2022年09月22日

FMICS BOOK PARTY 34-353 ジョージ・オーウェル『一九八四年』

「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあう「安全な場」です。仲間とともに一冊の本を上下左右前後斜めに読むことの楽しさを共有します。この2時間で、あなたは心身ともに元気元気元気いっぱいになります。皆さまには、お仲間、特に、生徒さん、学生・生徒さんにもお声かけのうえご参加ください。2時間のワイワイガヤガヤでは語り足りない方には、23時10分からの懇親会にもご参加ください。

【日時】 2022年9月22日(木)21時〜23時
【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 ジョージ・オーウェル『一九八四年』


 【推薦者】 小坂 和輝 (こども元気!!クリニック・病児保育室 理事長/院長)
 【参加費】 無料
【参加定員】 15名
【申込締切】 2022年9月21日(水)
【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 米田 敬子
【事前課題】 *MUSTとします。
  1. 自己紹介 400字以内

  2. 『一九八四年』を読んだ直後の正直な感想を一文で表してください。

  3. 『一九八四年』の帯のポップコピーを考えてください。

  4. アウトプットする=読み聞かせをしたいと思う3箇所を選んでください。

  5. あなたのお薦めの一冊の本をご紹介ください。

  6. どのような問いを立ててよいか、本書を選んでから、ずっと考えてきましたが、この6の問いは、今もどうすれば、よいか悩み中です。(『苦海浄土』を推薦した時と同じく)そこで、以下のような形で問いを立てさせていただきます。
    (1)あなたなら、この「6の課題」には、どのような問いを立てますか?
    (2)ご自身が立てた(1)の問いにお答えいただくか、以下の(ア)〜(ウ)のいずれか一つにご回答ください。
    (ア)『一九八四年』を読んで、あなたの中で何か「変わったこと」がありましたか。「変わったこと」を教えて下さい。
    (イ)もし、あなたが、ウィンストン・スミスであったなら、『一九八四年』の世界を、どのように生きましたか?
    (ウ)『一九八四年』の世界が、今の時代に既に起きていると思うことがあれば、教えて下さい。


【これからの課題図書&推薦者】 
 10月20日(木)
  『五感の哲学』加藤 博子
   大山 範子 (神戸女子大学古典芸能研究センター)
 11月
  『男たちの旅路』山田 太一
   白銀 泰 (会社員・朝日新聞社NIE事務局勤務)
 12月
   白野 愛美 (大坂女学院法人事務局)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:小坂 和輝
posted by fmics at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2022年08月08日

FMICS BOOK PARTY 33-352 スチュアート・ダイベック『シカゴ育ち』(柴田 元幸 訳)

「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあう「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。

【日時】 2022年8月8日(月) 午後9時〜11時
【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 スチュアート・ダイベック『シカゴ育ち』(柴田 元幸 訳)


 【推薦者】 興津 利継 (竹中工務店・元桜美林大学大学アドミニストレーション研究科非常勤講師)
【参加要件】 指定図書を読破された方
 【参加費】 無料
【参加定員】 15名
【申込締切】 2022年8月7日(日)
【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 米田 敬子
【事前課題】 *MUSTとします。
  1. 自己紹介 400字以内

  2. 『シカゴ育ち』を読んだ直後の正直な感想を一文で表してください。

  3. 『シカゴ育ち』の帯のポップコピーを考えてください。

  4. アウトプットする=読み聞かせをしたいと思う3箇所を選んでください。

  5. あなたのお薦めの一冊の本をご紹介ください。

  6. 『シカゴ育ち』の各話では、街の暮らしにあ る何気ない風景を通して、ささやかだけれど鮮やかな心の動きが確かな手触りを持って描かれています。あなたの記憶にある、またはいつも接してい る、そんな情景、エピソードを教えてください。


「七つの短篇と七つの掌篇が織りなす美しく力強い小説世界」(白水社の紹介文より)。
 一冊全部でなくても、一編だけ読んでのご参 加も歓迎いたします。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:興津 利継
posted by fmics at 21:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2022年07月20日

FMICS BOOK PARTY 32-351 江村 洋『ハクスブルグ家』

「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあう「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。

