容の方法論まで十分理解しているとは言えないからである(とりわけ地歴科、公民科、数学科で顕著)。かといって、高等教育に携わる者が講義内容の方法論を熟知しているのも稀で、中等教育での悩みの一端を理解しようとする感受性の存在すら怪しい。その意味で、今回の例会のテーマである高校接続を考えるに当たって重要な論点は高校の「何」と大学の「何」をどう接続するのかと言うことである。ここに対する明瞭な解答を用意できない限り、いつまで経っても高大接続の「モヤモヤ」は本質的に解消されないだろう。

 ならば、その「何」とは何なのか。私なりの解答は「考える力」であるという事を例会後の茶話会で提言させてもらった。教育学的発想から言えば「考える力」をどう測定するのかが大きな問題となるのであろうが、ここではそれを脇に置いておく。とりわけ今回の例会で「モヤモヤ」を解消できなかった者にとっては、どんな条件が重なると「考える力」を「身に付ける」きっかけになるのかを知りたいはずだ。茶話会では3つの要素を提示させてもらった。1つ目が先述の「怒り」に代表される感情の揺さぶりであって、(厳密なニュアンスは異なるが)FMICSの標語の1つであるPassionに通ずるものである。残り2つは中等教育までの「知識」と、高等教育で学ぶ「学問」である。今の中等教育までで伝達される知識の殆んどは各種学問領域から得られた知見の「つまみ食い」で構成される。言ってみれば、中等教育までの「つまみ食い」の内容の理屈を知るために提供される教授内容が高等教育の主戦場なのである。ここで大事なのは、高等教育で教授される内容が中等教育までの「知識」と質的に異なること、その理由が各種学問領域の発想方法や論理展開の「礼儀」が高等教育に散りばめられているからである。つまり、高大接続とは中等教育までの「知識」を念頭に置きつつ、各学問領域の「礼儀」を如何に身に付けさせるか、そのきっかけとしての接続であるべきだと言う事である。言葉として簡単に書いてしまっているが、これを実行に移すのは容易な事ではない。行動力を持続するための燃料として「怒り」などを挙げる事が出来るが、勿論、こうした事だけが燃料になる訳ではない。「知的好奇心」だって重要な燃料になるはずだ。

 かなり長くなったが、昔の経済学の入門書の冒頭に結構な頻度で書かれていた格言、これで本欄を閉める事にしよう。

 “Warm heart, cool head”(心は熱く、頭は冷静に)

(中村 勝之)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:中村 勝之
posted by fmics at 18:04 | TrackBack(0) | 巻頭言

チェーン店の挑戦、個人経営店の意識改革

 各飲食チェーン店の「徹底攻略」を指南する著作がありベテランの料理人でもある稲田俊輔氏、2021年3月6日朝日新聞「いま聞く」で久保田侑睴記者が飲食業界のコロナ再起のヒントに迫っていた。

 2019年の著書『人気飲食チェーンの本当のスゴさがわかる本』(扶桑社新書)で経営的な観点ではなく消費者目線でファミリーレストランやファストフードの魅力を語り、その一例としたのが「サイゼリヤ」(本社・埼玉県吉川市)。いわく「パスタやドリアは確かに安いが原価を計算するとちゃんと儲かるようにできている。でも生ハムやサラミは原価だけを考えるとずいぶん無理をしているように見える」と分析。「パスタやドリアでしっかり利益を出しているからこそ、高品質な前菜やワインを常識外れの価格で提供できる」。他に「マクドナルドの肉は本物志向」「ケンタッキーはご飯と味噌汁を付けて定食専門店を出すべき」「日高屋はビールの安いスタバ」など独自の視点で次々と斬っていく。

 なぜチェーン店に注目した本を出したのかの問いに「『しょせんチェーン店』という上から目線の評価が目立ちます。お金も時間もなくチェーン店で仕方なく食べているという人もいます。卑屈に背中を丸めていた人たちに私がどのようにチェーン店を徹底的に楽しみ尽くしているかを伝えようと思いました」。

