2021年02月05日

情報と好みと肌感覚と胆力と

 私は一応経済学者であるが、高等教育の大半を教育学部で過ごしてきた。今ではアクティブラーニング(AL)が教育業界でもてはやされているが、その遥か以前から問題解決学習の重要性が喧伝されてきた。知識偏重と言われる系統学習と対比される概念であろうが、正直、そこまで言うほどのメリットが理解できなかった(ALにしても、その重要性は理解できるが、全ての授業でALにするのはやめた方がいいと思っている)。今回の読書案内で【問題発見力】に関する親書を紹介したが、(いいポイントは突いていると思うが)実践的側面で言えば、ほぼ不可能なことを言っていると思っている。人は結局の所、自らの経験に根ざした視野・発想・行動しかできないのだから、そこから外れた視点から何を言われても(頭で理解できても)行動に移せる程のインパクトはないのではないだろうか。

 読書案内の内容との関連で、今回は2点指摘したい。第1に、【問題発見力】を鍛えるには自分の行動を逐一振り返ってみることである。たとえば、貴方がPCを購入しようとしているとする。このとき、貴方は使用目的に応じたスペックを調べるはずである。PCの知識の豊かな人は自分で調べられるが、知識に乏しい人なら詳しい知人や店員に聞いてみるはずである。PCに関する使用目的、知識、人脈など、購入するという行動に当たって必要な有形無形の事項を『情報』と呼ぶことにすると、何を情報にして、どのようにそれを活用するのか、ここを自覚できるようになっておいた方がいい。もう1つ考えるべきはどのPCを購入すればいいのか、その判断基準を自覚することである。使用目的にマッチしスペックも同一のPCが2種類あったとする。PCは1つあればいいのだから、必然的に1つを選択肢から外さなければならない。そこで重要になるのが貴方の『好み』である。この辺りは自覚できていると思うが、たかが好みと侮るなかれ。好みが自覚できていれば、意外な所から入力される情報についても「ピン」と来る可能性が出てくるのである。

 第2に、【問題発見力】を鍛えてもVUCAの時代を生き抜けるとは限らないことである。とかく同時代を生きる我々は、他者との差別化をはかるべく様々な努力をしなければならないという強迫観念に駆られているかもしれない。ただ、様々な努力やってみて理解する事は結局の所、やってみた事項の向き/不向きの自覚くらいである。読書案内で取り上げた新書では問題発見力との対比で【問題解決力】が挙げられているが、周囲を見て問題解決力を極めた人はほとんど見当たらない(言っておくが、東大を首席で入学する者は問題解決力に優れている訳ではない)。なので、問題解決力を極めればVUCAの時代を生き抜けるはずである。大事なことは、所謂「○〇力」の中で自分に最もマッチするのを見つけて、極める事である。まさに「好きこそ物の上手なり」である。こう書けば、「どうやって自分にマッチする物を見つけられますか?」と質問が飛んでくる。言っちゃぁ悪いが、この質問を投げる時点でVUCAに振り回される日常となるであろう。

 昔だって(当時の視点から見れば)VUCAだったはず。その意味では、昔も今も(見かけは違っても)さして変わった事項はない。そう考えると、昔も今も個別にやるべき事項もさして変わらない。『情報』と『好み』に基づいて行動を起こす。どの行動が自分にマッチするか、その判断は試行錯誤を繰り返した先にある『肌感覚』をキャッチする。そして、こうしたことを継続する『胆力』を鍛えることである。

(中村 勝之)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:中村 勝之
posted by fmics at 18:04 | TrackBack(0) | 巻頭言