【日時】 2022年7月20日(水) 午後9時〜11時
【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 江村 洋『ハクスブルグ家』講談社現代新書


 【推薦者】 興津 利継 (竹中工務店・元桜美林大学大学アドミニストレーション研究科非常勤講師)
【参加要件】 指定図書を読破された方
 【参加費】 無料
【参加定員】 15名
【申込締切】 2022年7月19日(火)
【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 米田 敬子
【事前課題】 *MUSTとします。
  1. 自己紹介 400字以内

  2. 『ハクスブルグ家』を読んだ直後の正直な感想を一文で表してください。

  3. 『ハクスブルグ家』の帯のポップコピーを考えてください。

  4. アウトプットする=読み聞かせをしたいと思う3箇所を選んでください。

  5. あなたのお薦めの一冊の本をご紹介ください。

  6. 本書を読んで取り上げたい人物、覇権構造・社会構造の変化や国に関するご意見、または、派生して調べられた事への意見などから2つお示しください。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:興津 利継
posted by fmics at 21:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2022年06月16日

FMICS BOOK PARTY 31-350 若松 英輔 『言葉の贈り物』

「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあう「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。

【日時】 2022年6月16日(木) 午後8時〜10時
【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 若松 英輔 『言葉の贈り物』 亜紀書房


 【推薦者】 白銀 泰 (朝日新聞社 NIE事務局)
【参加要件】 指定図書を読破された方
 【参加費】 無料
【参加定員】 15名
【申込締切】 2022年6月15日(水)
【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 米田 敬子
【事前課題】 *MUSTとします。
  1. 自己紹介 400字以内

  2. 『言葉の贈り物』を読んだ直後の正直な感想を一文で表してください。

  3. 『言葉の贈り物』の帯のポップコピーを考えてください。

  4. アウトプットする=読み聞かせをしたいと思う3箇所を選んでください。

  5. あなたのお薦めの一冊の本をご紹介ください。

  6. 24の“言葉の守り札”(各章)の中から1本を選んで、あなたは、皆さんとどのようなことを考えたいかをまとめてください。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:白銀 泰
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2022年05月26日

FMICS BOOK PARTY 30-349 吉田 兼好 『徒然草』

「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあう「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。

【日時】 2022年5月26日(木) 午後8時〜10時
【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 吉田 兼好 『徒然草』


 【推薦者】 岡村 浩 (工学院大学名誉教授)
【参加要件】 指定図書を読破された方
 【参加費】 無料
【参加定員】 15名
【申込締切】 2022年5月25日(水)
【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 米田 敬子
【事前課題】 *MUSTとします。
  1. 自己紹介 400字以内

  2. 『徒然草』を読んだ直後の正直な感想を一文で表してください。

  3. 『徒然草』の帯のポップコピーを考えてください。

  4. アウトプットする=読み聞かせをしたいと思う3箇所を選んでください。

  5. あなたのお薦めの一冊の本をご紹介ください。

  6. .課題4.で選んだ3箇所の内1箇所を選んで、なぜ選んだのかの理由をお話しください。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:岡村 浩
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2022年04月26日

FMICS BOOK PARTY 29-348 宮里 暁美 『耳をすまして目をこらす』

「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあう「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。

【日時】 2022年4月22 26日(火) 午後8時〜10時
【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 宮里 暁美 『耳をすまして目をこらす』 赤ちゃんとママ社


 【推薦者】 松山 益代 (慈紘保育園園長)
【参加要件】 指定図書を読破された方
 【参加費】 無料
【参加定員】 15名
【申込締切】 2022年4月21 25日(月)
【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 米田 敬子
【事前課題】 *MUSTとします。
  1. 自己紹介 400字以内

  2. 『耳をすまして目をこらす』を読んだ直後の正直な感想を一文で表してください。

  3. 『耳をすまして目をこらす』の帯のポップコピーを考えてください。

  4. アウトプットする=読み聞かせをしたいと思う3箇所を選んでください。

  5. あなたのお薦めの一冊の本をご紹介ください。

  6. a)『ご自身の幼児期のエピソードをご紹介ください。
    b)コロナ禍で人との関りが制限された今を生きている子どもたちに、大人の自分が取り組みたいと考える事をご紹介ください。