 そんな時に出会ったのが当時サイゼリヤで提供されていた「粗挽きソーセージのグリル」。食卓でなじみのある燻製のソーセージではなく、イタリアで「サルシッチャ」と呼ばれる生ソーセージ。当時は専門店にしかないようなメニューが近くのファミレスにあったのだ。「サイゼリヤの人たちはイタリア料理が大好きで、マニアックなものをひそかにアピールしていると気付いたんです」。安くて親しみやすいメニューの中に通好みの一品を潜ませる。そんなチェーン店に自分との共通点を見つけた。サイゼリヤの広報担当者は「私たちが美味しいと思うものを提案していましたが、食通の方にそれを見つけて楽しんでいただけるのは販売者冥利に尽きる」という。

 一方で集いの場としての機能を担ってきた個人経営店、コロナ禍は長期化し依然厳しい状況。今後のカギは客側と店側の「意識改革」にあると訴え、「お一人様」の客に注目する。すでにその変化の兆しは現れていると語る。「『一人飲み』『お一人様』といった特集が雑誌でも組まれ、潜在的なニーズに世間が気付きつつあります」。チェーン店の挑戦や個人店の変革を受け入れ、面白がる。その独自の視点には、「食」を徹底的に楽しむヒントがあふれていると久保田記者。コロナ禍での大学の役割と機能の今後のカギに注目していきたい。

(宮本 輝)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:宮本 輝
posted by fmics at 18:02 | TrackBack(0) | 巻頭言

2021年02月05日

情報と好みと肌感覚と胆力と

 私は一応経済学者であるが、高等教育の大半を教育学部で過ごしてきた。今ではアクティブラーニング(AL)が教育業界でもてはやされているが、その遥か以前から問題解決学習の重要性が喧伝されてきた。知識偏重と言われる系統学習と対比される概念であろうが、正直、そこまで言うほどのメリットが理解できなかった(ALにしても、その重要性は理解できるが、全ての授業でALにするのはやめた方がいいと思っている)。今回の読書案内で【問題発見力】に関する親書を紹介したが、(いいポイントは突いていると思うが)実践的側面で言えば、ほぼ不可能なことを言っていると思っている。人は結局の所、自らの経験に根ざした視野・発想・行動しかできないのだから、そこから外れた視点から何を言われても(頭で理解できても)行動に移せる程のインパクトはないのではないだろうか。

 読書案内の内容との関連で、今回は2点指摘したい。第1に、【問題発見力】を鍛えるには自分の行動を逐一振り返ってみることである。たとえば、貴方がPCを購入しようとしているとする。このとき、貴方は使用目的に応じたスペックを調べるはずである。PCの知識の豊かな人は自分で調べられるが、知識に乏しい人なら詳しい知人や店員に聞いてみるはずである。PCに関する使用目的、知識、人脈など、購入するという行動に当たって必要な有形無形の事項を『情報』と呼ぶことにすると、何を情報にして、どのようにそれを活用するのか、ここを自覚できるようになっておいた方がいい。もう1つ考えるべきはどのPCを購入すればいいのか、その判断基準を自覚することである。使用目的にマッチしスペックも同一のPCが2種類あったとする。PCは1つあればいいのだから、必然的に1つを選択肢から外さなければならない。そこで重要になるのが貴方の『好み』である。この辺りは自覚できていると思うが、たかが好みと侮るなかれ。好みが自覚できていれば、意外な所から入力される情報についても「ピン」と来る可能性が出てくるのである。

 第2に、【問題発見力】を鍛えてもVUCAの時代を生き抜けるとは限らないことである。とかく同時代を生きる我々は、他者との差別化をはかるべく様々な努力をしなければならないという強迫観念に駆られているかもしれない。ただ、様々な努力やってみて理解する事は結局の所、やってみた事項の向き/不向きの自覚くらいである。読書案内で取り上げた新書では問題発見力との対比で【問題解決力】が挙げられているが、周囲を見て問題解決力を極めた人はほとんど見当たらない(言っておくが、東大を首席で入学する者は問題解決力に優れている訳ではない)。なので、問題解決力を極めればVUCAの時代を生き抜けるはずである。大事なことは、所謂「○〇力」の中で自分に最もマッチするのを見つけて、極める事である。まさに「好きこそ物の上手なり」である。こう書けば、「どうやって自分にマッチする物を見つけられますか?」と質問が飛んでくる。言っちゃぁ悪いが、この質問を投げる時点でVUCAに振り回される日常となるであろう。

