2020年08月22日

FMICS サマーセミナー(第729回例会) 生徒と学生の分岐点 「生徒」から「学生」に脱皮できないのは若者のせい?

title1.jpg コロナ禍によって、学生の生徒化がこれまでにもまして顕在化しているのではないでしょうか。

 【生徒と学生の分岐点/「生徒」から「学生」に脱皮できないのは若者のせい】をテーマとして、皆さまとご一緒に、古くて新しい問題である「学生の生徒化」について、多面的・多層的に整理することといたします。

 問題提起を受けて、皆さまにはブレイクアウトセッションでじっくりと語り合っていただきます。皆さまには、学生・生徒さんにお声かけていただければ幸いです。

【日時】 2020年8月22日(土)
   研究会 午後8時〜9時30分
Breakoutsession 午後9時30分〜10時30分

【使用媒体】 Zoomミーティング

【テーマ】 生徒と学生の分岐点
   「生徒」から「学生」に脱皮できないのは若者のせい?


【問題提起】
  橋本 勝 (富山大学 教育推進センター教授)
  中村 勝之 (桃山学院大学 経済学部教授)
  城内 康文 (早稲田大学 文化構想学部1年)

 コメンテーター
  小西 英行 (多摩大学 経営情報学部教授)
  黒沼 靖史 (聖徳大学付属女子中学高等学校 教諭)
  藤牧 朗 (佼成学園女子高等学校 非常勤講師)
  安田 馨 (安田学園 白島キャンパス統括部)
  椿 仁三千 (千葉県立小金高等学校 教諭)

 司会 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加費】 会員1,000円(年会費を完納している場合は無料) 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込&問合先】 yoneda(アット)fmics.org 担当:米田敬子
 参加定員 40名
 申込締切 2020年8月19日(水)
*お名前、ご所属、連絡方法、本月例会を何によってお知りになられたかをお知らせください。
*参加エントリーをいただきますと参加費の入金を確認の上、資料を送付いたします。
*当日、ミーティングへのご招待をいたします。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | 特別企画

2020年08月11日

「生徒」から「学生」に脱皮できないのは若者のせい?

 コロナ禍での教育実践をメインテーマで7月25日の例会が行われたが、期せずして「学生」と「生徒」の区分について盛り上がってしまった。本来の趣旨から外れたテーマであったが、参加者の反応に少々違和感を覚えた。そこで、ざっと漢字の成り立ちを調べてコメントさせてもらったが、すかさず真義先生から『これをテーマに裏巻頭言を書くように!』ときた。相も変らぬ無茶振りだが、今号の裏巻頭言のネタをどうしようかと正直悩んでいた状況にあってはまさに渡りに船。有難く頂戴して、今号の裏巻頭言のネタに代えさせていただくことにする。

 ある言葉の意味やニュアンスを把握する際に国語辞典を調べる(検索する)のが普通だが、本当を言えば、特にニュアンスを把握するのには適切な手続きではない。なぜなら、国語辞典は現在の活用について網羅したものであって、言葉の持つニュアンスが日々変化する中にあっては、根源に潜むニュアンスを逃す可能性があるからだ。そこで、日本語の場合は漢和辞典で漢字の成り立ちを調べることをお薦めする。その方がより細かいニュアンスを把握することができるはずである(ちなみに、英語などについてはギリシア語やラテン語の意味を探ってみると意外な発見があるはず)。

 では早速調べてみよう。まずは「生徒」「学生」に共通する「生」である。これは地面から草木が芽を出す様子を表した象形文字が起源で、これから大きく成長するという意味では【未熟】という意味もある。次に、生徒の「徒」であるが、これは【道を行く時に乗り物を使わず土を踏んで歩く】が本来の意味である。今の状況から考えるに、どこかに行く時に徒歩で行くほど時間を要し且つしんどい事はない。だが、そうした一種徒労とも思しき行動を継続する(道を歩くというからにはその先に目的地があるはず。歩みを続けなければ到達できないのは当然)ことで未熟な者が成長する、そういうニュアンスが「生徒」に含まれていると思われる。最後に、学生の「学」であるが、これは【教える者が学ぶ者を向上させる交わる場である建物】が本来の意味である。

