2021年10月20日

FMICS BOOK PARTY 23-342 宮口 幸治 『ケーキの切れない非行少年たち』

「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあう「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。

【日時】 2021年10月20日(水) 午後8時〜10時
【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 宮口 幸治 『ケーキの切れない非行少年たち』 新潮新書


 【推薦者】 長井 美沙希 (取手聖徳女子高等学校 2年生)
【参加要件】 指定図書を読破された方
 【参加費】 無料
【参加定員】 15名
【申込締切】 2021年10月19日(火)
【事前課題】 *MUSTとします。
  1. 自己紹介 400字以内

  2. 『ケーキの切れない非行少年たち』の帯のポップコピーを考えてください。

  3. 読んだ直後の正直な感想を一文で表すと?

  4. アウトプットする=読み聞かせをしたいと思う3箇所を選んでください。

  5. お勧めの一冊を、例えば、「絶対に、元気元気元気に成る一冊」のような冠を付けて紹介してください。

  6. −1. 皆さまには、生まれる「疑問」をMEMOしながら、本書を一読してください。

    −2. 私が本を読んでいて思った「疑問」(14本)を読んでください。最近の高校生は、こんなことに「疑問」を持つのだなと感じてください。

    【私が本を読んでいて思った疑問】
    1. 褒める教育に意味はないのだろうか。

    2. 障害を持った方々に限らず、思い込みと事実はどのように判断、分類されるのか(思い込みってなかなか気づけないけど…)。

    3. 著者の思考のように非行少年がいじめだと思い込んでストレスをためているのだとしたら、周りがイジメを察知するのは困難ではないだろうか。

    4. 対人スキルのように客観的に自分ではかることのできないものをどうやって問題があると判断するのだろうか。

    5. 少子化が進み、子供の数が減少している中で、未来を託された子供たちのために、私たちには何ができるのだろうか。

    6. p56- 13〜p57−7に書かれているように、わからないけれども叱られることを恐れて(他にも羞恥心などから)わかったふりをする子供は非行少年に限らずたくさんいる。良くも悪くも、そんな子供たちに私たちはどのようなアプローチができ、改善することがきるのだろうか。そもそも治す必要はあるのか。

    7. 知的障害の種類がどんどん増え続けている今、本当に支援を必要としている人に支援はいきとどいているのだろうか。

    8. 軽度の知的障害を持った方に必要な支援はなんなのだろうか。今はどんな支援があって、どんな問題があるのか。

    9. p113に書いてあるような虐待を防止する支援を実現するためには、どのようなアプローチをすればいいのだろうか。

    10. 教員に本書が求めるようなスキルを身に着けさせることはできるのだろうか。

    11. 生きやすい世界にするためにはどうすればいいのだろうか。(彼らの内面を変えるのではなく、社会を変えるとしたら)そもそも生きやすい世界とは。

    12. 本書の解決策以外にいい対策はないのだろうか。

    13. トレーニングを行えば解決できるのだろうか。

    14. 学校教育に丸投げでいいのだろうか。そもそも、学校教育の転換は実現できるのだろうか。

    −3. このステップを踏んでいただき、私が皆さんになげかける「疑問」5本の中から1本を選んで、回答してください。

    【皆さんに投げかける疑問】
    1. p6 に書かれているように、現代は現場のニーズに応えられているかどうかが重要視されています。皆さんなら、現場のニーズに応えるためにどのような行動や対策をとるべきだと思いますか(自由な状況・条件で答えてほしいです)。

    2. 非行少年が生まれる要因として、生活環境は関係していると思いますか。理由も教えてください。

    3. p20の少年が描いたものを再現した図を見てどんなことを感じましたか。直感的でいいので、著者以外の見解を教えてください。

    4. p34の少年が描いたものを再現した図を見てどんなことを感じましたか。自由に書いてください。

    5. 本を読む前と呼んだあとで、どのような心境の変化がありましたか。

【申込&事前課題提出先】
 shingi(アット)obirin.ac.jp 高橋 審議
 yoneda(アット)fmics.org 米田 敬子

★11月の推薦図書★
 藤原 伊織 『テロリストのパラソル』 角川文庫
 推薦者 三井 道隆 (三菱商事関西支社事業開発部部長代行)