 昔だって(当時の視点から見れば)VUCAだったはず。その意味では、昔も今も(見かけは違っても)さして変わった事項はない。そう考えると、昔も今も個別にやるべき事項もさして変わらない。『情報』と『好み』に基づいて行動を起こす。どの行動が自分にマッチするか、その判断は試行錯誤を繰り返した先にある『肌感覚』をキャッチする。そして、こうしたことを継続する『胆力』を鍛えることである。

(中村 勝之)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:中村 勝之
posted by fmics at 18:04 | TrackBack(0) | 巻頭言

コロナというなまえにほこり

 株式会社コロナ(本社:新潟県三条市、社長:小林一芳)は、「つぎの快適をつくろう。CORONA」をスローガンに、石油暖房機、給湯機、エアコンなどを取り扱う総合住宅設備メーカー。 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、社名が新型コロナウイルスを連想させることにより、社員やその家族、子どもたちまでが学校やメディアで何気なく耳にする言葉に心を痛め、落ち込むようなことがあるとの声があったことを受け、小林社長は「株式会社コロナで働くあなたのご両親に誇りを持ってほしい」と社員の家族や特にお子さんに伝えたい!という想いで、2020年6月13日(土)新潟日報にてメッセージ広告を発信、約2300人の全社員に手紙を送った。メッセージは子どもが読めるようにかなで書かれている。
 コロナではたらくかぞくをもつ、キミへ
 まだまだ、せかいじゅうが、しんがたコロナウイルスで、たいへんなことになっているね。
 そとであそべなくなったり、マスクをしなきゃいけなかったり、つらいこともたくさんあるとおもいます。
 そんななかでも、わたしたちコロナは、くらしをゆたかにする“つぎのかいてき”をつくろうと、きょうも、がんばっています。
 コロナではたらいてくれている、キミのおとうさんやおかあさん、おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさん、おにいさん、おねえさんも、いっしょうけんめいです。みんな、じまんのしゃいんです。いえにいるときのイメージとは、ちょっとちがうかもしれないけど。
 もし、かぞくが、コロナではたらいているということで、キミにつらいことがあったり、なにかいやなおもいをしていたりしたら、ほんとうにごめんなさい。かぞくも、キミも、なんにもわるくないから。わたしたちは、コロナというなまえに、じぶんたちのしごとに、ほこりをもっています。
キミのじまんのかぞくは、コロナのじまんのしゃいんです。
 かぶしきがいしゃコロナのしゃちょう より

 社名の由来は、石油コンロの青い炎と太陽の周囲に現れるコロナのイメージを重ね合わせ、親しみやすいブランド名として「コロナ」と名付け、1935年に商法登録された。今年の節分は124年ぶりに1日早い2月2日、疫病、風評被害、差別退散の願いを込めて参拝!

(宮本 輝)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:宮本 輝
posted by fmics at 18:02 | TrackBack(0) | 巻頭言

2021年01月14日

燻して、練って、溶かして、流し込んで

 「人を育てる」こう書くと簡単だが、実際は七転八倒の連続である(そうでなければ、FMICSがここまで存続しない)。

 ところで、皆さんは「人を育てる」ことを的確に表現する熟語は何かと考えた事があるだろうか? ベタに考えれば「教育」や「育成」という熟語が思いつくだろう。しかし、個人的にはこうした熟語は好きになれない。育てられた事の成果が、本人の自覚はもちろんのこと第三者にも観察されるのに相当な時間を要するのを含んだニュアンスになっていないからである。個人的には、人を育てる事を表す熟語として「薫陶」や「陶冶」を意識的に使っている。こちらの方が長時間かけて人を育てるというニュアンスを的確に表現していると思うからである。

 たとえば薫陶。これは陶器を作る主原料である土に香の薫りを染み込ませ、それを練って焼き上げる様から、「人に対して徳を染み込むように感化させ、人格者として育て上げる」というニュアンスを表現する熟語となった。現代の陶芸作家も(香の香りを染み込ませてはいないようだが)土を熟成させ、焼き上げた作品を半年ほど野ざらしにするそうだ。そうすることで茶室にふさわしい風合いが出るようである。