 これで分かるだろう。生徒と学生の決定的な違い、それは後者が学ぶ者にとって「教える者」という他者が明示されているのに対して、前者にはそれがない。無論、生徒が道を歩くのには他者の存在・支援なしには実際には無理である。しかし、自らの足で歩み続けることと他者と交わるのは決定的に違う。その意味で、学生とは他者と交わって数多の経験を積み重ねることで成長する存在、こういうニュアンスがあると思われる。それともう1つ考えられるニュアンスは、教える者と学ぶ者が特定の場所に集う存在、こうとも考えることもできよう。コロナ禍で考えて引き受けなければならないリスクは爆発的に増えているが、それでも、教育現場において他者と顔を合わせる授業形態を指向し続ける理由もここにある。ここで重要なことは、生徒と学生の違いを説明するのに学力の3要素(知識・思考力等・人間性等)は関係ないということである。ここは強調しておきたい。

 ところで、生徒・学生の話で思い出した事がある。私の大学入学直後の話。同期と先輩達との談笑の中で、私は自らを「生徒」と言ってしまった。だが、周囲はすべて「学生」と言っていた。これに私は強烈な恥ずかしさを覚え、それ以降自らを学生と言うようになった。こうした経緯で私は「学生」を自覚するようになったが、例会で上がった声と同様、今の大学生は自らを「生徒」と連呼する状況が私の職場にも蔓延している。そして、一部教職員は率先して(?)学生を生徒と言っている。ただ、自らを生徒と言う学生を『未熟になった』と断言してしまうのは少々違うと思う。元来学生も生徒も未熟な存在なのだから、上の発現は今の学生像を的確に表現していないと感じざるを得ない。

 ではどう表現すればいいのか? 今の学生をどういう目線で眺めるのかによって表し方は異なるのは当然だが、私ならば「環境変化に対して鈍感になった」と言う。この鈍感さには少なくとも2つの側面から考えることができよう。1つ目は、高校から大学に環境が変わったことでできる事とやるべき事の本質が変わるはずである。それに気付かない「鈍感さ」である。2つ目は、まさに「学生」と「生徒」が飛び交う空間にあってその言葉遣いの違いに「なぜ?」と気付こうとしない「鈍感さ」である。

 結局のところ、若者が未熟なステージから成熟のステージへ移行するには、成長過程においてどれだけの「気付き」を掴むかである。ただ、大人は得てして気付き方、すなわち、気付きのノウハウを伝えようとしがちである。当然だが、ノウハウを伝えるならばそれを活かす状況も提供しなければならない。では、今の教育現場で気付きを発見できる状況になっているのだろうか? その意味では、われわれ教育関係者ができる事の基本は若者に気づきを与えるための「刺激」を与え続けることである。そのチャンネルは授業を通じた正課活動や部活・留学などの課外活動はもちろんのこと、キャンパスを構成する構築物等そうで、これらが折り重なって多くの気付きを与えてくれる。こうした観点で、今後の例会で行われるファシリティ・マネジメントの話を聞くと多くの気付きがあるはずである。

(中村 勝之)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:中村 勝之
posted by fmics at 18:34 | TrackBack(0) | 巻頭言

あせらず、あわてず、あきらめず

 大阪府知事「うそみたいな本当の話」とうがい薬のすすめ発言を聞いて、2019年2月8日朝日新聞・天声人語『映画「がんになる前に知っておくこと」』を思い出した。

 この映画を企画した上原拓治さん(45)は、3年前がんで義妹を失った。自分には無縁な病気、そう思うからこそ不安に陥る。「がんが疑われて動揺しない人はいません」。がんについて一からわかる映画を目指し、三宅流監督(44)と共に医師や看護師、患者ら15人を取材。病気と向き合う手立てを丹念に拾った。

 助からない病の代表では?「がんイコール死というのは30年も前の古いイメージ。今はがんと共存できる時代です」。専門医が力を込める。怖くてしかたがない時は?「患者の恐怖を医学は解決できません」。医師が限界を率直に語る。何より頼りになるのは経験者の生の声だという。患者たちはピア(仲間)サポートの部屋で不安をはき出す。治療に納得できない場合は?「医者はどうしても生存率にこだわる。ですが優先されるべきは患者の生きがい」。自身もがんと闘う医師が答える。好例として挙げられたのは舌がんの落語家。「高座に上がりたいから舌は切らない」と外科手術を断った。