コロナというなまえにほこり

 株式会社コロナ(本社:新潟県三条市、社長:小林一芳)は、「つぎの快適をつくろう。CORONA」をスローガンに、石油暖房機、給湯機、エアコンなどを取り扱う総合住宅設備メーカー。 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、社名が新型コロナウイルスを連想させることにより、社員やその家族、子どもたちまでが学校やメディアで何気なく耳にする言葉に心を痛め、落ち込むようなことがあるとの声があったことを受け、小林社長は「株式会社コロナで働くあなたのご両親に誇りを持ってほしい」と社員の家族や特にお子さんに伝えたい!という想いで、2020年6月13日(土)新潟日報にてメッセージ広告を発信、約2300人の全社員に手紙を送った。メッセージは子どもが読めるようにかなで書かれている。
 コロナではたらくかぞくをもつ、キミへ
 まだまだ、せかいじゅうが、しんがたコロナウイルスで、たいへんなことになっているね。
 そとであそべなくなったり、マスクをしなきゃいけなかったり、つらいこともたくさんあるとおもいます。
 そんななかでも、わたしたちコロナは、くらしをゆたかにする“つぎのかいてき”をつくろうと、きょうも、がんばっています。
 コロナではたらいてくれている、キミのおとうさんやおかあさん、おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさん、おにいさん、おねえさんも、いっしょうけんめいです。みんな、じまんのしゃいんです。いえにいるときのイメージとは、ちょっとちがうかもしれないけど。
 もし、かぞくが、コロナではたらいているということで、キミにつらいことがあったり、なにかいやなおもいをしていたりしたら、ほんとうにごめんなさい。かぞくも、キミも、なんにもわるくないから。わたしたちは、コロナというなまえに、じぶんたちのしごとに、ほこりをもっています。
キミのじまんのかぞくは、コロナのじまんのしゃいんです。
 かぶしきがいしゃコロナのしゃちょう より

 社名の由来は、石油コンロの青い炎と太陽の周囲に現れるコロナのイメージを重ね合わせ、親しみやすいブランド名として「コロナ」と名付け、1935年に商法登録された。今年の節分は124年ぶりに1日早い2月2日、疫病、風評被害、差別退散の願いを込めて参拝!

(宮本 輝)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:宮本 輝
posted by fmics at 18:02 | TrackBack(0) | 巻頭言

2021年01月22日

FMICS 1月例会(第734回例会) 激変する時代を読み解く コロナ禍で開いたパンドラの箱

title1.jpg
 2021年のスタートを切るために、コロナ禍で開いてしまったパンドラの箱について、虚心坦懐に確認・整理をいたします。

 問題提起をされる後藤健夫さまからいただきましたメッセージです。
■コロナ感染拡大により、大学をはじめとする教育機関はさまざまな影響を受けた。全国一斉休業、分散登校。キャンパス閉鎖、オンライン授業、オンラインによる入学者の選考、困窮学生の支援、留学生への対応などなど、教育機関にとってはこれまで経験をしたことがないことを迫られた。かつて東大で話題になって以来、その後鳴りを潜めていた「秋季入学」問題も湧き上がって来た。感染がおさまらずむしろ増大している中で、これから入試シーズンを迎え、まだまだ緊張した状況が継続され柔軟で素早い対応を求められるだろう。
 こうした中で、これまで封印されていた不都合が、パンドラの箱が開くように露呈し始める。定員や単位の考え方、通信制と通学制の境目などなど大学においては設置基準にまつわるパンドラの箱が次々と開いてくる。さて、大学は、大学教育はいかに変わるのだろうか。年始から事象を大局的にとらえることから一緒に考えてみたい。

■参考図書
 ●石井 洋二郎『危機に立つ東大・入試制度改革をめぐる葛藤と迷走』ちくま新書 
 ●安宅 和人『シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成』NewsPicsパブリッシング
 ●濱田 純一『東大はなぜ秋入学を目指したか』朝日新聞出版

【日時】 2021年1月22日(金)
   研究会 午後8時〜9時30分
Breakoutsession 午後9時30分〜10時30分
   茶話会 午後10時30分〜

【使用媒体】 Zoomミーティング

【テーマ】 2021年のミッション・パッション・アクション 激変する時代を読み解く
    コロナ禍で開いたパンドラの箱


【問題提起】 後藤 健夫 (教育ジャーナリスト)

【参加費】 社会人2,000円(年会費を完納している会員は無料) 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込&問合先】 yoneda(アット)fmics.org 担当:米田敬子
 参加定員 40名
 申込締切 2021年1月21日(木)
*お名前、ご所属、連絡方法、本月例会を何によってお知りになられたかをお知らせください。
*参加エントリーをいただきますと参加費の入金を確認の上、資料を送付いたします。
*当日、ミーティングへのご招待をいたします。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:後藤 健夫
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | 月例会