★12月の推薦図書★
 石牟礼 道子 『苦海浄土』 講談社文庫
 推薦者 小坂 和輝 (こども元気!!クリニック・病児保育室 理事長/院長)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2021年09月22日

FMICS BOOK PARTY 22-341 若松 英輔 『悲しみの秘儀』

「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあう「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。

【日時】 2021年9月22日(水) 午後8時〜10時
【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 若松 英輔 『悲しみの秘儀』 文藝春秋


 【推薦者】 黒沼 靖史 (光英VERITAS中学校高等学校 美術教諭)
【参加要件】 指定図書を読破された方
 【参加費】 無料
【参加定員】 15名
【申込締切】 2021年9月21日(火)
【事前課題】 *MUSTとします。
  1. 自己紹介 400字以内
  2. 『悲しみの秘義』の帯のポップコピーを考えてください。
  3. 読んだ直後の正直な感想を一文で表すと?
  4. アウトプットする=読み聞かせをしたいと思う3箇所を選んでください。
  5. お勧めの一冊を、例えば、「絶対に、元気元気元気に成る一冊」のような冠を付けて紹介してください。
  6. 自分がこの本の編集、装丁に関わるとしたら … といった気持ちで「自分の一番気にいった章の挿絵、扉絵にしたい画像」を選んでみましょう!
      自分が一番気にいった章を選んでください。
      そして、その内容から思い浮かんだイメージの絵か写真を提出してください。
      自分で絵を描いても、スマホなどで撮った写真でも構いません。
      また、自分で描いたり撮影するのではなく、他の人の写真や絵から選んでも結構です。
     ★画像の色について
      紙の本は印刷の色数があります。この本は1色刷りですので、できれば写真や絵を白黒の画像にしてみるのも面白いでしょう。(もちろんフルカラーでも構いません)
      ※スマホであればカメラアプリまたは画像アプリに白黒に編集する機能がついています。
     ★ご注意(写真を選ぶ場合)
      インターネットから探すのもありですが、章の文中のキーワードを用いて画像検索をすると 自分の感性ではなく他人の感性の蓄積・AIの選んだ結果からの選択になってしまうので、本当に困った時以外はお勧めしません。
      検索の例:「悲しみ」が主なイメージな場合、「悲しみ」や「悲しい」などで検索するのではなく、『ああ、落ち込んだ時は空を見上げたなあ』とか『親しい人からもらった一輪挿しのコスモスをうっかり枯らしてしまった時は本当に 悲しかったなあ』など自分の経験ストーリーから連想する事柄など検索ワードを選び、探すことをお勧めします。

【申込&事前課題提出先】
 shingi(アット)obirin.ac.jp 高橋 審議
 yoneda(アット)fmics.org 米田 敬子

★10月の推薦図書★
 宮口 幸治 『ケーキの切れない非行少年たち』 新潮新書
 推薦者 長井 美沙希 (取手聖徳女子高等学校 2年生)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:黒沼 靖史
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2021年08月18日

FMICS BOOK PARTY 21-340 村田 沙耶香 『コンビニ人間』

「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあう「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。

【日時】 2021年8月18日(水) 午後8時〜10時
【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 村田 沙耶香 『コンビニ人間』 文春文庫


 【推薦者】 今西 はな (グリンネル大学1年 柳井正財団奨学生)
【参加要件】 事前課題を完了された方
 【参加費】 無料
【参加定員】 15名
【申込締切】 2021年8月15日(日)
【事前課題】 *MUSTとします。
 1.自己紹介 400字以内
 2.『コンビニ人間』の帯のポップコピーを考えてください。
 3.アウトプットする=読み聞かせをしたいと思う3箇所を選んでください。
 4.お勧めの一冊を、例えば、「絶対に、元気元気元気に成る一冊」のような冠を付けて紹介してください。
 5.a:読んだ直後の正直な感想を一文で表すと?
   b:「コンビニ人間」である古倉恵子に共感したり、考えさせられると高く評価する読者が多い。その一方で「コンビニ人間」という作品自体に対して猛烈な不快感を覚える読者が一定数いる。それぞれどのような読者で、なぜこれほど対極な反応を「コンビニ人間」は起こすのだろうか?