 あせらず、あわてず、あきらめず。経営やスポーツの哲学としてしばしば聞く心構えがそのまま当てはまるのではないか。生涯で2人に1人ががんを経験する時代、この病気と付き合う「知恵袋」のような映画であるとまとめていた。

 そして天声人語の左上にある「折々のことば」では、元CM制作者の漫画家・エッセイストの本田亮著『転覆家族が行く!!死ぬとき後悔しないための家族&仕事術』(フレーベル館)から『もう少し「金」曜日を減らし意識して自然と触れ合ったほうがいいんじゃないか』を紹介していた。激務が続く中、週末よく家族とキャンプに出かけある日ふと思う。曜日の名はもっと自然と触れ合えと伝えている。月を見る、火を熾す、水と遊ぶ、木に触れる、土を踏む、陽光を浴びる。満員電車で鉄筋のビルに通い、プラスチックのパソコンを操作して「金」を稼ぐばかりだと、心が乾いてしまうよと。

(宮本 輝)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:宮本 輝
posted by fmics at 18:02 | TrackBack(0) | 巻頭言

2020年07月25日

FMICS 7月例会(第727回例会) 学生に選ばれる大学になる part2 わたしたちのアクションの軌跡をお話しします

 コロナ前であろうと、コロナ後であろうと、対面であろうと、オンラインあろうと、大学の学びの本質は変わらない。学生が輝くためには、コロナに責任転嫁することなく、私たちは、学生とどう向き合うか、自分自身をしっかりとプロデュースすべきである。FMICS・ZOOM6月例会で、問題提起された中村正史さま・宮下明大さま・中村勝之さま・森際孝司さまとご参加の皆さまと、確認しました。

 7月例会は、それぞれ現場で悪戦苦闘されている皆さまの自分事のアクションの軌跡を語っていただきます。あらためて、学生に選ばれる大学になるために私たちがやらなければならないことは何かを確認し、共有いたします。

 月例会終了後、午後9時30分から30分間、ブレイクアウトセッションをセットいたします。「問題提起」は、「橋本メソッド」の提唱者、富山大学教授・教育推進センター副センター長橋本勝さまです。

 橋本さまのアクション報告です。
東京を中心に新規感染者がどんどん増えている状況下ですが、私のわがままを聞き入れる形で6月からスタートした富山大学の対面式授業は全体の4分の3が過ぎたところです。

新型コロナ問題を多角的に45人で議論する内容は多岐に及び、例えば「医療が逼迫した場合【命の選択(優先順位)】はどうすべきか」「なし崩し的にプロスポーツの有観客試合が始まったがファンの行動規律は必ずしも守られておらず、大丈夫なのか」「日本の文化的対応の遅れは従来からの文化軽視政策に起因するのではないか」といった深い討議が「生」で展開されています。因みに受講生は全員1年生(8学部)です。土曜日の2・3限の授業ですが、1限から来る学生や夕方まで居残って自主活動をする学生も少なくなく、教室は例年通りの「笑顔と目の輝き」に溢れています。

 「アクションの軌跡」は、小西英行さま、小椋真理さま、青木加奈子さま、出光直樹さまに、自分事のアクションの軌跡を報告していただきます。コメントは、宮下明大さま、城内康文さま、中村正史さまにお願いいたします。

 ブレイクアウトセッションは、司会者を決めて3〜4名のグループといたします。フラットに語り合うことの醍醐味を体感していただきます。

【日時】 2020年7月25日(土)
   研究会 午後8時〜9時30分
Breakoutsession 午後9時30分〜10時

【使用媒体】 Zoomミーティング

【テーマ】 学生に選ばれる大学になる part2
   わたしたちのアクションの軌跡をお話しします


【問題提起】
○橋本メソッド・対面授業へのこだわり
 〜 学び合うメダカの学校の精神を活かす 〜
  橋本 勝 (富山大学 教育推進センター教授・副センター長)