2021年01月18日

FMICS BOOK PARTY 15-334 末永 幸歩 『13歳からのアート思考』

 ワイワイガヤガヤ、仲間とともに一冊の本を読むことの楽しさを共有します。指定図書を読破された方、読破すると決められた方のご参加も歓迎いたします。ブレイクアウトセッションは、じっくりと語りあうために3名といたします。

【日時】 2021年1月18日(月) 20:30〜22:30

【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 末永 幸歩 『13歳からのアート思考』


【解題】 黒沼 靖史(聖徳大学附属女子中高校 美術教諭)
【発表】
  佐藤 琢磨(法政大学)
  大山 範子(神戸女子大学)
  米田 敬子(FMICS事務局)
  城内 康文(早稲田大学 学生)
  田中 頌子(湘南工科大学 学生)
【ファシリテーター】 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加要件】 指定図書を読破された方、または読破すると決められた皆さま
【参加費】 無料

【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 担当:米田 敬子
 参加定員 20名
 申込締切 2021年1月16日(土)

【事前自主トレーニング】
 事前に、1枚の絵を見て「1分間ストーリー」を考えてください。ストーリーを300文字程度に起こしておかれることをお勧めいたします。
【参考】 #名画で学ぶ主婦業【厳選】


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 20:30 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2021年01月14日

燻して、練って、溶かして、流し込んで

 「人を育てる」こう書くと簡単だが、実際は七転八倒の連続である(そうでなければ、FMICSがここまで存続しない)。

 ところで、皆さんは「人を育てる」ことを的確に表現する熟語は何かと考えた事があるだろうか? ベタに考えれば「教育」や「育成」という熟語が思いつくだろう。しかし、個人的にはこうした熟語は好きになれない。育てられた事の成果が、本人の自覚はもちろんのこと第三者にも観察されるのに相当な時間を要するのを含んだニュアンスになっていないからである。個人的には、人を育てる事を表す熟語として「薫陶」や「陶冶」を意識的に使っている。こちらの方が長時間かけて人を育てるというニュアンスを的確に表現していると思うからである。

 たとえば薫陶。これは陶器を作る主原料である土に香の薫りを染み込ませ、それを練って焼き上げる様から、「人に対して徳を染み込むように感化させ、人格者として育て上げる」というニュアンスを表現する熟語となった。現代の陶芸作家も(香の香りを染み込ませてはいないようだが)土を熟成させ、焼き上げた作品を半年ほど野ざらしにするそうだ。そうすることで茶室にふさわしい風合いが出るようである。

 本来、薫陶は「〜を受けた」と表現するように受け身で使われるのが普通である。つまり、これは教えを受ける側から捉えられた熟語であるのだが、教えられた内容を頭で理解しても体中に染み込ませるには相当な時間を要するという事を理解しておいた方がいい。頭で理解して全て分かった積もりで身体(≒行動)での表現まで至らなければ、「薫陶を受けた」ことにはならないのである。一方、教えを与える側から言えば、徳を積んでいることが絶対(に近い)条件になることは容易に想像つく。とはいえ、どれがいい薫り(≒徳)を出す香材(≒人材)なのかは事前に完璧に把握できるものではない。だから、徳をさほど積んでいない者から教えを受けると、それが染み込んで徳を積まない人材が育ってしまう。無論、さして徳を積んでいない者から薫陶を受けても絶世の逸材に育ち上がる可能性もあるのだから、かくも人に何かを教えるというのは難しくもあり、面白いものである。

 これに対して陶冶。これは本来陶器や鋳物を作る事を表しているが、これらがいずれも素材から成形される行為なので、「人の性質や能力を円満に育て上げる」というニュアンスがある。円満に人を育て上げるとはいえ、「円満」にはトラブルなく…みたいなニュアンスはない印象である。陶冶の「冶」には「練り上げる」という意味があるし、鍛冶師が作る刃物は高温状態と低温状態を繰り返した上で鉄を叩いて強さと切れ味を実現させていく。ここから分かるのは、質の高い陶器や鋳物(≒人材)を育て上げるには素材(≒若者)を様々な条件下に置かなければならないということである。そういえば、讃岐うどんはコシのある太麺で有名だが、昔は足で踏んでコシを出していたそうである。今では?の大量生産に対応するため機械で練っているが、地元の人に言わせれば、足で出したコシと機械で出したそれとは違うようである。また、ラーメン(拉麺)の「拉」は「引き延ばす」という意味らしい。