 本来、薫陶は「〜を受けた」と表現するように受け身で使われるのが普通である。つまり、これは教えを受ける側から捉えられた熟語であるのだが、教えられた内容を頭で理解しても体中に染み込ませるには相当な時間を要するという事を理解しておいた方がいい。頭で理解して全て分かった積もりで身体(≒行動)での表現まで至らなければ、「薫陶を受けた」ことにはならないのである。一方、教えを与える側から言えば、徳を積んでいることが絶対(に近い)条件になることは容易に想像つく。とはいえ、どれがいい薫り(≒徳)を出す香材(≒人材)なのかは事前に完璧に把握できるものではない。だから、徳をさほど積んでいない者から教えを受けると、それが染み込んで徳を積まない人材が育ってしまう。無論、さして徳を積んでいない者から薫陶を受けても絶世の逸材に育ち上がる可能性もあるのだから、かくも人に何かを教えるというのは難しくもあり、面白いものである。

 これに対して陶冶。これは本来陶器や鋳物を作る事を表しているが、これらがいずれも素材から成形される行為なので、「人の性質や能力を円満に育て上げる」というニュアンスがある。円満に人を育て上げるとはいえ、「円満」にはトラブルなく…みたいなニュアンスはない印象である。陶冶の「冶」には「練り上げる」という意味があるし、鍛冶師が作る刃物は高温状態と低温状態を繰り返した上で鉄を叩いて強さと切れ味を実現させていく。ここから分かるのは、質の高い陶器や鋳物(≒人材)を育て上げるには素材(≒若者)を様々な条件下に置かなければならないということである。そういえば、讃岐うどんはコシのある太麺で有名だが、昔は足で踏んでコシを出していたそうである。今では?の大量生産に対応するため機械で練っているが、地元の人に言わせれば、足で出したコシと機械で出したそれとは違うようである。また、ラーメン(拉麺)の「拉」は「引き延ばす」という意味らしい。

 話は逸れたが、人がそれなりに育つというのは長大な時間を要するのとともに、様々な境遇に置かれたりプレッシャーを受けなければならない。大人が若者に優しく接するのも厳しく接するのも、彼らを鍛え上げて質の高い人材に仕上げるためである。若者よ、周囲から叱責されて凹んでいる暇などない。様々な人達との触れ合いの中で燻され、練られ、溶かされ、(型に)流し込まれたらいい。そうやって人は育つのである。

(中村 勝之)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:中村 勝之
posted by fmics at 18:04 | TrackBack(0) | 巻頭言

2020年12月04日

VUCAの時代を楽しもう あなたとわたしの THINK BIG を束ねます

「ズラした先に見えるもの」 佐藤 琢磨
 今回の「VUCA時代を楽しもう」は,妙味あるテーマだ。「危機」を想起させるネガティブな言葉と「楽しもう」というポジティブな言葉が共存している。相反する二つの言葉で織りなされて,おおいに賛成だ。「見通しのつきにくい」と訳される「VUCA」だが,裏を返せば,先のことは誰にも分からないから,考えてみれば当たり前だ。
 物事はとらえ方が違えば,まったく異なる表層が浮かび上がってくる。要は,その人の考え方次第だ。時間は皆に等しく24時間だが,朝の1時間は昼間の数時間分に値するだろう。ジョギングをしながら英会話を聞けば時間を重ねて有効に使うことができる。とらえようによっては,24時間が26〜27時間分に値するかもしれない。「楽しもう」というキーワードには「視点をずらして見方を変える」という含みがあるように感じる。かける眼鏡により,景色は随分と変わる。今回のシンポで,様々な眼鏡を試してはいかがだろうか。

「水をさすようですが」 長堀 一之
 「自分が学生ならどう考えるか」、この視点がコロナ禍で各大学人にはあったのか? よしんばあったとして、それが「大学としての立場」「世間から責められないための防衛意識」「他大学を意識しての横並び意識」よりも上に来ていたのか? 本学には短大もある。次年度もオンラインが主となるようでは「何のために進学したのかわからない」と自分が学生なら思う。
 「コロナ禍だから仕方ないではないか」という意見は別の角度から見ると正しいのだろう。そんな中、『VUCAの時代を楽しもう』とのタイトルには若干違和感を感じている。批判ではない。いや、教職員なら思考を変えたり、決定プロセスを変えたり、「楽しむ」工夫はあるのだろう、まして、FMICSのメンバーであれば。でも学生はどうだ、コロナ禍で振り回され、保身に走る大学に嫌気がさしているのではないか? 「あなたとわたし」ではなく、「あなたとわたしと学生」について語るブレイクアウトセッションを行いたいと思う。