<アクションの軌跡>
○「対面授業」の臨場感をオンライン授業で実現
 〜 2020年度多摩大学経営情報学部オンライン授業FD勉強会実施記録から 〜
  小西 英行 (多摩大学 経営情報学部教授)

○京都文教のコロナ禍対応
 〜 学生とつながる 〜
  小椋 真理 (京都文教短期大学 食物栄養学科教授)

○「体力勝負」にどう対するか
  青木 加奈子 (新島短期大学 事務局長)

○“ミニ”な仕組みを活用した広報活動のエッセンス
  出光 直樹 (横浜市立大学 アドミッション課専門職・学務准教授)

司会 高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加費】 会員1,000円(年会費を完納している場合は無料) 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込&問合先】 yoneda(アット)fmics.org 担当:米田敬子
 参加定員 40名
 申込締切 2020年7月22日(水)
*お名前、ご所属、連絡方法、本月例会を何によってお知りになられたかをお知らせください。
*参加エントリーをいただきますと参加費の入金を確認の上、資料を送付いたします。初参加の方には、6月例会の関係資料を併せて送付いたします。
*当日、ミーティングへのご招待をいたします。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | 月例会

2020年07月23日

出光ゼミ 100

●この勉強会の原理は極めてシンプルです。参加者がそれぞれにネタ(話題)を持ち寄り、みんなで議論します。ネタは、気になった新聞・雑誌記事、業務関連の資料、進めている仕事のアイデア、就活エントリーシートの原稿などなど、何でも構いません。ちょっとした事でも、他人の目に触れることにより思いがけない発見があるものです。ネタがなければ、近況報告だけでもOKです。

●1年程の空白を経て再開した前回6月21日(日)の参加者数は、会場3+Zoom3の計6名。インスタグラムのライブ配信を活用した横浜市立大学のミニ・オンライン説明会、ウイズコロナ時代の新しい時間割、コロナ禍における大学職員の勤務体制、手紙社のイベントの作り方、といったトピックスが寄せられました。

★今回も実会場とZoomミーティングの併用型で実施します。

【日時】 2020年7月23日(木祝) 午前9時30分〜11時30分 + 昼食会

【実会場】 横浜市山内地区センター 会議室1
  東急田園都市線・横浜市営地下鉄 あざみ野駅徒歩3分
  (横浜市青葉区あざみ野2丁目3−2 山内図書館と同じ建物で別の入口です)
  ※案内表示は「フミックス」です。

【Zoomミーティング】 ID等は申込まれた方に追ってお知らせします。

【参加費】 実会場の場合100円 + 昼食会1000円程度(収入による増減あり)

【申込】 naoki(アット)idemitsu.info (出光直樹@横浜市立大学) まで、お名前・ご所属・参加形態(会場かZoomか)をお知らせください。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

2020年07月19日

先生のこと、覚えていますか?

 数多い本誌読者の中で本欄に目の止まったごく僅かな人達に向けて、ひっそりこっそり質問を投げてみたい。

Q1.今まで学校で出会った諸先生の中で、今でも印象に残っている方は何人いますか?

Q2.今まで学校で受けた授業の中で、今でもはっきりと覚えている内容はどれくらいありますか?

 質問を読んだ人達が指を折っている間に、私の解答例を示しておく。

 まずQ1.だが、こう問われたら私は間違いなく2人の先生を挙げる。1人目は高校3年当時の担任。物理の先生で、いわゆる「熱血先生」から一番遠い位置にいる、クールな方だった。ただ、生徒のポテンシャルを見抜くのは一級品で、見事にメロメロになった。2人目は大学院の恩師。高橋先生ばりの強烈な個性の持ち主で、今の私の担当する講義科目のエッセンスは彼の退官時の「最終講義」に明瞭に示されている。

 次にQ2.だが、学部時代の「人文地理学」の講義、大学院時代の「比較(インド)思想」と大学院時代の恩師の最終講義の3つを挙げる。

 我々は学校環境の中で様々な教諭・教員から様々な教科内容を教授される。だが、学校環境から離れてある程度の年数が経過すればその殆どを忘れてしまうものであり、現在では指を折って数えられる程度しか挙げられないはずである。これが教育の理想とは別の所にある本質の1つである。いくら教諭・教員が一生懸命教科内容を教授したとしても、教授対象たる若者達は時間の経過とともに殆んど(教えた先生の人物像とともに)忘れてしまうものであって、これが普通なのである。