 話は逸れたが、人がそれなりに育つというのは長大な時間を要するのとともに、様々な境遇に置かれたりプレッシャーを受けなければならない。大人が若者に優しく接するのも厳しく接するのも、彼らを鍛え上げて質の高い人材に仕上げるためである。若者よ、周囲から叱責されて凹んでいる暇などない。様々な人達との触れ合いの中で燻され、練られ、溶かされ、(型に)流し込まれたらいい。そうやって人は育つのである。

(中村 勝之)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:中村 勝之
posted by fmics at 18:04 | TrackBack(0) | 巻頭言

「競技は先生」ともに学び楽しむ

 年末年始は自宅で巣ごもり生活、年始のスポーツはテレビ越しに応援しながら日本経済新聞「SPORTデモクラシー」(2020年11月1日)での安田秀一氏の記事を振り返った。

 アルペンスキーの皆川賢太郎さん、競泳の松田丈志さんと「子どもたちへのスポーツの指導法」の話題で盛り上がったとのこと。日本ではなぜ最初にバタ足ばっかりで苦しい思いをさせるのか、水泳嫌いになるという問いに松田氏は「そこは僕にも分からないが、まず苦労してそこからはい上がってこいよ、っていう日本あるあるじゃないですか。」そして米国では背泳ぎから入ることを教えてくれた。「顔を水につけないで水に慣れさせること。それから浮く感覚を身につけて楽しく泳がせるんです」。皆川さんも苦笑しながら「本当に日本あるあるですよね。米国ではブーツは大人が履かせてくれて、少しスキーに慣れさせたらすぐにリフト乗って、滑る楽しさを体験させます」。

 「スポーツ」は英語の名詞。「PLAY」(遊ぶ)という意味の動詞を用いて文章となる。つまり「楽しむ」ことを目的とした活動がスポーツ。しかし日本では楽しむどころか苦労を伴う「修行」になってしまう。スポーツは教育ではない。リーダーシップや協調性、戦略的思考など多くのことをスポーツを通じて学べるが、それはスポーツの目的ではなく副産物である。それを手にするためには、どんな競技でも最初は「楽しい」という「きっかけ」が不可欠である。

 安田氏は28歳の頃、アメリカンフットボールの「NFLヨーロッパ」のチームにコーチとして帯同する幸運に恵まれた。そのときに出会ったあるベテランコーチの言葉が今も忘れられないという。いつも穏やかで声を荒げることなどなく、ニコニコしている人。そのコーチに質問をした。「なぜ叱ったりしないのですか?」彼はこんな話をしてくれた。「私も選手も“フットボールという先生”から共に学んでいる生徒なんだ。マネジャーも、ビデオ係もトレーナーも、君も、僕も、役割が違うだけで、みんな生徒なんだ。上も下もない。僕は40年以上コーチをしているけど、今でもフットボール先生から学ぶことばっかりだよ。こんな年になっても成長させてもらえるなんて、最高の仕事だろ」。

 この教えに安田氏は心の底から共感した。これこそスポーツの真の価値だと感じた。それぞれの立場でスポーツから学び、みんながそれぞれの成長を楽しむ。失敗も敗北も学びであり、学びは成長につながり、成長は喜びをつくり出す。会社では「仕事が先生」、子育てでは「いい人生が先生」である。スポーツの指導現場は、その意味ではとても分かりやすく、身近な実践の場になるのではないか。「スポーツが先生」で、監督もコーチも選手も父母も、みんなそこで学ぶ生徒。成長という「喜びの果実」を手に入れる方法をみんなで考え、みんなで勝ち取っていく。それこそが「スポーツの醍醐味」だと思うと締めくくった。