■プログラムは、今西さんが通学する大学の朝の学食からの進行となります。
 今西さんの冒頭の発表は、15分です。事前課題をもとに、「考え方の違う3人」をグループにします。
 各グループで話し合っていただき、一つの答えを出していただきます。
 各グループに、話し合いの様子と答えを発表していただきます。

【申込&事前課題提出先】
 shingi(アット)obirin.ac.jp 高橋 審議
 yoneda(アット)fmics.org 米田 敬子

★9月22日(水)の推薦図書★
 若松 英輔 『悲しみの秘儀』 文藝春秋
 推薦者 黒沼 靖史 (光英VERITAS中学校高等学校 美術教諭)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:今西 はな
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2021年07月12日

FMICS BOOK PARTY 20-339 五味 太郎 『大人問題』

「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあうことができる「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。指定図書を読破された方、読み込み中の方のご参加も歓迎いたします。

【日時】 2021年7月12日(月) 午後8時〜10時

【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 五味 太郎 『大人問題』 講談社文庫


【推薦者】 田中 頌子 (湘南工科大学工学部 2年)
 小さい頃に五味先生の絵本をずっと読んでいました。不思議な色合いで可愛くて、ほとんど文章がないのに何故か惹かれてしまう絵本です。
 今年の2月に「五味太郎はいかが?」という特集がNHKのEテレで放送されました。密着取材をしている番組だったのですが、見た目も中身もギャップがすごかったです。自分の中にしっかりと軸を持っている方です。かなりハッキリと考えを述べているので色々な意見が出てくると思いますが、そんな五味先生の考えを皆さんと共有できたら楽しいなと思いこの本にしました。

【参加要件】 指定図書を読破された方
 【参加費】 無料
 【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 担当:米田 敬子
【申込締切】 2021年7月10日(土) ※定員15名
【事前課題】
 1.自己紹介 400字以内
 2.『大人問題』の帯のポップコピーを考えてください。
 3.アウトプットする=読み聞かせをしたいと思う3箇所を選んでください。
 4.お勧めの一冊を、例えば、「絶対に、元気元気元気に成る一冊」のような冠を付けて紹介してください。
 5.まずはじめに、最近あった楽しかったことやモヤモヤすることなどを絵に描いてください。
 絵が描き上がったところで、その出来事が起こった前後のことを文章にしてください。
 絵の中には文字を入れないでください。

★8月の推薦図書★
 村田 沙耶香 『コンビニ人間』 文春文庫
 推薦者 今西 はな (グリンネル大学1年/柳井正財団奨学生)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:田中 頌子
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2021年06月25日

FMICS BOOK PARTY 20-339 伊藤 亜紗 『手の倫理』

「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあうことができる「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。指定図書を読破された方、読み込み中の方のご参加も歓迎いたします。

【日時】 2021年6月25日(金) 午後8時〜10時

【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 伊藤 亜紗 『手の倫理』 講談社選書メチエ


【推薦者】 大山 範子 (神戸女子大学古典芸能研究センター 非常勤研究員)
「さわる」と「ふれる」という言葉を、皆さまはどのように使い分けていらっしゃいますか。
 『手の倫理』は、この二つの語の分析を議論の出発点として、さまざまな場面をあげて「接触」を通して生じるコミュニケーションを論じています。こうした触覚のありようは私にはとても新鮮で、皆さまからいろいろとお話をうかがえればと思ってこの本を選びました。