 学校環境で学習した内容は、よほど強く記憶に定着されているか現在でも活用しているものでもなければ、環境が変われば間違いなく忘れる。学校関係者が中心の我々であってもそうなのだから、それを踏まえず今の若者達に「勉強しろ!」というのは自己矛盾でしかない。こう言い切ってしまったら身も蓋もないが、教科内容自体はいくら必死で伝えようとも、学校環境を去ると記憶から忘れ去られる性質のものである。これを自覚しているか否かで若者に向き合うスタンスは大きく違ってくる。

 なので、学校関係者が若者達に長きに渡って記憶にとどめてもらおうとするために必要なこと、それは彼等に「インパクト」を与えることである。具体的にどのようにするのかは個別に異なるが、共通している事は「セルフ・プロデュース力」を身につけることである。

(中村 勝之)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:中村 勝之
posted by fmics at 18:04 | TrackBack(0) | 巻頭言

「7割経済」とどう向き合うか

 「7割経済」という言葉が散見され始めた。企業は当面はコロナ前の7割程度の経済規模に順応していかなければいけないということである。日本経済新聞2020年6月29日「経営の視点」(編集委員・田中陽氏)で「花王が徹する2つの数字」を取り上げている。

 「7割にいくらの数字を掛けたら1以上になるか」問いの答えは「1.43」。企業活動がより良き社会の実現のために新しい価値を見いだすには成長は不可欠。コロナ以前の経済を維持(10割経済)するには1.43倍の人と時間とコストをかける必要があるとのこと。

 コロナ禍の「7割経済」とどう向き合うか。花王の沢田道隆社長の頭の中には2つの数字がある。1つが「1.5」。7割経済にこの1.5をかける。働き方改革の中では人、時間、コストをふんだんには投入できない。生産性の向上で「1.5」を捻出し、プラス成長を目指す。在宅勤務で仕事のあぶり出しができた。無駄をそぎ落とし、そこにデジタルトランスフォーメーション(DX)で仕事の本質に迫る。長年の研究蓄積・資産を生かした明確なエビデンス(証拠・根拠)のある商品開発。「新常態の社会のニーズに合った新たな切り口で良さを伝えられれば、多くの方のお役に立てると考えている」(沢田社長)

 接客が難しい中での商品の価値をどう伝えるか。顧客との距離をどう縮めるか。そこにデジタルの出番があった。3月に発売したシートを歯に貼り付けてくすみを落としやすくする「ホワイトクリアパック」。自粛生活を余儀なくされると「おこもり美容」と名付けて自宅で歯のケアをしてもらうように社員が商品説明の動画を作成、数日でネットに発信してヒットにつなげたとのこと。

 2つ目の数字は「0.5」。「研究は途切らせたら終わり。陣容が縮小されても0.5人になってもやり続ける」(沢田社長)花王が5月に北里大学などと共同で新型コロナウイルスの増殖を抑える抗体を開発したのは、ノロウイルスなど感染予防に関する研究や連綿と続く0.5人の研究者の知見が生かされている。生活に役立つ身近な研究は「(医療の世界とは)違う視点をもたらす」(沢田社長)。それは製品化という社会実装につながる。

 1.5への強い意志をどう組織に埋め込むか。0.5への寛容さを持ち続けられるか。7割経済で終わらせない胆力が試されていると締めくくる。

 「reflection(リフレクション)」という英単語には反射という意味以外に内省、省察といった意味がある。自分の行動や感情を振り返り、客観的に捉え直す作業。物事を新しい視点で見直して仕事や生活上でより適切な判断をする、内面的な尺度の養成に役立つ。「コロナ対策として何をしているか」という報告だけでなく「何がうまくいって、何がうまくいかなかったか。それはなぜか」と知見を共有していきたい。

(宮本 輝)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:宮本 輝
posted by fmics at 18:02 | TrackBack(0) | 巻頭言