(宮本 輝)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 18:02 | TrackBack(0) | 月例会

2021年01月09日

出光ゼミ 102

egg2.gif●この勉強会の原理は極めてシンプルです。参加者がそれぞれにネタ(話題)を持ち寄り、みんなで議論します。ネタは、気になった新聞・雑誌記事、業務関連の資料、進めている仕事のアイデア、就活エントリーシートの原稿などなど、何でも構いません。ちょっとした事でも、他人の目に触れることにより思いがけない発見があるものです。ネタがなければ、近況報告だけでもOKです。

★今回も実会場とZoomミーティングの併用型で実施します。

【日時】 2021年1月9日(土) 午前9時30分〜11時30分

【実会場】 横浜市山内地区センター 会議室3A
  東急田園都市線・横浜市営地下鉄 あざみ野駅徒歩3分
  (横浜市青葉区あざみ野2丁目3−2 山内図書館と同じ建物で別の入口です)
  ※案内表示は「フミックス」です。

【Zoomミーティング】 ID等は申込まれた方に追ってお知らせします。

【参加費】 実会場の場合100円 + 昼食会1000円程度(収入による増減あり)

【申込】 naoki(アット)idemitsu.info (出光直樹@横浜市立大学) まで、お名前・ご所属・参加形態(会場かZoomか)をお知らせください。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

2020年12月26日

FMICSシンポジウム 2020 VUCAの時代を楽しもう あなたとわたしの THINK BIG を束ねます

title1.jpg
 FMICSシンポジウム 2020。高等教育問題研究会 FMICS は40年間、原理原則を大切にして、仲間とともに、大学の明日を語り合ってきました。
 今年はZOOM会議室にご参集いただきます。
 FMICS と言えば、夜が明けるまでワイワイガヤガヤと語り合うと言われてきました。この伝説と伝統をオンラインでも再現します。圧倒的な集中力と全てを包み込むあったかさで、VUCAの時代の激流を乗り切る「想い」をぶつけ合い、大いに語り合うことといたします。

今年もよかったね!!

 皆さまの積極的なご参加で、これまでの対面シンポジウムに負けることなく語り合い、「今年もよかったね」の一言を束ねることといたします。
 お仲間、学生・生徒さんをお誘い合わせの上、ご参加くださいますようお願いいたします。

 コロナ禍は、まさに、VUCAの時代、Volatility=不安定、Uncertainty=不確実、Complexity=複雑、Ambiguity=曖昧、を象徴する出来事です。
 VUCAは教育の世界にも吹き荒れます。予測の出来ない変化が加速するこの時代の流れに取り残されないように、建学の精神、ミッション、ビジョンを再構築して、イノベーションを起こしていかなければなりません。
 私たちは、一人ひとりが、変わることに覚悟と勇気を持ち、チャレンジしながら、学生の可能性を花開かせるために、強い信念で地道に取り組んでいきます。一人ではできないことも、あなたとわたしのTHINK BIG を束ねれば、むずかしいことではありません。

 FMICSシンポジウムは、VUCAの時代を堂々と楽しむことについて、皆さまと確認し合います。解題・主張・展望、登壇される皆さまの熱い想いに耳を傾けます。続く、4名1チームのブレイクアウトセッションでは、皆さまの2021年を希望の1年にするための決意を交換していただきます。その後は、茶話会で、更に、元気元気元気を束ねることといたします。

【日時】 2020年12月26日(土)
   研究会 午後8時〜9時30分
Breakoutsession 午後9時30分〜10時30分
   茶話会 午後10時30分〜

【使用媒体】 Zoomミーティング

【テーマ】 VUCAの時代を楽しもう
   あなたとわたしの THINK BIG を束ねます


続きを読む
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | シンポジウム

2020年12月17日

FMICS BOOK PARTY 14-333 安宅 和人『シン・ニホン』

 コロナ禍でやむなく中断していました、「FMICS BOOK PARTY」を再開いたします。 
 ワイワイガヤガヤ、仲間とともに一冊の本を読むことの楽しさを共有したく、皆さまにはご参加ください。
 VUCAの時代を読みきるためのガイドブックと評されている、安宅和人の『シン・ニホン』を読みきることといたします。
 読み切られた方は勿論、読みきるぞぉぉぉと決意された方のご参加も歓迎いたします。
 ブレイクアウトセッションは、じっくりと語りあっていただくために3名といたします。