「コロナ禍の現在を考える」 平田 暁子
 緊急事態宣言発令の頃、連日、在宅勤務となった。「コロナ禍のなか、私にできることはStay Homeしかないんだ…」と、かなりのショックを受けた(今から考えると)。それまでは、仕事に誇りを持っていたのだ。そして、大学って、教育って何だろう?と考えるようにもなった。
 新型コロナにより、できなくなったこと、制限されたことは多すぎる。しかし、現地に足を運ばなくとも参加できるようになったFMICS月例会、研究会、学会などは地方者にとっては大変ありがたいことである。ZOOMにより、ディスプレイを通して、相手に会えて、会議もできる。
 個々においては、今の時間をどのように過ごすのか、で今後に差が出てくるはずである。今こそ、人を思いやる気持ち、できないことを嘆くより、どうしたら、できるか、前向きに考えることが重要になるものと思うのである。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 18:06 | TrackBack(0) | 巻頭言

「じゃまオジ」の矜持は「じゃまオジ」であり続けることだ!

 「じゃまオジ」これで裏巻頭言を書けという、相も変らぬ真義先生の無茶振り。どうやって話を繋げて行こうか…、思案しながら窓の外に目をやれば雀と目が合う。半端な田舎に居住する住民のあるあるな光景である。

 「じゃまオジ」何のことだか皆目見当もつかない読者も多いだろう。先日行われた例会ではとある年配の方が自虐的に(?)チャットに書き記したものである。個人的には洒落た表現で好きなのだが、例会中にはそこから話が膨らむことはなかった。

 「じゃまオジ」と聞いて、若者はどんなイメージを抱くだろうか。モードに追いつけない鈍感な人、追いつけないから仕事の足を引っ張りかねない人、仕事の足を引っ張ったことを叱責されて逆ギレする人…、こんなイメージを持つかもしれない。もしかしたら、おじさんにはない感性を持つ若者からは「かわいい〜」と言われるかもしれない。どう思われても仕方ない、どのイメージも中年以上の実態の一面を的確に表しているからだ。

 若者から見て、些か目障りに映る年長者はいつの時代にも存在していた。「じゃまオジ」とは全く違うニュアンスだろうが「頑固オヤジ」が最も近い表現だろう。逆に、年長者からは「今時の若者は…」なんて発言が太古から脈々と受け継がれてきた。こうした年長者と若者との間のギャップ(時代の認識の仕方とそれに対する対処の仕方の違いに代表できるだろう)は解消されることは決してなく、その意味で、我々は一歩も進歩していないと言えるのかもしれない。

 ある視点からカテゴリー化される事象に我々は「名前」を付けた。事象に名前を付けるのはそこに何らかの意味を付与する必要があるからである。それで行けば、ある視点でカテゴリー化された年長者を「じゃまオジ」と呼ぶのは、そうする必要があるからである。その必要とは何か? 世知辛い今の時流で行けば集団の中からやんわり排除する目的であろうか。ただ、悲しいかな、個人・組織にとって都合の悪いものを排除した世界が持続するわけがない。排除した残りの中から漏れなく邪魔者が生産されるからである。

 排除しようとしても排除し切れないし、仮に排除出来たところで時が経てば必ず生産される。しかも、今度は自分が排除される側に回るかもしれない(いや、必ず回る)。

 であるならば、「じゃまオジ」と自虐する暇があるのなら、その道を究めてしまうというのも面白い。自分が如何に「じゃまオジ」であるかを若者に見せる事で、若者が「じゃまオジ」になった際の在り様を教えるのである。「じゃまオジ」の矜持、ここに極まれり!

(中村 勝之)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:中村 勝之
posted by fmics at 18:04 | TrackBack(0) | 巻頭言

エプロン・ミシンの逆襲

 先日某クッキングスタジオの体験レッスンに参加、久しぶりにエプロンをつけたのがきっかけで目に留まった。日本経済新聞2020年11月26日「ヒットのクスリ(中村直文編集委員)」によると、アパレルのJUNが運営するブランド「サロン アダム エ ロペ」が、料理雑誌の「オレンジページ」やフィギュアスケーターの浅田真央さんとコラボしてエプロンを発売する。今秋、小学館のウェブマガジン「kufura(クフラ)」にエプロン特集があり、「料理をするとき、エプロンをつけますか?」とのアンケートに62.2%がつけないと回答。つけたり、つけなかったりが20.6%、そしてつけるが17.2%だった。つけない理由は「めんどくさい」「洗濯物が増える」「服が汚れても構わない」「そもそも持っていない」だった。一方で使う理由を聞くと「体形隠しになる」「携帯をポケットに入れられる」など市場再発掘の可能性も感じる。サロン アダム エ ロペによると、「外につけていけるファッション性もある。テレワークで自宅に長くいるので気持ちの切り替えにもつなげられる」という。実はエプロン、男性需要も増えているそうである。