2020年06月27日

FMICS 6月例会(第726回例会) 学生に選ばれる大学になる part1 大学のオンライン授業 今 ホットな最前線を取材しました

 今般の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、6月例会もZOOMミーティングによる開催といたします。なお、月例会終了後、午後9時30分から30分間、Breakoutsessionをセットいたします。

 問題提起は、前「大学ランキング」編集長で朝日新聞社教育総合本部教育コーディネーター・朝日新聞EduAアドバイザーの中村正史さまにお願いいたします。
 中村さまが主筆の記事です。ご参加に当たっては、必ずお目通しください。
立ち入り禁止でも授業は止めない 立教大経営学部の覚悟とは
ICUが全授業オンライン化にいち早く踏み切った舞台裏 新学長が明かす
コロナ前にはもう戻れない 「20年板書」教員の新境地
慶応SFCの「最高の授業」がスタート さっそく記者も聴講させてもらった
困窮する留学生を救え! 半数が留学生のAPUで卒業生が食糧支援に立ち上がる
東洋大入試部長の加藤建二さん「一般選抜は通常通りにはできない可能性が高い」
同志社大学入学センター所長の多久和英樹教授「何があっても大学は必死で対応する」
広尾学園中高校長の南風原朝和さん「大学や入試センターの対応には限界、『思考力評価』が足かせに」

■中村さまからのメッセージ
 新型コロナウイルスによる非常事態宣言で大学のキャンパスは封鎖され、多くの大学はやむを得ずオンライン授業に切り替えました。一時しのぎと思っている教職員が大半ですが、コロナがいったん収束しても再び流行する可能性があります。対面授業を前提としていた大学にとっては未曽有の危機です。
 オンライン授業への対応のスピード、熱意は大学・学部によってまちまちで、対面授業に近いインタラクティブな授業を展開しているところ、大学執行部からの指示で仕方なく形だけのオンライン授業をしているところ、対面授業が再開されるのをただ待っているところなど、取り組みの「格差」が広がっています。
 この差はどこから生じるのでしょうか。さまざまな大学の現場を取材していくうちに、興味深いことに気づきました。オンライン授業への対応、学費減免を求める学生への対応など、新型コロナへの対応は、ふだんは見えにくい大学の本音や本当の姿が出てしまいます。その大学が本当は何を大切にしているのかが白日の下にさらされるのです。
 大学教員はオンライン授業の経験などない人がほとんどで、Zoom を使うのも初めてという人ばかり。学生のWiFi環境や学内のLMSへの負荷など様々な課題に直面しました。
 しかし、やむを得ず取り組み始めた教員の中から「やってみたら意外に使える」「対面授業より効率がいい面がある」「今までの自分の授業とは組み立てをガラリと変えた」「自分の授業を見直すきっかけになった」といった声が出ています。「今までは授業中に学生がこっちを見ているから、ちゃんと授業ができていると自分で思い込んでいただけではないか」と語る教員もいます。
 一方で、実験や実習、体育や実技にオンラインは向きません。そしてオンライン授業の最大の短所は、キャンパスで人と人とがつながる「場」が持てないことです。大学は授業以外にも大事な要素があります。結局、「大学とは何か」という問いに直面するのです。


【日時】 2020年6月27日(土)
 研究会 午後8時〜9時30分
 Breakoutsession 午後9時30分〜10時

【使用媒体】 Zoomミーティング

【テーマ】 学生に選ばれる大学になる part1
   大学のオンライン授業 今 ホットな最前線を取材しました


【問題提起】
  中村 正史 ( 前「大学ランキング」編集長
    朝日新聞社教育総合本部教育コーディネーター 朝日新聞EduAアドバイザー)

 コメンテーター
  中村 勝之 (桃山学院大学 経済学部教授)
  森際 孝司 (京都光華女子大学短期大学部 ライフデザイン学科教授)
  宮下 明大 (立命館 東京キャンパス所長)
 司会
  高橋 真義 (桜美林大学 名誉教授)

【参加費】 会員1,000円(年会費を完納している場合は無料) 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込&問合先】 yoneda(アット)fmics.org 担当:米田敬子
 参加定員 30名
 申込締切 2020年6月24日(水)
*参加エントリーをいただきますと参加費の入金を確認の上、当日、ZOOMミーティングのご招待をいたします。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by fmics at 20:00 | TrackBack(0) | 月例会