【参加要件】 指定図書を読破された方
 【参加費】 無料
 【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 担当:米田 敬子
【申込締切】 2021年6月23日(木) ※定員15名
【事前課題】
 1.自己紹介 400字以内
 2.『手の倫理』の帯のポップコピーを考えてください。
 3.アウトプットする=読み聞かせをしたいと思う3箇所を選んでください。
 4.お勧めの一冊を、例えば、「絶対に、元気元気元気に成る一冊」のような冠を付けて紹介してください。
 5.次の二つのどちらか(両方とも可)を選んでください。
 @「さわりたい」ものと「ふれたい」ものをそれぞれ一つあげて、その理由も聞かせてください。
 A「さわる」「ふれる」という言葉を使ってお話を作ってください(詩や短歌・俳句、あるいは視覚的なオブジェも可)。

★7月の推薦図書★
 五味 太郎 『大人問題』 講談社文庫
 推薦者 田中 頌子 (湘南工科大学工学部 2年)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2021年05月28日

FMICS BOOK PARTY 19-338 アンデシュ・ハンセン 『スマホ脳』

「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあうことができる「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。指定図書を読破された方、読み込み中の方のご参加も歓迎いたします。

【日時】 2021年5月28日(金) 午後8時〜10時

【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 アンデシュ・ハンセン『スマホ脳』


【推薦者】 小西 英行 (多摩大学 経済学部教授)

【参加要件】 指定図書を読破・読み込み中の方
 【参加費】 無料
 【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 担当:米田 敬子
【申込締切】 2021年5月27日(木) ※定員15名

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2021年04月27日

FMICS BOOK PARTY 18-337 手塚 治虫 『火の鳥4・鳳凰編』

「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあうことができる「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。指定図書を読破された方、読み込み中の方のご参加も歓迎いたします。
 今月の課題図書の推薦者は、桜美林大学名誉教授の高橋真義さんです。
 「文庫版」ではなく、ぜひとも「大判」で読んでください。不世出の天才手塚治虫ワールドに、潜り込むことができます。
 皆さまには、お仲間、生徒さん、学生さんにもお声かけのうえご参加ください。

【日時】 2021年4月27日(火) 午後8時〜10時

【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 手塚 治虫 『火の鳥4・鳳凰編』


【推薦者】 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加要件】 指定図書を読破・読み込み中の方
【参加費】 無料
【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 担当:米田 敬子
 申込締切 2021年4月26日(月) ※定員15名


★★ FMICS BOOK PARTY 2021.5 ★★
■日時   2021年5月28日(金) 午後8時〜10時
■指定図書 アンデシュ・ハンセン (著) 久山 葉子 (翻訳)
      『スマホ脳』新潮新書 2020.11.18 1078円(税込)
■推薦者  小西 英行 (多摩大学 経済学部教授)
■参加費  無料
■参加定員 15名
■申込締切 2021年5月27日(木)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2021年03月23日

FMICS BOOK PARTY 17-336 森山 至貴 『LGBTを読みとく』

  ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。指定図書を読破された方、読み込み中の方のご参加も歓迎いたします。
 「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあうことができる「安全な場」です。
 学校や職場でマイノリティーとどう向き合うか。「LGBT」を手掛かりとして、多様な性のあり方を知る方法を学ぶための入門書です。皆さまには、本書を読んであなたの人生観はどのようにかわったかについて2分間のスピーチをしていただきます。
 ブレイクアウトセッションは、少人数のグループで、「LGBT」について、じっくり語りあっていただきます。語り足りない方には、夜10時からの茶話会にもご参加ください。

【日時】 2021年3月23日(火) 午後8時〜10時

【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 森山 至貴 『LGBTを読みとく』


【推薦者】 城内 康文(早稲田大学学生)
【司会】 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加要件】 指定図書を読破された方、または読破すると決められた皆さま
【参加費】 無料