 同様に市場が縮小していたミシンも需要が上向いている。最大手の蛇の目ミシン工業では1970年代に国内だけで年間50万台近くが売れ「一家に一台」といわれていたが、近年は20万台を割っていたという。ところが外出自粛や手作りマスクを作るための需要が発生。今年度は上期で既に昨年度の販売実績に並んでいる。同社は外出制限が終われば需要が落ちると見ていたが、巣ごもり生活は根付き好調を続けているという。5万円程度の
商品が売れ筋とのこと。

 エプロン、ミシンと昭和の「オワコン」が復権、近年不振が続く総合スーパーも回復傾向になる。代表格のイトーヨーカ堂にどんなオワコンが売れているかと聞くと「ミシンは昨年の2倍お売れ行き。他にはジグソーパズルが3倍、ボードゲームは2倍の伸び」と景気のいい話が返ってきた。ちなみにヨーカ堂はオワコンブームに乗り、創業100周年に合わせて「イトーヨーカドー限定 人生ゲーム」を12月1日から販売する。「1972年、ハトマークのロゴ誕生」などのマスをちりばめたのが特徴である。

 松屋銀座店では新・生活様式をうたい、「ぬか漬け」の道具と動画を扱う。コロナを機に様々なデジタルサービスが広がったが、生活を深堀りする消費者行動はアナログでも新市場を創造と位置づける。大学も「オワコン」から新しい業態、自己変革のときが来ていると感じた。

(宮本 輝)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:宮本 輝
posted by fmics at 18:02 | TrackBack(0) | 巻頭言

2020年11月06日

言葉を紡ごう、丁寧に丁寧に

 齢を重ねるのに比例して出会う人の数も増えていきます。家族、友達、先輩、後輩、担任、上司、顧客、…。出会った人達をその時々の環境に応じて色んな呼び方で呼称しますが、ある目線を通じて出会う人達をある程度分類する事が出来ます。もちろん、これは君自身の目線に忠実であるのが大事で、そこに客観性を持たせる必要はありません。で、それは何かと言うと、言葉の「紡ぎ方」とそこに込められた「想い」です。

 君の周りにこんな人はいませんか。「俺ってコミュ力抜群!」と言いながら場を乱すだけの人。「いざという時になったら俺はやるぜ!」と言いながら一向にやらない人。それが正当であれば本人の前で堂々と言えばいいのに、本人の見えない所で文句ばかり言う人。「それはおかしい!もっとこうするべきだ!」に対して「じゃぁ、ここに来てやってみる?」と返されて尻込みする人。事例を挙げたらきりがありませんが、こうした人達のことをカッコよく表現して【言動不一致】な人と総称することにしましょう。

 では、上で挙げた【言動不一致】な人はどこが一致してないのでしょうか。たとえば、コミュ力抜群と豪語する人はコミュニケーション本来の意味合いを間違って把握しています。コミュ力は「人前で喋る能力」と把握されがちですが、言葉とは元来それを発する人と受け取る人相互の了解の上で成り立つ「道具」です。受け取る人から発せられる言葉の意味、敢えてここでは「想い」と表現しておきますが、それをキャッチできなければコミュニケーションは成立しません。そして、その場に適した言葉を駆使、敢えてここでは「紡ぐ」と表現しておきますが、紡ぎ方を知らない者が言葉をやり取りした所で場を乱すだけです。それすら分からず、俺様ばりに「コミュ力抜群!」と豪語できる人…、痛くないですか? 俺様で言えば、「やる時はやるぜ!」と豪語する人も痛い奴と判断できます。俺様は発言した状況で「やるべき事」は何となく把握していると思われます。ですが、その「やるべき事」の期限がいつで、完成するまでにどれ位の時間を要するのか。完成物の精度はどれ位か。そこまで把握しているのでしょうか、俺様は。 内実や本音まで的確に把握して、その「想い」を言葉として的確に「紡ぐ」ならば、俺様は俺様発言などしないはずです。つまり、自らの率直な「想い」とそれを方明するために「紡いだ」言葉が一致しない、そういう人達のことを【言動不一致】な人と言っていいのかもしれません。