2020年06月21日

出光ゼミ 99

★1年ほどお休みしていた勉強会「出光ゼミ(FMICS)」を、実会場とZoomミーティングの併用型で再開いたします。

●この勉強会の原理は極めてシンプルです。参加者がそれぞれにネタ(話題)を持ち寄り、みんなで議論します。ネタは、気になった新聞・雑誌記事、業務関連の資料、進めている仕事のアイデア、就活エントリーシートの原稿などなど、何でも構いません。ちょっとした事でも、他人の目に触れることにより思いがけない発見があるものです。ネタがなければ、近況報告だけでもOKです。

【日時】 2020年6月21日(日) 午前9時30分〜11時30分 + 昼食会

【実会場】 横浜市山内地区センター 会議室3A
  東急田園都市線・横浜市営地下鉄 あざみ野駅徒歩3分
  (横浜市青葉区あざみ野2丁目3−2 山内図書館と同じ建物で別の入口です)
  ※案内表示は「フミックス」です。

【Zoomミーティング】 ID等は申込まれた方に追ってお知らせします。

【参加費】 実会場の場合100円 + 昼食会1500円程度(収入による増減あり)

【申込】 naoki(アット)idemitsu.info (出光直樹@横浜市立大学) まで、お名前・ご所属・参加形態(会場かZoomか)をお知らせください。なお会場参加は、私を含めて4人までに制限されます。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

2020年06月10日

日本にとって最強の「戦略物資」は何か?

 今般の事情からか、世界史上の感染症に関する書籍が売れているようだ(かく言う私も、既に何冊も買い込んでいる)。

 一方、去る5月23日にオンラインで行われた例会で登壇者が半導体に関わる生産やシステムが国家にとっての「戦略物資」となっている状況を、驚きをもって語っておられた。それに思わず噛みついてしまったのだが、地域間交流という名のグローバル化が当然の中にあって、どういう部分に国家としての強みを見出していくのか? それは国家戦略として当然のことであるし、経済学者間で珍しくコンセンサスが成立している部分でもある。

 地域間での物流をするにあたって、どうすればwin-winな関係となるのか? 双方で競合しうるモノを流通させるのであれば双方で排撃運動が起こる(アメリカと中国との「貿易摩擦」が記憶に新しいところ)し、排撃が起こらなくても双方の市場機能(≒消費者の購買行動)によって優劣がやがて定まる。そうすると、単純な発想としては、双方の弱点を補完するようなモノの流通が実現すればいいのではないか? 逆から見れば、双方にとって(強化した方がいい)強みはどこかを明らかにできればいいのではないか? そうだとすると、強みや弱みを判断する基準は何か? それが「比較優位」という考え方である。これは自国(あるいは自地域)内にある産業のうち、どれが低コストで生産できるかで判断される。思わず「外国と比較しなくていいのか!?」と言いたくなるが、そうではないということをイギリスのリカードという経済学者がエレガントに証明した。人は本源的に居住する地域の自然的条件とその中で脈々と受け継がれてきた生活様式を与えられたものとして今の行動を決めている。そして、その形は地域によってさまざまだろいうのは容易に想像がつく。つまり、自然的条件と生活様式(≒歴史的条件)が全く同一な複数の国を見出すのは無理なのであって、その意味において、地域間の物流という観点から他国と比較することに意味がないのである。そう考えるとき、IT産業の立ち遅れを挽回する「国家戦略上」の目的で小学校においてプログラミング教育を導入している姿は滑稽に映ってしまう。

 比較優位は居住する地域の自然的・歴史的条件から滲み出てくる、他国との比較が不可能な概念である。であるならば、日本独自のオリジナルなものは何か?これこそが、日本にとっての最強の「戦略物資」である。

「じゃあ、その最強の『戦略物資』とは具体的に何だ!?」
「さぁ、『今月の本』を読んだらヒントが掴めるんじゃない?」
「そんな無責任な!」
「偉大なる無責任的存在が大学教員さ」

(中村 勝之)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
タグ:中村 勝之
posted by fmics at 18:04 | TrackBack(0) | 巻頭言