【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 担当:米田 敬子
 申込締切 2021年3月19日(金) ※定員15名

★★ FMICS BOOK PARTY 2021.4 ★★
■日時   2021年4月27日(火) 午後8時〜10時
■指定図書 手塚治虫 『火の鳥・鳳凰編』
 *文庫版ではなく、大判で読んでください。
  天才漫画家・手塚治虫ワールドの中に、潜り込むことができます。
■推薦者  高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)
■参加要件 指定図書を読破された方
■参加費  無料
■参加定員 15名
■申込締切 2021年4月23日(金)

★★ FMICS BOOK PARTY 2021.5 ★★
■日時   2021年5月28日(金) 午後8時〜10時
■指定図書 アンデシュ・ハンセン (著) 久山 葉子 (翻訳)
      『スマホ脳』新潮新書 2020.11.18 1078円(税込)
■推薦者  小西 英行 (多摩大学経済学部教授)
■参加要件 指定図書を読破された方
■参加費  無料
■参加定員 15名
■申込締切 2021年5月27日(木)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:城内 康文
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2021年02月27日

FMICS BOOK PARTY 16-335 宮野 公樹 『学問からの手紙』

  ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。指定図書を読破された方、読み込み中の方のご参加も歓迎いたします。
 「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあうことができる「安全な場」です。
 「異分野融合の仕掛け人」としてメディアが注目している新進気鋭の宮野公樹京都大学准教授の言葉の数々は、皆さまの琴線に触れること間違いありません。宮野ワールドに、ぜひ、ご一緒に飛び込んでいただきたいと願うばかりです。
 ご参加の皆さまには、「勉強」と「学問」の違いについて思うところを、人生の先輩として、参加の高校生・大学生に対して2分間のプレゼンテーションしていただきます。高校生と大学生からは、忖度なしのコメントもらいます。
 ブレイクアウトセッションは、少人数のグループで、「勉強」と「学問」の違いについて、じっくり語りあっていただきます。
 語り足りない方には、22時からの茶話会にもご参加ください。

【日時】 2021年2月27日(土) 20:00〜22:00

【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 宮野 公樹 『学問からの手紙』


【推薦者】 米田 敬子(FMICS事務局)
【司会】 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加要件】 指定図書を読破された方、または読破すると決められた皆さま
【参加費】 無料

【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 担当:米田 敬子
 申込締切 2021年2月26日(金)

★★ FMICS BOOK PARTY 2021.3 ★★
■日時 2021年3月23日(火) 午後8時〜10時
■指定図書 森山 至貴 『LGBTを読みとく』 ちくま新書
■推薦者 城内 康文(早稲田大学学生)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2021年01月18日

FMICS BOOK PARTY 15-334 末永 幸歩 『13歳からのアート思考』

 ワイワイガヤガヤ、仲間とともに一冊の本を読むことの楽しさを共有します。指定図書を読破された方、読破すると決められた方のご参加も歓迎いたします。ブレイクアウトセッションは、じっくりと語りあうために3名といたします。

【日時】 2021年1月18日(月) 20:30〜22:30

【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 末永 幸歩 『13歳からのアート思考』


【解題】 黒沼 靖史(聖徳大学附属女子中高校 美術教諭)
【発表】
  佐藤 琢磨(法政大学)
  大山 範子(神戸女子大学)
  米田 敬子(FMICS事務局)
  城内 康文(早稲田大学 学生)
  田中 頌子(湘南工科大学 学生)
【ファシリテーター】 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加要件】 指定図書を読破された方、または読破すると決められた皆さま
【参加費】 無料

【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 担当:米田 敬子
 参加定員 20名
 申込締切 2021年1月16日(土)

【事前自主トレーニング】
 事前に、1枚の絵を見て「1分間ストーリー」を考えてください。ストーリーを300文字程度に起こしておかれることをお勧めいたします。
【参考】 #名画で学ぶ主婦業【厳選】


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 20:30 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)