 ただ、上で述べた【言動不一致】な人の例外は幾つも見ることができます。たとえば、誰もが知っている某アスリート。誰が見ても日々努力を惜しんでないはずなのに、アスリート本人は「努力などしていない」と言ってはばからない。彼(彼女)からすると、自ら満足する成果を得るために集中している取り組む様、これを「努力」という言葉で表現しないのでしょう。別言すると、成果を残したいという「想い」を自分なりに「紡いだ」言葉が世間で流通している物ではないのでしょう。彼らからすると【言動一致】させた振舞いをしているにもかかわらず、第三者には【言動不一致】に見えてしまう…こんな感じでしょうか。

 私が同時代を生きる若者に望む事はただ1つ、自分の「想い」に寄り添った言葉を「紡げる」人間になって欲しい。これだけです。ただ、これを自分の内から実感するには、君の思うよりも相当長い時間を要するはずです。その間、勉強だって、恋愛だって、好きな事だって、嫌な仕事だって沢山の事柄を経験するはずですし、それを経ずして丁寧な言葉の「紡ぎ」出しは出来ません。そして、それがある程度自在に出来るようになって初めて〈無駄な経験など1つもない〉と実感できるはずです。

 経験したことが無駄だった…なんて思いたくないでしょ。ならば、色んな経験をして丁寧な言葉を「紡いで」行こうよ。

(中村 勝之)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:中村 勝之
posted by fmics at 18:04 | TrackBack(0) | 巻頭言

盲導犬幸せやのに

 「世間の誤解にほえさせてもらいますわ」。信号待ちの犬が突然、関西弁で話し始める。7月にスタートした日本盲導犬協会のテレビCMの一コマ。盲導犬へのネガティブなイメージに対して、自らが思いを語るユニークな設定で話題を呼ぶ一方、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などでは「犬の気持ちが分かるの?」と疑問の声も上がる。(2020年10月17日毎日新聞より

 視覚障害者とともに交差点で信号待ちをしている際、周囲から「盲導犬って大変そうだよね」「ストレス多そう」「かわいそう」とささやく声が聞こえてくる。それに気づいた盲導犬がふっと振り向き、「うちら、いつでも一緒におんのが幸せや思てんのに。そんなん言われたら、相方も悲しむわ」と一蹴。最後は「どうか、そんな目で見んといてえや。ほんまに、お願いしますわ。ほな、行こか」と立ち去る。

 CMはACジャパン支援キャンペーンとして制作。日本盲導犬協会は、「かわいそう」など盲導犬に同情するような何気ない言葉が長年にわたり視覚障害者を傷つけてきたとし、CMでは親近感を持ちながら互いの関係を正しく理解してもらおうと犬自身が語りかけるスタイルを採用。

 日本盲導犬協会は「誤解」が生じる背景に、視覚障害者は十分に盲導犬をケアできないのではという疑念が根強く残っていることを一因に挙げる。実際には視覚障害者は4週間にわたってパートナーとなる犬とトレーニングを積む。歩行だけではなく、餌やりや排せつといった犬の世話の仕方など、共同生活に向けて信頼関係を構築している。

 さらに盲導犬への理解を巡って関係者の頭を悩ませているのが施設や店舗への相次ぐ受け入れ拒否の問題。02年に施行された身体障害者補助犬法は、補助犬を伴う使用者を公共施設や飲食店などで受け入れることを義務づけている。

 視覚障害者への理解が進まない中で今年は「世間の誤解を解く」をテーマに全国の広告会社から58案が集まり、犬を主人公に自らの口で偏見解消をアピールした作品を採用した。全国の駅で掲示されるポスターなども作製、狙い目通り過去に比べ反響は大きいとのこと。

 現在盲導犬は900頭余りが全国で活躍中。ポスターの盲導犬は「みなさん、盲導犬の僕のこと、どのように見ています?」と投げかける。人気漫画「ワンピース」が少年ジャンプ編集部内で連載に反対意見が多かったのは有名な話だそうで、最近の名せりふは「異形を恐れるは己の無知ゆえ」。

(宮本 輝)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:宮本 輝
posted by fmics at 18:02 | TrackBack(0) | 巻頭言