【これからの推薦者&課題図書】
5月 岡村 浩 (工学院大学名誉教授)
6月 白銀 泰 (朝日新聞CSR推進部)
 若松 英輔『言葉の贈り物』亜紀書房

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:松山 益代
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2022年03月22日

FMICS BOOK PARTY 28-347 松井 今朝子『芙蓉の干城』

「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあう「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。

【日時】 2022年3月22日(火) 午後8時〜10時
【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 松井 今朝子『芙蓉の干城』集英社

 松井今朝子は京都出身の歌舞伎著作の第一人者。本編は『壺中の回廊』に続くミステリー第二弾。昭和8年、歌舞伎の殿堂で起こった殺人事件に桜木治郎と従姉妹澪子のコンビが挑む。時代背景、歌舞伎の世界、『芙蓉の干城』の世界を楽しんでください。第4回渡辺淳一文学賞受賞作。

 【推薦者】 八坂 青志 (京都総合科学研究所)
【参加要件】 指定図書を読破された方
 【参加費】 無料
【参加定員】 15名
【申込締切】 2022年3月21日(月祝)
【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 米田 敬子
【事前課題】 *MUSTとします。
  1. 自己紹介 400字以内

  2. 『芙蓉の干城』を読んだ直後の正直な感想を一文で表してください。

  3. 『芙蓉の干城』の帯のポップコピーを考えてください。

  4. アウトプットする=読み聞かせをしたいと思う3箇所を選んでください。

  5. あなたのお薦めの一冊の本をご紹介ください。

  6. a)、b)のいずれかを選んで、お答えください。

    a)『芙蓉の干城』に描かれている時代(昭和8年頃)と現代(令和4年頃あるいは書かれた2017年(平成29年)頃での異なる点、似ている点を貴方の視点で述べてください。

    b)この小説に出てくる登場人物のうち、あなたの好きな登場人物はだれですか、またその理由は。目次の次にある主な登場人物を参考になさってください(このリストに出てこない人物でも結構です)。

【これからの推薦者&課題図書】
4月 松山 益代 (慈紘保育園園長)
5月 岡村 浩 (工学院大学名誉教授)
6月 白銀 泰 (朝日新聞CSR推進部)
 若松 英輔『言葉の贈り物』亜紀書房

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:八坂 青志
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2022年02月06日

FMICS BOOK PARTY 27-346 市毛 良枝『山なんて嫌いだった』

「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあう「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。

【日時】 2022年2月22日(火) 午後8時〜10時
【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 市毛 良枝 『山なんて嫌いだった』 山と渓谷社


 【推薦者】 八鍬 忠雄 (山口東京理科大学 学術情報システム課)
【参加要件】 指定図書を読破された方
 【参加費】 無料
【参加定員】 15名
【申込締切】 2022年2月21日(月)
【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 米田 敬子
【事前課題】 *MUSTとします。
  1. 自己紹介 400字以内

  2. 『山なんて嫌いだった』を読んだ直後の正直な感想を一文で表してください。

  3. 『山なんて嫌いだった』の帯のポップコピーを考えてください。

  4. アウトプットする=読み聞かせをしたいと思う3箇所を選んでください。

  5. あなたのお薦めの一冊の本をご紹介ください。

  6. どちらかを選んで、答えてください。
     a)好みではないと思っていたのに、やってみたらハマった事はありますか。
       またなぜ、ハマったと思いますか。
     b)仕事と別の世界をお持ちですか。
       また、どのような世界ですが。


【これからの推薦者&課題図書】
3月 八坂 青志 (京都総合科学研究所)
 松井 今朝子『芙蓉の干城』集英社
4月 松山 益代 (慈紘保育園園長)
5月 岡村 浩 (工学院大学名誉教授)
6月 白銀 泰 (朝日新聞CSR推進部)
 若松 英輔『言葉の贈り物』亜紀書房

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 14:28 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2022年01月18日