【日時】 2020年12月17日(木) 21:00〜22:30

【使用媒体】 Zoomミーティング

【指定図書】 安宅 和人 『シン・ニホン』


【解題】 興津 利継(竹中工務店)
【発表】
  佐藤 琢磨(法政大学)
  大山 範子(神戸女子大学)
  室井 彩希(文教大学・学生)
  城内 康文(早稲田大学・学生)
【ファシリテーター】 高橋 真義 (桜美林大学名誉教授)

【参加費】 無料

【参加要件】 指定図書『シン・ニホン』を読破、または、読破すると決められた皆さま

【申込先】 yoneda(アット)fmics.org 担当:米田敬子
 参加定員 20名
 申込締切 2020年12月14日(月)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 21:00 | TrackBack(0) | Book Party(旧:SD)

2020年12月04日

VUCAの時代を楽しもう あなたとわたしの THINK BIG を束ねます

「ズラした先に見えるもの」 佐藤 琢磨
 今回の「VUCA時代を楽しもう」は,妙味あるテーマだ。「危機」を想起させるネガティブな言葉と「楽しもう」というポジティブな言葉が共存している。相反する二つの言葉で織りなされて,おおいに賛成だ。「見通しのつきにくい」と訳される「VUCA」だが,裏を返せば,先のことは誰にも分からないから,考えてみれば当たり前だ。
 物事はとらえ方が違えば,まったく異なる表層が浮かび上がってくる。要は,その人の考え方次第だ。時間は皆に等しく24時間だが,朝の1時間は昼間の数時間分に値するだろう。ジョギングをしながら英会話を聞けば時間を重ねて有効に使うことができる。とらえようによっては,24時間が26〜27時間分に値するかもしれない。「楽しもう」というキーワードには「視点をずらして見方を変える」という含みがあるように感じる。かける眼鏡により,景色は随分と変わる。今回のシンポで,様々な眼鏡を試してはいかがだろうか。

「水をさすようですが」 長堀 一之
 「自分が学生ならどう考えるか」、この視点がコロナ禍で各大学人にはあったのか? よしんばあったとして、それが「大学としての立場」「世間から責められないための防衛意識」「他大学を意識しての横並び意識」よりも上に来ていたのか? 本学には短大もある。次年度もオンラインが主となるようでは「何のために進学したのかわからない」と自分が学生なら思う。
 「コロナ禍だから仕方ないではないか」という意見は別の角度から見ると正しいのだろう。そんな中、『VUCAの時代を楽しもう』とのタイトルには若干違和感を感じている。批判ではない。いや、教職員なら思考を変えたり、決定プロセスを変えたり、「楽しむ」工夫はあるのだろう、まして、FMICSのメンバーであれば。でも学生はどうだ、コロナ禍で振り回され、保身に走る大学に嫌気がさしているのではないか? 「あなたとわたし」ではなく、「あなたとわたしと学生」について語るブレイクアウトセッションを行いたいと思う。

「コロナ禍の現在を考える」 平田 暁子
 緊急事態宣言発令の頃、連日、在宅勤務となった。「コロナ禍のなか、私にできることはStay Homeしかないんだ…」と、かなりのショックを受けた(今から考えると)。それまでは、仕事に誇りを持っていたのだ。そして、大学って、教育って何だろう?と考えるようにもなった。
 新型コロナにより、できなくなったこと、制限されたことは多すぎる。しかし、現地に足を運ばなくとも参加できるようになったFMICS月例会、研究会、学会などは地方者にとっては大変ありがたいことである。ZOOMにより、ディスプレイを通して、相手に会えて、会議もできる。
 個々においては、今の時間をどのように過ごすのか、で今後に差が出てくるはずである。今こそ、人を思いやる気持ち、できないことを嘆くより、どうしたら、できるか、前向きに考えることが重要になるものと思うのである。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 18:06 | TrackBack(0) | 巻頭言