FMICS BOOK PARTY 26-345 伊藤 計劃 『虐殺器官』

「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあう「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。

【日時】 2022年1月18日(火) 午後8時〜10時
【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 伊藤 計劃 『虐殺器官』 早川書房


 【推薦者】 城内 康文 (早稲田大学 文化構想学部2年)
【参加要件】 指定図書を読破された方
 【参加費】 無料
【参加定員】 15名
【申込締切】 2022年1月17日(月)
【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 米田 敬子
【事前課題】 *MUSTとします。
  1. 自己紹介 400字以内

  2. 『虐殺器官』を読んだ直後の正直な感想を一文で表してください。

  3. 『虐殺器官』の帯のポップコピーを考えてください。

  4. アウトプットする=読み聞かせをしたいと思う3箇所を選んでください。

  5. あなたのお薦めの一冊の本をご紹介ください。

  6. 『虐殺器官』で示されている方法以外に人間の意識を操作する「手段」を考え、それをどのように活用するかを考察してください。
    なお、架空の技術や魔術的要素を含めても構いませんがどのように操作するのか、そのプロセスがはっきりわかるように説明してください。
     例:脳血液関門を突破出来るナノロボットによって「怒り」を司る脳部位を任意のタイミングで不活性化させ、殺人事件や戦争を防止する。
    ※無理のないところで、課題に挑戦してください。


【これからの推薦者&課題図書】
2月 八鍬 忠雄 (山口東京理科大学 学術情報システム課)
 市毛 良枝 『山なんて嫌いだった』 山と渓谷社
3月 八坂 青志 (都総合科学研究所)
 松井 今朝子『芙蓉の干城』集英社
4月 松山 益代 (慈紘保育園園長)
5月 岡村 浩 (工学院大学名誉教授)
6月 白銀 泰 (朝日新聞CSR推進部)
 若松 英輔『言葉の贈り物』亜紀書房

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:城内 康文
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2021年12月28日

FMICS BOOK PARTY 25-344 石牟礼 道子 『苦海浄土』

「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあう「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。

【日時】 2021年12月28日(火) 午後8時〜10時
【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 石牟礼 道子 『苦海浄土』 講談社文庫


 【推薦者】 小坂 和輝 (こども元気!!クリニック・病児保育室 理事長/院長)
【参加要件】 指定図書を読破された方
 【参加費】 無料
【参加定員】 15名
【申込締切】 2021年12月27日(月)
【事前課題】 *MUSTとします。
  1. 自己紹介 400字以内

  2. 『苦海浄土』を読んだ直後の正直な感想を一文で表してください。

  3. 『苦海浄土』の帯のポップコピーを考えてください。

  4. アウトプットする=読み聞かせをしたいと思う3箇所を選んでください。

  5. あなたの座右の書を、「絶対に、元気元気元気に成る一冊」のような冠を付けて紹介してください。

  6. 6.どのような問いを立ててよいか、本書を選んでから、ずっと考えてきましたが、この6の問いは、今もどうすれば、よいか悩み中です。
     そこで、以下のような形で問いを立てさせていただきます。
    (1)あなたなら、この「6の課題」には、どのような問いを立てますか?
    (2)ご自身が立てた(1)の問いにお答えいただくか、以下の(ア)〜(ウ)のいずれか一つにご回答ください。
    (ア)水俣病の最大の問題点を一つあげるとすれば、何をあげますか?その問題点を解決するには、どうすればよいと考えますか。
    (イ)今までの人生で“美しさ”や“尊厳”を感じたときのことをご紹介ください。
    (ウ)いままでの人生で「許した」体験をご紹介ください。

【申込&事前課題提出先】
 yoneda(アット)fmics.org 米田 敬子

【これからの課題図書&推薦者】
1月 城内 康文 (早稲田大学文化構想学部2年)
2月 八鍬 忠雄 (山陽小野田市立山口東京理科大学)
   市毛良枝『山なんて嫌いだった』
3月 八坂 青志 (都総合科学研究所)
4月 松山 益代 (慈紘保育園園長)
5月 岡村 浩 (工学院大学名誉教授)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:小坂 和輝
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)